ほんからり  ~本からいろいろリンク~
主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

teru

Author:teru
teruと申します。

主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。またビジネス書、(小説以外の)べストセラー本などのメモ書きなども。あと書評とまでは行きませんが(汗)、コメントや内容などに関してもちょろっと。

本ブログに関しての詳しい紹介は「はじめに」を参照してください。

取り扱ってほしい本のリクエストがあれば、コメントとして記入、または以下のメールフォームを使用してメールを下さい。

本ブログでは、各エントリーでアフィリエイトを行っています。現時点で収入はほとんどありませんが(汗)、利益が出れば新しい本の購入代にあてたいと考えております。

ツイッターのアカウントは以下の通り。
http://twitter.com/yokohamateru

別ブログで「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」って言うのをやっています。本のリンク集以外のネタはそちらで。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

『「お金と経済」のルールを学ぶ!名投資家の金言』の名投資家の金言および参考文献リンク集
今回は『「お金と経済」のルールを学ぶ!名投資家の金言』泉正人著(PHP研究所、2011)です。


結局、「「言葉」は読んだだけでは身につきません。自分で実際に使ってみてはじめてその言葉を自分のものにすることができます。」、ってこと?

本書には、さまざまな名投資家の金言が記載されているので、これをメモ書きとして。またその金言がどの書籍に記載されていたかの参考文献名も掲載されているので、これもメモ書きとして。


ということで、『「お金と経済」のルールを学ぶ!名投資家の金言』の名投資家の金言および参考文献リンク集(リスト)を。以下のとおりです。


◆『「お金と経済」のルールを学ぶ!名投資家の金言』の名投資家の金言および参考文献 一覧
■第1章 お金とのつき合い方を学ぶ
・1.目標はできるだけ高く設定し、さらにその上を目指し続ける
--------------------------------------------------------
 金持ちになれる人は「成功と富」をめざす
 お金に縁のない人は「暮らしに困らないレベル」をめざす
--------------------------------------------------------
『ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人―お金を引き寄せる「富裕の法則」』ハーブ・エッカー著(2005)

・2.動き続けて早く結果を手にすれば、そのあとが楽しくなる
--------------------------------------------------------
 常に一歩前進せよ、停止は退歩を意味する
--------------------------------------------------------
『相場は狂せり―野村証券創始者・野村徳七の生涯』木村勝美著(1990)

・3.言葉よりも行動、行動よりも結果を見る
--------------------------------------------------------
 行動は言葉よりも大きな声で話す
--------------------------------------------------------
『金持ち父さんの子供はみんな天才 ― 親だからできるお金の教育』ロバート・キヨサキ著(2002)

・4.知識と気持ちと資金がそろってはじめてチャンスをものにできる
--------------------------------------------------------
 Chance favors the prepared minds.
--------------------------------------------------------
『4つの資産──成功の黄金法則・僕の場合』蟹瀬誠一著(2006)

・5.誰よりも現場を知るストリート・スマートを目指す
--------------------------------------------------------
 知識は道具である。知識の奴隷になってはいけない。
 知識の"主人公"になる。縦横無尽に知識を使いこなす
--------------------------------------------------------
『リーダーになる人に知っておいてほしいこと』松下幸之助著(2009)

・6.失敗を重ねることでしか決断の精度は上がらない
--------------------------------------------------------
 「Bad decision is better than no decision」
 それが悪い決断だったとしても、何も決断しないより良い
--------------------------------------------------------
『日本マクドナルド社長が送り続けた101の言葉』原田泳幸著(2008)

・7.かけた時間は関係ない。成功したかどうかで報酬が決まる
--------------------------------------------------------
 金持ちになれる人は「成果」に応じて報酬を受け取る
 お金に縁のない人は「時間」に応じて報酬を受け取る
--------------------------------------------------------
『ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人―お金を引き寄せる「富裕の法則」』ハーブ・エッカー著(2005)

・8.おなたの年収は市場が決めている
--------------------------------------------------------
 あなたが市場にもたらす価値に比例して収入が決まる
--------------------------------------------------------
『ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人―お金を引き寄せる「富裕の法則」』ハーブ・エッカー著(2005)

