ほんからり  ~本からいろいろリンク~
主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

teru

Author:teru
teruと申します。

主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。またビジネス書、(小説以外の)べストセラー本などのメモ書きなども。あと書評とまでは行きませんが(汗)、コメントや内容などに関してもちょろっと。

本ブログに関しての詳しい紹介は「はじめに」を参照してください。

取り扱ってほしい本のリクエストがあれば、コメントとして記入、または以下のメールフォームを使用してメールを下さい。

本ブログでは、各エントリーでアフィリエイトを行っています。現時点で収入はほとんどありませんが(汗)、利益が出れば新しい本の購入代にあてたいと考えております。

ツイッターのアカウントは以下の通り。
http://twitter.com/yokohamateru

別ブログで「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」って言うのをやっています。本のリンク集以外のネタはそちらで。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』の参考文献リンク集
今回は『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』橘玲著(幻冬舎、2010)です。


結局、「伽藍を捨ててバザールに向え。」は「日本の会社を捨ててグローバル市場を目指せ。」で、「恐竜の尻尾のなかに頭を探せ。」は「ロングテールの中で勝ち組(ショートヘッド)、つまりはニッチを探せ。」ってこと?

本書には、本文中にいろいろと参考文献が明記されているので、これをメモ書きとして。


ということで、『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』の参考文献リンク集(リスト)を。以下のとおりです。


◆『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』の参考文献 一覧

『しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール』香山リカ著(2009)

『勝間さん、努力で幸せになれますか』香山リカ、勝間和代(2010)

『やればできる―まわりの人と夢をかなえあう4つの力』勝間和代著(2009)

『勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド』勝間和代著(2008)

『思考は現実化する』ナポレオン・ヒル著(1999)

『人間の測りまちがい―差別の科学史』スティーヴン・J・グルード著(1998)

『人間の本性を考える ~心は「空白の石版」か』スティーヴン・ピンカー著(2004)

『心はどのように遺伝するか―双生児が語る新しい遺伝観』安藤寿康著(2000)

『子育ての大誤解―子どもの性格を決定するものは何か』(2000)

『利己的な遺伝子』リチャード・ドーキンス著(1991)

『ダーウィンの危険な思想―生命の意味と進化』ダニエル・C・デネット著(2000)

『MI:個性を生かす多重知能の理論』ハワード・ガードナー著(2001)

『妻と帽子を間違えた男』オリヴァー・サックス著(1992)

『ザ・ワーク・オブ・ネーションズ』ロバート・B・ライシュ著(1991)

『臆病者のための株入門』橘玲著(2006)
※本ブログでも紹介しています

『ジェネレーションX―加速された文化のための物語たち』ダグラス・クープランド著(1995)

[映画]『アンヴィル! 夢をあきらめきれない男たち』

『マクドナルド化する社会』(1999)

『ラテに感謝! How Starbucks Saved My Life―転落エリートの私を救った世界最高の仕事』マイケル・ゲイツ・ギル著(2010)

『搾取される若者たち ―バイク便ライダーは見た!』阿部真大著(2006)

『道は開ける』デール・カーネギー著(1999)
※本ブログでも紹介しています

『7つの習慣―成功には原則があった!』スティーブン・R・コヴィー著(1996)
※本ブログでも紹介しています

『重力ピエロ』伊坂幸太郎著(2003)

『ヒトは食べられて進化した』ドナ・ハート、ロバート・W・サスマン著(2007)

『EQ こころの知能指数』ダニエル・ゴールマン著(1998)

『ザ・シークレット』ロンダ・バーン著(2007)

『ワンダーゾーン』(「自己改造プログラムの『成功者』」所収)福本博文著(2001)

『サブリミナル・マインド―潜在的人間観のゆくえ』下條信輔著(1996)

『20世紀少年』浦沢直樹著

[ドラマ]『木更津キャッツアイ』

『君主論』マキャベリ著(2002)

『つきあい方の科学』ロバート・アクセルロッド著(1998)

『信頼の構造―こころと社会の進化ゲーム』山岸俊男著(1998)

『華麗なる一族』山崎豊子著

『新ネットワーク思考―世界のしくみを読み解く』アルバート=ラズロ・バラバシ著(2002)

『フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるか』ダニエル・ピンク著(2002)

『アシッド・ドリームズ―CIA、LSD、ヒッピー革命』マーティン・A・リー、ブルース・シュレイン著(1992)

『約束された場所で―underground 2』村上春樹著(2001)

『生と死の境界―「臨死体験」を科学する』スーザン・ブラックモア著(1996)

『神はなぜいるのか?』パスカル・ボイヤー著(2008)

『サイキック・マフィア―われわれ霊能者はいかにしてイカサマを行ない、大金を稼ぎ、客をレイプしていたか』ラマー・キーン著(2001)

『服従の心理』スタンレー・ミルグラム著(2008)

『オウムと私』林郁夫著(2001)

『平成元年の右翼―右翼の未来はあるか?!』(「救国のキリストか銀座のドンキホーテか」所収)岩上安身著(1989)

『影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか』ロバート・B・チャルディーニ著(2007)
※本ブログでも紹介しています

『あなたのなかのサル―霊長類学者が明かす「人間らしさ」の起源』フランス・ドゥ・ヴァール著(2005)

『動物たちの心の世界』マリアン・S・ドーキンズ著(2005)

『ソロモンの指環―動物行動学入門』コンラート・ローレンツ著(1998)

[映画]『仁義無き戦い』

『政治をするサル―チンパンジーの権力と性』フランス・ドゥ・ヴァール著(1994)

『進化心理学入門』ジョン・H・カートライト著(2005)

『内なる目―意識の進化論』ニコラス・ハンフリー著(1993)

『つながる脳』藤井直敬著(2009)

『ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる』梅田望夫著(2006)

『伽藍とバザール』エリック・スティーブン・レイモンド著(2010)

『人を伸ばす力―内発と自律のすすめ』エドワード・L・デシ著(1999)

『日本産業社会の「神話」』小池和男著(2009)

『幸せを科学する―心理学からわかったこと』大石繁宏著(2009)

『フリー <無料>からお金を生み出す新戦略』クリス・アンダーソン著(2009)
※本ブログでも紹介しています

『「みんなの意見」は案外正しい』jy-ムズ・スロウィッキー著(2009)

『ネット評判社会』山崎俊男、吉開範章著(2009)

『ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略』クリス・アンダーソン著(2006)

『貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する』橘玲著(2011)
※本ブログでも紹介しています


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

会社経営・起業・副業 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/08/15(水) 23:06 ]

<<『TOEIC(R)テスト スコア対策への投資をビジネス英語にリターンさせる きわめて合理的な勉強法』のまとめメモ書き&おすすめTOEIC&英語教材リンク集 | ホーム | 『人生を好転させるたった2つのこと』の人生を好転させるたった2つのことおよび参考文献リンク集>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://honkarali.blog68.fc2.com/tb.php/339-6c65d071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 ほんからり  ~本からいろいろリンク~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。