ほんからり  ~本からいろいろリンク~
主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

teru

Author:teru
teruと申します。

主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。またビジネス書、(小説以外の)べストセラー本などのメモ書きなども。あと書評とまでは行きませんが(汗)、コメントや内容などに関してもちょろっと。

本ブログに関しての詳しい紹介は「はじめに」を参照してください。

取り扱ってほしい本のリクエストがあれば、コメントとして記入、または以下のメールフォームを使用してメールを下さい。

本ブログでは、各エントリーでアフィリエイトを行っています。現時点で収入はほとんどありませんが(汗)、利益が出れば新しい本の購入代にあてたいと考えております。

ツイッターのアカウントは以下の通り。
http://twitter.com/yokohamateru

別ブログで「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」って言うのをやっています。本のリンク集以外のネタはそちらで。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

『自分のアタマで考えよう』の参考文献リンク集
今回は『自分のアタマで考えよう 知識にだまされない思考の技術』ちきりん著(ダイヤモンド社、2011)です。


結局、「知識」と「思考」をはっきりと分け、「知識」を「思考」にどう活用するか?、ってこと?

本書には、巻末に参考文献の一覧が明記されているので、これをメモ書きとして。


ということで、『自分のアタマで考えよう 知識にだまされない思考の技術』の参考文献リンク集(リスト)を。以下のとおりです。


◆『自分のアタマで考えよう 知識にだまされない思考の技術』の参考文献リンク集 一覧
『2100年、人口3分の1の日本』亀頭宏著(2011)

『経済危機のルーツ ―モノづくりはグーグルとウォール街に負けたのか』野口悠紀雄著(2010)

『日本の殺人』河合幹雄著(2009)

『現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護』岩田正美著(2007)

『「ニート」って言うな!』本田由紀、内藤朝雄、後藤和知著(2006)

『コーポレートアーキテクチャー―環境適合型から「自己創造型」経営へのトータル・リ・デザイン』横山禎徳、安田隆二著(1992)

『自殺って言えなかった。』自死遺児編集委員会・あしなが育英会編(2005)

『大前研一 敗戦記』大前研一著(1995)

『「思考軸」をつくれ―あの人が「瞬時の判断」を誤らない理由』出口治明著(2010)

『アフリカ 動き出す9億人市場』ヴィジャイ・マハジャン著(2009)

『韓国大統領列伝―権力者の栄華と転落』池東旭著(2002)

『昭和史 1926-1945』半藤一利著(2004)

「自殺対策白書」(内閣府)

「平成21年中における自殺の概要資料」(警察庁生活安全局生活安全企画課)


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

ビジネス一般 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/08/06(月) 23:13 ]

<<『人生を好転させるたった2つのこと』の人生を好転させるたった2つのことおよび参考文献リンク集 | ホーム | 『最強の「ビジネス理論」集中講義』の各時間のノート(章のまとめ)および参考文献リンク集>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://honkarali.blog68.fc2.com/tb.php/337-022cc2c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 ほんからり  ~本からいろいろリンク~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。