ほんからり  ~本からいろいろリンク~
主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

teru

Author:teru
teruと申します。

主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。またビジネス書、(小説以外の)べストセラー本などのメモ書きなども。あと書評とまでは行きませんが(汗)、コメントや内容などに関してもちょろっと。

本ブログに関しての詳しい紹介は「はじめに」を参照してください。

取り扱ってほしい本のリクエストがあれば、コメントとして記入、または以下のメールフォームを使用してメールを下さい。

本ブログでは、各エントリーでアフィリエイトを行っています。現時点で収入はほとんどありませんが(汗)、利益が出れば新しい本の購入代にあてたいと考えております。

ツイッターのアカウントは以下の通り。
http://twitter.com/yokohamateru

別ブログで「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」って言うのをやっています。本のリンク集以外のネタはそちらで。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

『バフェットとグレアムとぼく』の参考文献リンク集
今回は『バフェットとグレアムとぼく インドの13歳少年が書いた投資入門』アリャマン・ダルミア著(阪急コミュニケーションズ、2011)です。


結局、「目新しい考え方だが、税引後利益よりもEBIDTAを、ROEよりはROCEを使おう。そのほうが会社の中核事業をきちんと評価できる」、ってこと?

※EBIDTA(Earnings Before Interest, Depreciation, Taxes and Amortization):「EBITDA」とも言う。税引後利益に減価償却を足し、それにさらに、税金を足し戻したものと考えることもできる。

※税引後利益:一定期間における企業の最終利益を示す。税引前当期利益から法人税などを差し引いた数値で、一般に、投資家がもっとも注目する利益。「当期純利益」とも言う。

※ROCE(Return On Capital Employed):会社の収益性を示す指標のひとつ。投資した資本(自己資本率と有利子負債)に対して、どれだけリターンがあったかを示す。

※ROE(Return On Equity):会社の収益性を示す指標のひとつ。株主による資本(自己資本)がどれだけ利益につながったかを示す。税引後利益を株主資本で割って算出する。

本書には、投資に関する参考文献がいろいろと明記されているので、これをメモ書きとして。


ということで、『バフェットとグレアムとぼく インドの13歳少年が書いた投資入門』の参考文献リンク集(リスト)を。以下のとおりです。


◆『バフェットとグレアムとぼく インドの13歳少年が書いた投資入門』の参考文献 一覧
『The Real Warren Buffett』James O'Loughlin著(2004)

『史上最強の投資家バフェットの教訓 逆風の時でもお金を増やす125の知恵』メアリー・バフェット、デビッド・クラーク著(2008)
※本ブログでも紹介しています

『Poor Charlie's Almanack: The Wit and Wisdom of Charles T Munger(チャーリーの投資の知恵大全)』Peter D. Kaufman著(2005)

『賢明なる投資家 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法』ベンジャミン・グレアム著(2000)

『スノーボール ウォーレン・バフェット伝(上)』アリス・シュローダー著(2009)
『スノーボール ウォーレン・バフェット伝(下)』アリス・シュローダー著(2009)

『天才! 成功する人々の法則』マルコム・グラッドウェル著(2009)

『究極の鍛錬』ジョフ・コルヴァン著(2010)

『Margin of Safety: Risk-Averse Value Investing Strategies for the Thoughtful Investor』Seth A. Klarman著(1991)

『証券分析』ベンジャミン・グレアム、デビッド・L・ドッド著(2002)

『新賢明なる投資家 上 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法』ベンジャミン・グレアム、ジェイソン・ツバイク著(2005)
『新賢明なる投資家 上 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法』ベンジャミン・グレアム、ジェイソン・ツバイク著(2005)

『フィッシャーの「超」成長株投資 普通の株で普通でないい利益を得るために』フィリップ・A. フィッシャー著(2000)

『人生と投資で成功するために 娘に贈る12の言葉』ジム・ロジャーズ著(2007)


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

資産運用 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2013/04/18(木) 23:53 ]

<<『夢をかなえるゾウ2』の西野勤太郎のメモ帳および参考文献リンク集 | ホーム | 『残念な人の英語勉強法』の各章まとめ、おすすめ英語教材リンク集および超重要83単語>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://honkarali.blog68.fc2.com/tb.php/378-8a167249
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 ほんからり  ~本からいろいろリンク~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。