・9.年収の額は今のあなたの実力を表している
--------------------------------------------------------
 いまの全能力が全収入になって現れている
--------------------------------------------------------
『インド人大富豪の教訓―大金をつかむ45のヒント』高垣尚平著(2007)

・10.何事も数字で考え、数字で表現するクセをつける
--------------------------------------------------------
 数字は世界共通話だ
--------------------------------------------------------
『Den Fujitaの商法〈3〉金持ちラッパの吹き方』藤田田著(2000)

・11.お金の使い方を改めれば、人間的にも成長できる
--------------------------------------------------------
 金は"人格"をもって扱え
--------------------------------------------------------
『自助論』サミュエル・スマイルズ著(2002)

・12.お金があれば自由も余裕も時間も手に入れられる
--------------------------------------------------------
 お金は力だ。なぜなら、より多くのお金を持っていれば、
 それだけ多くの選択肢が与えられるからだ
--------------------------------------------------------
『金持ち父さんの子供はみんな天才 ― 親だからできるお金の教育』ロバート・キヨサキ著(2002)

・13.「1:9の法則」の1割の人たちの行動を予測する
--------------------------------------------------------
 何かで成功を収めたかったら、
 一般大衆の考えていることに逆らわないといけない
--------------------------------------------------------
『人生と投資で成功するために 娘に贈る12の言葉』ジム・ロジャーズ著(2007)

■第2章 勝つための投資術を身につける
・1.働いても節約してもお金は増えない
--------------------------------------------------------
 世界には次のような三種類の投資家がいる。
 1.投資をまつたくしない人
 2.負けないように投資する人
 3.勝つために投資する人
--------------------------------------------------------
『あなたに金持ちになってほしい』ドナルド・トランプ、ロバート・キヨサキ著(2008)

・2.投資をするリスクよりも、投資しないリスクが高い時代
--------------------------------------------------------
 リスクは、自分の行動に対する無知から生じる
--------------------------------------------------------
『史上最強の投資家バフェットの教訓―逆風の時でもお金を増やす125の知恵』メアリー・バフェット、デビッド・クラーク著(2008)

・3.投資リスクは自分にある
--------------------------------------------------------
 投資は危険ではない。コントロールできないことが危険なのだ
--------------------------------------------------------
『金持ち父さんの投資ガイド 入門編―投資力をつける16のレッスン』ロバート・キヨサキ著(2002)

・4.自分の立ち位置、強みと弱みを知る
--------------------------------------------------------
 投資で成功するための第一歩は、自分を知ることである
--------------------------------------------------------
『ニューノーマル―リスク社会の勝者の法則』ロジャー・マクナミー、デビッド・ダイアモンド著(2008)

・5.よく準備された集中投資のリスクはそれほど高くない
--------------------------------------------------------
 たいていの投資家は分散投資をする。
 金持ち投資家は焦点をしぼって投資する
--------------------------------------------------------
『金持ち父さんの投資ガイド 入門編―投資力をつける16のレッスン』ロバート・キヨサキ著(2002)

・6.投資がうまくいくかどうかは、事前の準備にかかっている
--------------------------------------------------------
 自分の純資産の10パーセントを注ぎ込む勇気と確信を
 持てないなら、その銘柄に投資するべきではない
--------------------------------------------------------
『史上最強の投資家バフェットの教訓―逆風の時でもお金を増やす125の知恵』メアリー・バフェット、デビッド・クラーク著(2008)

・7.絶対に損をしない方法をとことん考え抜く
--------------------------------------------------------
 ルールその一、絶対に金を損しないこと。
 ルールその二、絶対にルールその一を忘れないこと
--------------------------------------------------------
『史上最強の投資家バフェットの教訓―逆風の時でもお金を増やす125の知恵』メアリー・バフェット、デビッド・クラーク著(2008)

・8.勝つまで続けて、勝ったら相場を離れる
--------------------------------------------------------
 相場に勝つ方法を知っているか?簡単だぞ。
 勝つまでやる。そして、勝ったらやめる。
 そうしたら、必ず勝つ
--------------------------------------------------------
『おやんなさいよでもつまんないよ』松井道夫著(2001)

