ほんからり  ~本からいろいろリンク~
主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

teru

Author:teru
teruと申します。

主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。またビジネス書、(小説以外の)べストセラー本などのメモ書きなども。あと書評とまでは行きませんが(汗)、コメントや内容などに関してもちょろっと。

本ブログに関しての詳しい紹介は「はじめに」を参照してください。

取り扱ってほしい本のリクエストがあれば、コメントとして記入、または以下のメールフォームを使用してメールを下さい。

本ブログでは、各エントリーでアフィリエイトを行っています。現時点で収入はほとんどありませんが(汗)、利益が出れば新しい本の購入代にあてたいと考えております。

ツイッターのアカウントは以下の通り。
http://twitter.com/yokohamateru

別ブログで「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」って言うのをやっています。本のリンク集以外のネタはそちらで。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

『やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている』の参考文献リンク集
今回は『やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている』荒濱一、高橋学著(光文社、2008)です。


"情報商材"はやっぱりうさんくさい、と感じてしまうのは私だけなのでしょうか・・・。


(裏表紙より)「まだまだあった!自動的な収入を実現する「仕組み」。今回は「仕組み」の達人たちの"頭の中を徹底取材!」という本。

"今回は"と書いてありますが、これが第二弾で、第一弾は『結局「仕組み」を作った人が勝っている』という本です。

本書では、「仕組み」とは、
・一度作ってしまえば、自分はさほど動くことなく、自動的に収入が得られるシステム
・しかもそれは、「普通の人」が1人で、できる限り小資本かつローリスクで実現できるものでなくてはならない
と定義づけられています。

「仕組み」所有者たちの思考としては、以下の9つの「仕組み」思考を組み合わせて普遍化・体系化しているとのこと。
・複写
・他力
・多面
・継続
・分身
・標準
・法則
・即行
・論理

この「仕組み」思考、リストアップされた言葉だけを読むと納得なのですが、いかんせん、取材を受けている人たちが「うさんくさい」ので、ちょっと眉唾物ですが・・・。ほとんどが"情報商材"でして、セミナーやマニュアル販売が多いと(汗)。それに斉藤正章さんのシステムトレードなんて、リーマンショック前ですからねぇ・・・。リーマンショック以降も問題なく稼げているのか、気になるところではありますが(笑)。

参考文献に関しては、『○○で□□円稼ぐ!』系の本はうさんくさいのがほとんどです。中には「売ったもん勝ち」を唄っているものもありますし・・・。でも中には読んでおくといいのも含まれているので、まあ玉石混淆ですかねぇ・・・。


ということで、『やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている』の参考文献リンク集(参考文献リスト)を。以下の通りです。なお、今回は"うさんくさい本"も混じっているので、要注意です・・・。



◆参考文献

・『1億稼ぐ!飲食店「週末」起業』高樹公一著(技術評論社、2007)

・『ありえない稼ぎ方。』田渕隆茂著(中経出版、2008)

・『33歳で資産3億円をつくった私の方法』午堂登紀雄著(三笠書房、2006)

・『1億稼ぐ! メールマガジン私の方法 銀行口座380円が2億円になった理由』石田健著(祥伝社、2005)

・『自宅で不労所得を生み出すすごい仕掛け―働かないで年収10倍!』石田健著(インフォトップ出版、2008)

・『株 勝率80%の逆張りシステムトレード術』斉藤正章著(日本実業出版社、2006)

・『時給800円のフリーターが207日で1億2047万円稼いだいちばん簡単な方法』菅野一勢著(イースト・プレス、2007)

・『ネットで月収1000万円情報起業の不思議な稼ぎ方』室賀博之、菅野一勢著(中経出版、2005)

・『インターネットを使って自宅で1億円稼いだ! 超・マーケティング』金森重樹著(ダイヤモンド社、2004)

・『1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法 』金森重樹著(ダイヤモンド社、2005)

・『レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術』本田直之著(東洋経済新報社、2007)

・『レバレッジ人脈術』本田直之著(ダイヤモンド社、2007)

・『最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術』泉正人著(ディスカヴァー・トゥエンティワン、2008)

・『自分がいなくてもまわるチームをつくろう! 』山口正人、豊田圭一著(明日香出版社/クロスメディア・パブリッシング、2008)

・『お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか』鳥居祐一著(青春出版社、2007)

・『学校で教えない億万長者の授業』鳥居祐一著(中経出版、2007)

・『人を動かす』デール・カーネギー著(創元社、1999)
※本ブログでも紹介しています

・『戦略的な人の超速★仕事術』西村克己著(中経出版、2008)

・『幸せな経済自由人という生き方 ライフスタイル編』本田健著(ゴマブックス、2008)

・『なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?』ティモシー・フェリス著(青志社、2007)

・『働かないで年収5160万円稼ぐ方法』川島和正著(アスコム、2007)

・『誰でもなれる!発明お金持ち入門 小さなヒラメキが売れる商品に変わる!』中本繁実著(有楽出版社、2007)

・『週末起業』藤井孝一著(筑摩書房、2003)

・『金持ち父さん貧乏父さん』ロバート・キヨサキ、シャロン・レクター著(筑摩書房、2000)
※本ブログでも紹介しています

・『成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者』レイ・A・クロック、ロバート・アンダーソン著(プレジデント社、2007)

・『日本一やさしいネットの稼ぎ方―ネットで稼ぎ続ける人は何が違うのか』平賀正彦著(フォレスト出版、2006)

・『名フレーズで分かる「勝者のロジック」』石川秀樹、阿片公夫、吉武真著(講談社、2006)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

会社経営・起業・副業 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/08/10(月) 23:00 ]

<<『松下幸之助 ―人を活かし育てるプロの教え』の関連著作リストおよび参考文献リンク集 | ホーム | 『幸せ成功力を日増しに高めるEQノート』の参考文献リンク集>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://honkarali.blog68.fc2.com/tb.php/36-8d9731b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 ほんからり  ~本からいろいろリンク~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。