ほんからり  ~本からいろいろリンク~
主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

teru

Author:teru
teruと申します。

主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。またビジネス書、(小説以外の)べストセラー本などのメモ書きなども。あと書評とまでは行きませんが(汗)、コメントや内容などに関してもちょろっと。

本ブログに関しての詳しい紹介は「はじめに」を参照してください。

取り扱ってほしい本のリクエストがあれば、コメントとして記入、または以下のメールフォームを使用してメールを下さい。

本ブログでは、各エントリーでアフィリエイトを行っています。現時点で収入はほとんどありませんが(汗)、利益が出れば新しい本の購入代にあてたいと考えております。

ツイッターのアカウントは以下の通り。
http://twitter.com/yokohamateru

別ブログで「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」って言うのをやっています。本のリンク集以外のネタはそちらで。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

『負けない投資』の「将来漢然不安症候群」のための「負けない投資」12カ条
今回は『負けない投資』内田裕子著(PHP研究所、2011)です。


結局、とりあえず1年間収入なしでも生活出来るだけのお金ためてから(しかもこれは手を付けない)投資しなさいね、ってこと?それとやっぱりインデックスファンドで長期運営!ってこと?

という割にはインデックス系ETFではなく、信託報酬そんなに安くない「直接販売の投資信託会社」のファンドを薦めているのは謎…。それに「「価値」が下がったら売却も考える」って、そのタイミングをつかむのが難しいんですけれども。あとバフェットを持ち上げていますが、バフェットはインデックスファンド信者じゃないよなぁ…。

本書には、「「将来漢然不安症候群」のための「負けない投資」12カ条」というのが記載してあるので、これをメモ書きとして。


ということで、『負けない投資』の将来漢然不安症候群」のための「負けない投資」12カ条を。以下のとおりです。


◆負けない投資』の将来漢然不安症候群」のための「負けない投資」12カ条
・(1)自分自身という土台がしっかりして、初めて投資は意味を持ってくる。「自分の稼ぎ力」を高めていくことが最も効率が良い。自己投資を怠らない。自分という土台が不安定ならいくら投資をしても積み上がらない。

・(2)生活に5Sを取り入れる。ムダが見えてくる。必要なものだけにお金を使う習慣が身につく。お金の管理ができるようになると、自立心、自律心が芽生える。思慮深くなり「物の価値」「本質」を見抜く目を持てるようになる。

・(3)いざというときのために1年間今の生活を維持できる「現金」を持つ。これはずっと現金のままにしておく。インフレリスクは資産1000万円を超えたら考えればよい。

・(4)100%自分が理解できるものにしか投資をしない。敵を知り尽くした戦いは負けない

・(5)勝つ投資をするのではなく、負けない投資をする。利益を追いかけない。

・(6)他人のたった1回きりの成功体験は参考にならない。再現性がある投資を行うこと。
・(7)毎月の積み立て投資を長く続ける。時間を味方につけることで複利効果を得られる上、買うタイミングを分散することでリスクを低減できる。いかに長期間にわたって、安定的にマーケットの恩恵に浴することができるかを考える。

・(8)究極の負けない投資は「価値のあるものを安いときに買う」こと。でも残念ながら多くの人は「高いときに買いたがる」「安いときには買いたくない」。

・(9)投資の鉄則「安く買って、高く売る」は強い思いがなければできない。

・(10)「株価」ではなく「価値」に投資をする。

・(11)長期投資は長期放置ではない。「価値」が下がったら売却も考える。ファンドなら相場が高くなったら積み立てを一時中断、相場が安いときには積立額を増やすということも考える。

・(12)投資は人から勧められるものではなく、自分の判断に基づいて行うもの。何のためにお金を増やしているのか、自分の資産形成の目的を明確にしておくこと。


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

資産運用 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2013/05/29(水) 21:32 ]

<<『スタンフォードの自分を変える教室』の各章まとめ | ホーム | 『問題です。2000円の弁当を3秒で「安い!」と思わせなさい』の各講義のポイント>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://honkarali.blog68.fc2.com/tb.php/382-8efd37a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 ほんからり  ~本からいろいろリンク~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。