・9.上がるか下がるかは半々の確率。プラスを大きくとっておく
--------------------------------------------------------
 株式相場で勝つ秘けつは、いつもうまくやることとは限らない。
 実際、半分もうまくやれば勝てるはずだ。
 間違った時に損を最小限に抑えるのがカギだ
--------------------------------------------------------
『マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣』ジャック・D・シュワッガー著(2001)

・10.上昇局面だけでなく、下降局面でも確実に儲ける
--------------------------------------------------------
 The bull walks up the stairs and the bear jumps out the window.
 (ブルは階段を上ってきて、ベアは窓から飛び降りる)
--------------------------------------------------------
(有名な投資家の格言)

・11.思惑が外れたら、予定どおりに損切りを実行する
--------------------------------------------------------
 進んで損切り出来ないのなら、株はやめた方がいいな。
 ブレーキのない車を運転するのかね
--------------------------------------------------------
『マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣』ジャック・D・シュワッガー著(2001)

12.「もったいない」と思う気持ちには要注意
--------------------------------------------------------
 目標は株で相応の利益を上げることなのだから、
 自分が売り抜けたあと株価が続伸しても狼狽してはいけない
--------------------------------------------------------
『マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣』ジャック・D・シュワッガー著(2001)

・13.常に時代の変化に敏感であれ
--------------------------------------------------------
 勝つための投資哲学には、変化にうまく対処し
 先手を打つだけの柔軟性がなければいけない。
 投資家にとって唯一確実に訪れるものは変化である
--------------------------------------------------------
『賢人達の投資モデル ― ウォール街の伝説から学べ』ニッキー・ロス著(2001)

■第3章 マーケットの特性をつかむ
・1.世界のトレンドはどちらに向かっているのか
--------------------------------------------------------
 ホームレス・マネーの特徴は、非常に足が速いということだ
--------------------------------------------------------
『お金の流れが変わった!』大前研一著(2010)

・2.大きなお金の流れをつかむ
--------------------------------------------------------
 長期金利はマーケツトが決める
--------------------------------------------------------
『藤巻健史の5年後にお金持ちになる「資産運用」入門』藤巻健史著(2006)

・3.誰が何のためにそれをすすめるのか、背景を探る
--------------------------------------------------------
 金融専門家の言うことを丸ごと信じるな
--------------------------------------------------------
『マネーの王道』(2006)

・4.フリー・キャッシュフローが増えていない企業は要注意
--------------------------------------------------------
 キャッシュフローだが、これは貴重な指標だ。
 なにしろ、キャッシュフローは嘘をつかない
--------------------------------------------------------
『ジャック・ウェルチの「私ならこうする!」』ジャック・ウェルチ、スージー・ウェルチ著(2007)

・5.堀の深さで他社を寄せつけない企業を探す
--------------------------------------------------------
 この国の大金持ちは、
 50社のポートフォリオ投資で財を成したわけではない。
 彼らの莫大な個人資産は、
 ひとつの優良ビジネスを突き詰めることによって築かれてきた
--------------------------------------------------------
『史上最強の投資家バフェットの教訓―逆風の時でもお金を増やす125の知恵』メアリー・バフェット、デビッド・クラーク著(2008)

・6.本来の価値よりも割安な投資先を探す
--------------------------------------------------------
 価格とはあなたが支払うものであり、
 価値とはあなたが受けとるものである
--------------------------------------------------------
『史上最強の投資家バフェットの教訓―逆風の時でもお金を増やす125の知恵』メアリー・バフェット、デビッド・クラーク著(2008)

・7.今ピークではなく、これから旬を迎える企業を探す
--------------------------------------------------------
 自分が旬だと思ったら、とっくに旬は過ぎている
--------------------------------------------------------
『大富豪トランプのでっかく考えて、でっかく儲けろ』ドナルド・トランプ、ビル・ザンカー著(2008)

・8.ファンダメンタルをしっかり見るクセをつける
--------------------------------------------------------
 財務体質はしっかりしているか。収益力はあるか
--------------------------------------------------------
『賢人達の投資モデル ― ウォール街の伝説から学べ』ニッキー・ロス著(2001)

