ほんからり  ~本からいろいろリンク~
主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

teru

Author:teru
teruと申します。

主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。またビジネス書、(小説以外の)べストセラー本などのメモ書きなども。あと書評とまでは行きませんが(汗)、コメントや内容などに関してもちょろっと。

本ブログに関しての詳しい紹介は「はじめに」を参照してください。

取り扱ってほしい本のリクエストがあれば、コメントとして記入、または以下のメールフォームを使用してメールを下さい。

本ブログでは、各エントリーでアフィリエイトを行っています。現時点で収入はほとんどありませんが(汗)、利益が出れば新しい本の購入代にあてたいと考えております。

ツイッターのアカウントは以下の通り。
http://twitter.com/yokohamateru

別ブログで「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」って言うのをやっています。本のリンク集以外のネタはそちらで。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

『武器としての決断思考』の参考文献リンク集&手に入れた武器(本文まとめ)
今回は『武器としての決断思考』瀧本哲史著(講談社、2011)です。


結局、「自分の人生は、自分で考えて、自分で決めていく」、ってこと?

決断力如何につけるか?という本かと予想していたのですが、半分以上はディベート手法に関する内容でした。ってこれはこれで面白いですけど。

本書には、本文中に参考文献が明記されているので、これをメモ書きとして。それと、途中途中に「ここまでに手に入れた武器」として、本文まとめが明記されているので、これをメモ書きとして。


ということで、『武器としての決断思考』の参考文献リンク集(リスト)および手に入れた武器(本文まとめ)を。以下のとおりです。


◆『武器としての決断思考』の参考文献 一覧
『学問のすすめ 現代語訳』福澤諭吉著、斎藤孝翻訳(2009)

『パイナップル・アーミー』工藤かずや、浦沢直樹著

『僕は君たちに武器を配りたい』瀧本哲史著(2011)
本ブログでも紹介しています

『仕事をしたつもり』海老原嗣生著(2011)

◆『武器としての決断思考』の手に入れた武器(本文まとめ) 一覧
●ガイダンス(なぜ「学ぶ」必要があるのか?)で手に入れた「武器」
・「知識・判断・行動」の3つをつなげて考えよう。

・エキスパートではなく、プロフェッショナルを目指そう。

・「正解」はない。だから、自分で答えを出す方法を学ぶ。

●1時間目(「議論」はなんのためにあるのか?)で手に入れた「武器」
・正解でなく、「いまの最善解」を導き出そう。

・結論を出すことが大事。

・「知識・判断・行動」に加えて、「修正」の考え方を身につけよう。

・ゲリラとして最前線で戦うことを選ぶなら、「ブレる生き方」を目指せ!

●2時間目(漠然として問題を「具体的に」考える)で手に入れた「武器」
・論題(テーマ)は、「○○すべきか、否か」にする。

・問題が大きすぎて漠然としているときは、小分けにして考えよう。

・同時に複数の議論について考えることを習慣にしよう。

・どうでもいい議論に時間をかけることは、もうやめよう。

●3時間目(どんなときも「メリット」と「デメリット」を比較する)で手に入れた「武器」

・「メリット」と「デメリット」を比較しよう。

・メリットとデメリットには、それぞれ3つの条件がある。
 ※メリットの3条件
 (1)内因性(なんらかの問題があること)
 (2)重要性(その問題が申告であること)
 (3)解決性(問題がその行動によって解決すること)
 ※デメリットの3条件
 (1)発生過程(議論の行動をとった時に、新たな問題が発生する過程)
 (2)深刻性(その問題が深刻であること)
 (3)固有性(現状ではそのような問題が生じていないこと)

・主張が3条件を満たしているかどうか、しっかりチェックしよう。

●4時間目(反論は、「深く考える」ために必要なもの)で手に入れた「武器」
・反論は、メリット・デメリットの3条件に対して行う。

・読書は格闘技だ!

・理論的にツッコミを入れて、主張が正しいかどうか検討しよう。

●5時間目(議論における「正しさ」とは何か)で手に入れた「武器」
・「正しい主張」には根拠がある。

・その「根拠」は、反論にさらされていて、なおかつ耐えたものだ。

・裏をとるな、逆をとれ!

・相手の主張の「推論」の部分に目を向けよう。

●6時間目(武器としての「情報収集」)で手に入れた「武器」
・情報を鵜呑みにするな!

・自分の頭と足を使って「価値のある情報」を取りにいこう。

●7時間目(「決断する」ということ)で手に入れた「武器」
・反論に耐えたメリットとデメリットを比較して、決断していこう。

・どちらが重要かは、「質×量×確率」で考えよう。

・自分の人生は、自分で考えて、自分で決めていく!

●この授業で手に入れた「武器」
・世の中に「正解」なんでものはない。

・正解がわからないから動かないのではなく、「いまの最善解」を導き出して、とにかく行動することが重要だ。

・根拠を比較して得た結論を、とりあえずの「答え」にしよう。

・全体が間違っていたら修正して、また行動すればいい。それがさらなる最善解に近づくための「決断思考」だ。

・ディベートの手順なんて忘れてもいい。この本を読んで、一つだけ忘れずに心に留めておいて欲しいのは、「自分の人生は、自分で考えて、自分で決めていく」ということ。

・思考停止だけは避けるべきだ。

・決断思考を手に入れたら、明日からの人生を力強く歩んでいってほしい。武器を持った君たちが、未来を作るのだから。


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

ビジネス一般 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/10/10(水) 23:49 ]

<<『誰も教えてくれない 一流になれる仕事術』の社内外問わず、誰もが一流だと認めざるを得ないビジネスパーソンになるための50項目および参考文献リンク集 | ホーム | 『LCCで行くぶらり格安世界の旅』の格安旅行に役立つ!世界の主要LCCリストリンク集>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://honkarali.blog68.fc2.com/tb.php/348-6f392429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 ほんからり  ~本からいろいろリンク~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。