ほんからり  ~本からいろいろリンク~
主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

teru

Author:teru
teruと申します。

主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。またビジネス書、(小説以外の)べストセラー本などのメモ書きなども。あと書評とまでは行きませんが(汗)、コメントや内容などに関してもちょろっと。

本ブログに関しての詳しい紹介は「はじめに」を参照してください。

取り扱ってほしい本のリクエストがあれば、コメントとして記入、または以下のメールフォームを使用してメールを下さい。

本ブログでは、各エントリーでアフィリエイトを行っています。現時点で収入はほとんどありませんが(汗)、利益が出れば新しい本の購入代にあてたいと考えております。

ツイッターのアカウントは以下の通り。
http://twitter.com/yokohamateru

別ブログで「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」って言うのをやっています。本のリンク集以外のネタはそちらで。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

『人の力を引き出すコーチング術』の参考文献リンク集
今回は『人の力を引き出すコーチング術』原口佳典著(平凡社、2008)です。


コーチングの歴史、成功例・失敗例、コーチングの基礎と実践、コーチングが効果的な10分野など、コーチングに関して書かれた本。

「コーチング」という言葉、最近はたまにききますが、実際のイメージとして掴みづらかったので読んでみました。

本文にはこう書かれています。
「コーチングとは、「よりよいコミュニケーションを行えるようにする」という目的に対して、「役に立つ技術」を集めて作り上げた、コミュニケーションスキルアップの体型なのである。」

また、こうも書いてあります。
「コーチングはあくまでもコミュニケーションの改善を行うだけのものなのだ。」
「コーチングは手段であって、目的ではない。」

ツールと言うことですね。

コーチングの基礎として、「聴く」「語る」「質問する」の3つがあげられています。本書ではこの3つの基礎に関してそれぞれポイントが書かれてあり、これがこの本の肝の部分だと思います。

さくっとコーチングに関して知りたい方にはいいかも。ただし、もう少し例が載っているとうれしいかなぁ、と個人的には感じました。

なお、Amazonのレビューは2009/07/31の時点で5件ですべて5点となっていますが、他にもいろいろレビュー書かれている方は一人だけなので、残り4件(2件:この本だけのレビュー、2件:この本とCD1枚だけのレビュー(しかも同じCD・・・))はポイントアップのための書込みではないかと疑ってしましますが・・・。

ただし、コーチングに関してはいろいろと参考文献が載っていますので、コーチングに関して興味がある方は、これらを参考にするのがいいかもしれません。

ということで、『人の力を引き出すコーチング術』の参考文献リンク集(参考文献リスト)を。以下の通りです。

◆参考文献

・『アメリカ合衆国の歴史』野村達朗著(ミネルヴァ書房)

・『70年代アメリカ―なにも起こらなかったかのように』ピーター・N・キャロル著(彩流社)

・『新インナーゲーム―心で勝つ!集中の科学』W・ティモシー・ガルウェイ著(日刊スポーツ出版社)

・『はじめのコーチング』ジョン・ウィットモア著(ソフトバンククリエイティブ)

・『いつも「いいこと」が起きる人の習慣―自分を画期的に改善する21の法則』トマス・レナード著(三笠書房)

・『トレーニング ア タイガー―タイガー・ウッズ父子のゴルフ&教育革命』アール・ウッズ、ピート・マクダニエル著(小学館)

・『人格改造!―都市に増殖する闇のネットワーク「自己開発セミナー」潜入体験記!』二沢雅喜著(JICC出版局)

・『マインド・レイプ―自己啓発セミナーの危険な素顔 ドキュメント』塩谷智美著(三一書房)

・『インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか! 』W・ティモシー・ガルウェイ著(日刊スポーツ出版社)

・『サービスが伝説になる時―「顧客満足」はリーダーシップで決まる』ベッツィ・A・ サンダース著(ダイヤモンド社)

・『エクセレント・リーダー―超優良企業への情熱』トマス・J・ピーターズ、N・K・オースティン著(講談社)

・『ジャック・ウェルチ わが経営(上)』ジャック・ウェルチ著(日本経済新聞社)
・『ジャック・ウェルチ わが経営(下)』ジャック・ウェルチ著(日本経済新聞社)

・『GEの奇跡―ジャック・ウェルチのリストラ戦略』ロバート・スレーター著(同文書院インターナショナル)

・『ジャック・ウェルチのGE革命―世界最強企業への選択』ノエル・M・ティシー、ストラトフォード・シャーマン著(東洋経済新報社)

・『コンピテンシー活用の実際』相原孝夫著(日本経済新聞出版社)

・『ターンアラウンド ゴーンは、いかにして日産を救ったのか?』デビッド・マギー著(東洋経済新報社)

・『ルネッサンス ― 再生への挑戦』カルロス・ゴーン著(ダイヤモンド社)

・『コーチングが組織(ダイバーシティ)を活かす』西澤正昭著(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

・『オレは聞いてない! 上司はなぜ部下の話を聞けないのか』斎藤潔著(徳間書店)

・『コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる』伊藤守著(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

・『コーチング・バイブル―人と組織の本領発揮を支援する協働的コミュニケーション』ローラ・ウィットワース、ヘンリー・キムジーハウス、フィル・サンダール、キャレン・キムジーハウス著(東洋経済新報社)

・『実務入門 NLPの基本がわかる本』山崎啓支著(日本能率協会マネジメントセンター)

・『「聴く」ことの力―臨床哲学試論』鷲田清一著(阪急コミュニケーションズ)

・『20代で始める「夢設計図」-必ず“スピード成功”する5つの原則』熊谷正寿著(大和書房)

・『ビジネスリーダーの夢と挑戦―起業を志す人に贈るメッセージ』安田龍平、藤原貴也著(経林書房)

・『「決定」で儲かる会社をつくりなさい』小山昇著(河出書房新社)

・『患者術―賢い患者になるための会話テクニック』鱸伸子著(出版社)

・『子どもを伸ばす共育コーチング―子どもの本音と行動を引き出すコミュニケーション術』石川尚子、岸英光著(柘植書房新社)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発本 - ジャンル:本・雑誌

自己啓発 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/08/01(土) 05:59 ]

<<『貧困ビジネス』の参考文献リンク集 | ホーム | 『旅 2009年 04月号 盛岡で出会う、宮沢賢治と手仕事と。』の掲載店リンク集>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://honkarali.blog68.fc2.com/tb.php/29-a4071a65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 ほんからり  ~本からいろいろリンク~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。