・9.経営の能力も投資判断の重要な材料になる
--------------------------------------------------------
 重要な社会・経済のトレンドを読み、
 賢明な研究開発(R&D)活動を通じて将来に備えている、
 そんな先見の明ある人々が経営している
 成長企業の株を買いなさい
--------------------------------------------------------
『賢人達の投資モデル ― ウォール街の伝説から学べ』ニッキー・ロス著(2001)

・10.キャズム超えの直前に買い、超えたあとに売るのがいちばんおいしい
--------------------------------------------------------
 特定の一業種に明確なトレンドが発生したら、
 それに従って行動を取るべきである
--------------------------------------------------------
『孤高の相場師リバモア流投機術―大恐慌を売り切った増し玉の極意』ジェシー・ローリストン・リバモア著(2007)

・11.長期的なサイクルを投資判断に生かす
--------------------------------------------------------
 過去を知れば将来の株価を知ることができる。
 人間の本質は不変だから、タイム・サイクルは繰り遅す
--------------------------------------------------------
『伝説の株必勝法「W.D.ギャンの28鉄則」』林康史著(2006)

・12.市場が混乱しているときこそ逆ばりの発想を
--------------------------------------------------------
 失望売りが出ているときに買い、
 市場の買い意欲が旺盛なときに売るには、
 不撓不屈の精神が必要である。
 が、これが最大の利益につながるのである
--------------------------------------------------------
『賢人達の投資モデル ― ウォール街の伝説から学べ』ニッキー・ロス著(2001)

■第4章 失敗から学び、成功につなげる
・1.悪い時こそ足もとを見直し、土台をしっかり築くチャンス
--------------------------------------------------------
 私は、逆境から学ぶことは多いと固く信じている。
 しばしば最悪の時というのは、その人に利点をもたらすことがある
--------------------------------------------------------
『敗者復活』藤田宜著(2012)

・2.失敗はいいことだ。1日でも早く経験したほうがもっといい
--------------------------------------------------------
 もし人生をやり直せるとしたら、私は同じ間違いを犯すだろう。
 ただ、もっと早い時期に
--------------------------------------------------------
『リッチウーマン―人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資入門』キム・キヨサキ著(2007)

・3.早くはじめれば、それだけ多くの経験を積める
--------------------------------------------------------
 わたしが初めて投資を行なったのは十一歳のとき。
 それまでは人生を無駄に過ごしていたわけだ
--------------------------------------------------------
『史上最強の投資家バフェットの教訓―逆風の時でもお金を増やす125の知恵』メアリー・バフェット、デビッド・クラーク著(2008)

・4.何もしない時間が長いほど、機械損失リスクが大きくなる
--------------------------------------------------------
 痛みには二つある。失敗の痛みと、後悔の痛みだ
--------------------------------------------------------
『リッチウーマン―人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資入門』キム・キヨサキ著(2007)

・5.常に人と比べることで機会損失を見逃さない
--------------------------------------------------------
 チャンスを逃すことは最大の浪費である
--------------------------------------------------------
『インド人大富豪の教訓―大金をつかむ45のヒント』高垣尚平著(2007)

・6.時間をかけて自分を調べれば、うまくいく確率が上がる
--------------------------------------------------------
 「きみが投資できるものは、時間とお金の二つだけだ」。
 またこうも言っていた。
 「たいていの人は時間をたくさん投資しないからお金を失う」
--------------------------------------------------------
『あなたにお金持ちになってほしい』ドナルド・トランプ、ロバート・キヨサキ著(2008)

・7.悪いのはマーケットではない。失敗の原因は常に自分にある
--------------------------------------------------------
 マーケットはけっして誤らないが、個人の見解はしばしば誤る
--------------------------------------------------------
『孤高の相場師リバモア流投機術―大恐慌を売り切った増し玉の極意』ジェシー・ローリストン・リバモア著(2007)

・8.心理的なバイアスを知り、自分の次の行動につなげる
--------------------------------------------------------
 人は合理的であろうとするが、時によつて非合理で感情的になる
--------------------------------------------------------
『行動ファイナンスで読み解く 投資の科学 ―“お金は感情で動く”は本当か―』大庭昭彦著(2009)

・9.古い常識を疑い、新しい常識を身につける
--------------------------------------------------------
 常識は行動を縛る縄である。
 そしてほとんどの人は自分で自分を縛る
--------------------------------------------------------
『インド人大富豪の教訓―大金をつかむ45のヒント』高垣尚平著(2007)

