ほんからり  ~本からいろいろリンク~
主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

teru

Author:teru
teruと申します。

主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。またビジネス書、(小説以外の)べストセラー本などのメモ書きなども。あと書評とまでは行きませんが(汗)、コメントや内容などに関してもちょろっと。

本ブログに関しての詳しい紹介は「はじめに」を参照してください。

取り扱ってほしい本のリクエストがあれば、コメントとして記入、または以下のメールフォームを使用してメールを下さい。

本ブログでは、各エントリーでアフィリエイトを行っています。現時点で収入はほとんどありませんが(汗)、利益が出れば新しい本の購入代にあてたいと考えております。

ツイッターのアカウントは以下の通り。
http://twitter.com/yokohamateru

別ブログで「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」って言うのをやっています。本のリンク集以外のネタはそちらで。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

『新板 小予算で優良顧客をつかむ方法』の行動のための指針メモ書きおよびマーケティングの常識11のウソ
今回は『新版 小予算で優良顧客をつかむ方法 マーケティング常識11のウソ』神田昌典著(ダイヤモンド社、2011)です。


結局、「ビジネスは、仮説と検証。テスト、テスト、テストしかない。」、ってこと?

本書には、各章末に「行動のための指針」というのが章のまとめとして明記されているので、これをメモ書きとして。また第4章に「マーケティングの常識11のウソ」が明記されているので、これもメモ書きとして。


ということで、『新版 小予算で優良顧客をつかむ方法 マーケティング常識11のウソ』の行動のための指針メモ書きおよびマーケティングの常識11のウソを。以下のとおりです。

◆『新版 小予算で優良顧客をつかむ方法 マーケティング常識11のウソ』の行動のための指針メモ書き

・(1)社長の信念がどんなに立派であっても、社員がどんなに遅くまで働いても、商品がどんなにすばらしくても、お客が来なけりゃ、会社は潰れる。

・(2)「いい商品」と集客力とのあいだには、明確な相関関係はない。しかし「いい商品」であることをお客に伝える能力と、集客力のあいだには、明確な相関関係がある。

・(3)ポジティブ思考よりも、ポジティブ行動を。

・(4)お客は、器に集まるのではない。お客の集まるところに、集まる。

・(5)売り込むのではなく、相手から商品を求めてくるようにする。

・(6)「俺の話を聞けば、10人中9人は買うね」を自慢しても意味はない。「俺は魚のいるところに行けば、絶対釣れるね」と言って自慢するようなものである。

・(7)成約する可能性の低い客は、提案営業しても決まらない。可能性の高い客は、提案営業をしなくても決まる。

・(8)不況期のお客は、営業マンを警戒している。集客の入り口である広告宣伝で、顧客サービスを前面に打ち出し、営業マンと接触する前に良好な関係を築く。

・(9)消費の欲求は、夜、起こる。だから広告宣伝も24時間対応することにより、反応がアップする。

・(10)情報を整理してほしいというニーズが高まっている。商品選択基準を教えてあげることにより、スムーズに購買へと進む。

・(11)ちょっとした言葉により、心の止め金が外される。そして購買につながる。

・(12)ダメだとあきらめそうになると、ウソのようにうまくいくことがある。

・(13)お客が集まったあとは、がむしゃらに働けば何とかなる。集まったあとの体制を考えるより、まず集める。

・(14)ケチに徹して、最小予算で広告テストを行う。

・(15)広告の目的は、売ることではない。見込客を集めること。

・(16)ダイレクトメールは、次の要素を含むこと。「気絶するほど魅力的な提案」「圧倒的な差別化」「120%の情報」「お客様の声」

・(17)見込客のフォローを1回でやめてしまうことは、小切手を換金せずに捨てるようなもの。

・(18)「うちの業界では、役に立たない」は、売れない営業マンの言い訳と同じ。

・(19)あとで失敗するぐらいなら、今する。先延ばししても、どうせ失敗する。

・(20)考えるより、行動する。行動しながら、考える。

・(21)ビジネスは、仮説と検証。テスト、テスト、テストしかない。


◆『新版 小予算で優良顧客をつかむ方法 マーケティング常識11のウソ』のマーケティングの常識11のウソ
・ウソ(1)景気が悪ければ、広告は減らすべきである
 →儲かる広告は不況になってもカットする必要はない

・ウソ(2)広告は何回も出さないと効果がない
 →ダメな広告は、何回やってもダメ

・ウソ(3)認知度がないから、広告は効果がない
 →認知度はカバーできる

・ウソ(4)写真やイラストを多用しなければならない
 →重要なのは、コンテンツ

・ウソ(5)ダイレクトメールは短く簡潔に
 →売り込みとわかり、ゴミ箱へ直行

・ウソ(6)低価格は重要である
 →価格しか判断材料がないから、価格と言っているだけ

・ウソ(7)顧客ターゲットを明確にしなければならない
 →ターゲットを明確化できるまでに、ターゲットは移動している

・ウソ(8)理屈が通ればお客は購入してくれる
 →顧客は感情で決まり、理屈で正当化される

・ウソ(9)お客につくせば買ってもらえる
 →可能性の低いお客につくしてもムダ

・ウソ(10)顧客サービスが良ければ売れる
 →顧客サービスは、既存客の流出を食い止めることが主目的

・ウソ(11)お客と対面することにより、信頼が生まれ、購買につながる
 →お客にとって、単なる売り込みは迷惑なだけ


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

ビジネス一般 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2012/02/13(月) 23:31 ]

<<『采配』の落合博満の格言メモ書き | ホーム | 『日本企業が欲しがる「グローバル人材」の必須スキル』の参考文献リンク集およびブレない軸を作る「古典」リスト>>

コメント
秘密の方へ
コメントありがとうございます。そして回答が遅くなりまして申し訳ありませんでした。

了解しました~。対応済みです!
URL | teru #- | 2012/02/28(火) 23:37 [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| # | 2012/02/26(日) 20:36 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://honkarali.blog68.fc2.com/tb.php/319-5fec80e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 ほんからり  ~本からいろいろリンク~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。