■第5章 自己投資で最大のリターンを得る
・1.新しい時代を生き抜くための知識を身につける
--------------------------------------------------------
 教師に聞いてみてください
 子供が21世紀に生きるための読み書き能力をどのように教えていますか? と。
 学校の経営者に聞いてみてください
 子供が21世紀の社会で成功するために必要な教育を提供していますか? と
--------------------------------------------------------
『[youtube]Did you know 2.0(日本語版)

・2.リターンの大きい自分への投資
--------------------------------------------------------
 金持ちになれる人はベンジャミン・フランクリンの
 「教育は高くつくと言うなら、無知はもっと高くつく」
 という言葉に共感を覚えるだろう
--------------------------------------------------------
『ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人―お金を引き寄せる「富裕の法則」』ハーブ・エッカー著(2005)

・3.どれだけの言葉を知るかで、行動が変わる
--------------------------------------------------------
 金持ちと貧乏人の根本的な違いの一つが言葉にあること、
 そしてそれはただで手に入るものだ
--------------------------------------------------------
『金持ち父さんの投資ガイド 入門編―投資力をつける16のレッスン』ロバート・キヨサキ著(2002)

・4.必要とされる能力が変わった
--------------------------------------------------------
 語学力、財務力、問題解決力の三つが鍵だ
--------------------------------------------------------
『即戦力の磨き方』大前研一著(2006)

・5.最新のデバイスをあきらめた時点で、情報戦に乗り遅れる
--------------------------------------------------------
 情報時代には、
 今知っていることがあっという間に時代遅れになる。
 何を学ぶかも確かに大事だが、もっと人事なのは、
 いかに速く学び、自らを変え、新しい情報に適応できるかの方だ
--------------------------------------------------------
『金持ち父さんの子供はみんな天才 ― 親だからできるお金の教育』ロバート・キヨサキ著(2002)

・6.上りのエスカレータに乗って、自分の脳力を高める
--------------------------------------------------------
 最良の教育とは、人が自分自身に与える教育である
--------------------------------------------------------
『自助論』サミュエル・スマイルズ著(2002)

・7.お金を管理する能力を身につける
--------------------------------------------------------
 収入の四分の三で生活する
--------------------------------------------------------
『本多静六一日一話―人生成功のヒント366』本多静六著(2006)

・8.お金を稼ぐ能力と、維持管理する能力は別物だと知っておく
--------------------------------------------------------
 「富を築くこと」と、
 その「富を永続させること」は必ずしも合致しない
--------------------------------------------------------
『巨人・渋沢栄一の「富を築く100の教え」渋澤健著(2007)

・9.自分の知識とお金の量は比例する
--------------------------------------------------------
 金持ちレベルでは、必要な教育と経験の量がぐんと増える。
 それがなければ、そこに長く留まることはできない
--------------------------------------------------------
『金持ち父さんの投資ガイド 入門編―投資力をつける16のレッスン』ロバート・キヨサキ著(2002)

・10.貯金がある人は必ずしも保険に入る必要はない
--------------------------------------------------------
 保険は基本的に、貯蓄で足りない分を補うもの
--------------------------------------------------------
『NHK家計診断おすすめ悠々ライフ』NHK経済・社会情報番組編集(2007)

・11.生命保険は人生の4大支出のひとつ
--------------------------------------------------------
 生命保険を選ぶ際に、一体どれほどの人が
 「1000万円近い買い物」という認識を持っているだろうか?
--------------------------------------------------------
『生命保険のカラクリ』岩瀬大輔著(2009)

■第6章 経営がわかれば投資もうまくいく
・1.経営は潜在的なニーズを掘り起こせるかにかかっている
--------------------------------------------------------
 事業の目的として有効な定義はただ一つである。
 それは、顧客を創造することである
--------------------------------------------------------
『ドラッカー名著集2 現代の経営[上]』P・F・ドラッカー著(2006)

・2.過剰サービス、ムダな高機能は誰のためなのか
--------------------------------------------------------
 顧客の求めていないコストは、
 商売をするにあたって大変な足かせになる
--------------------------------------------------------
『おやんなさいよでもつまんないよ』松井道夫著(2001)

・3.決算書は「会社の健康診断」であり「会社の地図」でもある
--------------------------------------------------------
 損益計算書が原因で、バランスシートが結果
--------------------------------------------------------
『ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務』石野雄一著(2007)

・4.何もしないでいることも大きなリスクとなる
--------------------------------------------------------
 リスクがない会社なんかあるわけない!
 あるとすれば、そんなのは死んだ会社だ
--------------------------------------------------------
『ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務』石野雄一著(2007)

・5.全体の時間配分を決めてから仕事にとりかかる
--------------------------------------------------------
 成果をあげる者は仕事からスタートしない。
 時間からスタートする。
 計画からもスタートしない。
 時間が何にとられているかを明らかにすることからスタートする
--------------------------------------------------------
『ドラッカー名著集1 経営者の条件』P・F・ドラッカー著(2006)

・6.全部を自分でやることはできない。人を信用してまかせることも重要
--------------------------------------------------------
 事業に成功するためには、
 自分の使っている人間を信用しなければならぬ
--------------------------------------------------------
『相場は狂せり―野村証券創始者・野村徳七の生涯』木村勝美著(1990)

・7.ひとつの分野をきわめれば、その経験は他でも生きる
--------------------------------------------------------
 最初は隙間から入っても、
 その狭い分野・を徹底的に研究していけば、
 自ずと独自性や専門性が磨かれる。それが次の途を開くのだ
--------------------------------------------------------
『ヒルズ 挑戦する都市』森稔著(2009)

・8.好きなことなら苦労せずに深掘りできる
--------------------------------------------------------
 「お金をもらえなくても、やりたいことをやるべきだ」ということ。
 それが成功への鍵だ
--------------------------------------------------------
『人生と投資で成功するために 娘に贈る12の言葉』ジム・ロジャーズ著(2007)

・9.自分が働かなくても勝手に稼いでくれるビジネスを狙う
--------------------------------------------------------
 時間をもっとも有効に使っているのは銀行である。
 銀行は日曜日も金利をかせぐ
--------------------------------------------------------
『Den Fujitaの商法〈3〉金持ちラッパの吹き方』藤田田著(2000)

・10.想像力こそビジネスの源である
--------------------------------------------------------
 お金がありすぎることは、足りないより悪い
--------------------------------------------------------
『ビジネスを育てる』ポール・ホーケン著(2005)

■エピローグ 幸福を手に入れる
・1.金持ちを優遇すれば経済も回る
--------------------------------------------------------
 富裕層がまずお金を使わないことには
 世の中の景気は良くならない
--------------------------------------------------------
『藤巻健史の5年後にお金持ちになる「資産運用」入門』藤巻健史著(2006)

・2.聞き上手になれば、情報はどんどん集まってくる
--------------------------------------------------------
 素直になれば、物事を色眼鏡で見ないようになる。
 赤は赤、黒は黒に見えるようになる。
 本質が見えるようになる。そうすると過ちが少なくなる
--------------------------------------------------------
『リーダーになる人に知っておいてほしいこと』松下幸之助著(2009)

・3.他人のために働くためにも、自分自身の成功を目指す
--------------------------------------------------------
 他人に幸福を提供することも大切であるが、
 それにはまずもつて自分自らが成功しなければならない
--------------------------------------------------------
『本多静六一日一話―人生成功のヒント366』本多静六著(2006)

・4.リターンが戻ってくるまでのタイムスパンを知る
--------------------------------------------------------
 「儲ける」ことを目的にするのではなく、
 「結果として共に儲かる」仕組みを考えることだ。
 自分だけ儲けることを目的にすれば、成長はどこかで止まる
--------------------------------------------------------
『ヒルズ 挑戦する都市』森稔著(2009)



※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

資産運用 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/12/20(木) 23:56 ]

<<『顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説』の本文メモ書きおよび本書の関連リンク集 | ホーム | 『インド人大富豪の教訓―大金を掴む45のヒント』の参考文献リンク集および教えの言葉と成功へのヒント>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://honkarali.blog68.fc2.com/tb.php/362-34c25383
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 ほんからり  ~本からいろいろリンク~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。