ほんからり  ~本からいろいろリンク~
主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

teru

Author:teru
teruと申します。

主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。またビジネス書、(小説以外の)べストセラー本などのメモ書きなども。あと書評とまでは行きませんが(汗)、コメントや内容などに関してもちょろっと。

本ブログに関しての詳しい紹介は「はじめに」を参照してください。

取り扱ってほしい本のリクエストがあれば、コメントとして記入、または以下のメールフォームを使用してメールを下さい。

本ブログでは、各エントリーでアフィリエイトを行っています。現時点で収入はほとんどありませんが(汗)、利益が出れば新しい本の購入代にあてたいと考えております。

ツイッターのアカウントは以下の通り。
http://twitter.com/yokohamateru

別ブログで「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」って言うのをやっています。本のリンク集以外のネタはそちらで。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

『40代を後悔しない50のリスト』の40代を後悔しない50のリストおよび参考文献リンク集
今回は『40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則』大塚寿著(ダイヤモンド社、2011)です。


結局、人間としての魅力も四十代の過ごし方で決まる!、ってこと?

本書には、40代を後悔しないための50のリストが各節ごとに紹介されているので、この見出しをメモ書きとして。また、本文中に参考文献が明記されているので、これもメモ書きとして。


ということで、『40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則』の40代を後悔しない50のリストおよび参考文献リンク集(リスト)を。以下のとおりです。


◆『40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則』の40代を後悔しない50のリスト 一覧
■第1章 この10年で何より大切にしたいこと
・1 「自分にとって大切なこと」を優先できなかった
 → 「人生で手に入れたいこと」を三つに絞り「円グラフ」に描く

・2 わかっていても結局「守り」に入ってしまった
 → 20%は必ず「オフェンスモード」を入れる

・3 「二元論」で考えなければよかった
 → 豊かな人生は「グレーゾーン」から生まれる

・4 「仕事」と「家庭」のバランスが取れなかった
 → 一週間ごとに「仕事」と「家庭」のウエイトを振り分ける

・5 未来の成功より「今日一日」を大切にすればよかった
 → 一年ではなく、一日のスパンで「元気のもと」を探す

・6 負けない「絶対的な自信」が欲しかった
 → 基準を設定して「相対的な自信」を持つ

・7 誰にも負けない「強み」がつくれなかった
 → 「勝てる土俵」を自分でつくって勝負する

・8 「スピード決断」ができなかった
 → 意思決定は「小分け」して判断できるサイズにする

■第2章 プレイングマネジャーとして本当に必要なこと
・9 社内外で「本当に頼りになる人脈」を築いておけばよかった
 → 「人間検索」できるキーパーソンを三人持つ

・10 「自分の特性」をもっと意識しておけばよかった
 → 自分の強みが「マネジメント脳」か「マーケティング脳」かを知る

・11 会社が自分に「何を求めているのか」をもっと意識すればよかった
 → 会社が自分に「何を期待しているか」を把握する

・12 仕事に追われて「すべきこと」ばかりやっていた
 → 「ドキドキするゴール」を毎週設定する

・13 「どこまで目指すか」を考えるべきだった
 → ラストチャンスとして「具体的に」未来設計する

・14 自分が「何を成し遂げたか」がわからなくなった
 → 「四半期ごと」に会社に貢献できたことを書き出す

・15 「他人を動かすスキル」が身につかなかった
 → 業務以上に「モチベーション」をマネジメントする

・16 負けない「交渉力」が欲しかった
 → 「大局観」「共感ポイント」「落としどころ」を常に意識する

・17 「伝える力」が足りなかった
 → 相手の心を動かす「伝達力」三つの奥義を知る

・18 「意思決定」が苦手だった
 → 意思決定は感覚的ではなく、「定量的」に行う習慣をっける

・19 「スピード」をもっと重視するべきだった
 → 常に今より「スピードアップ」することを考える

・20 「対人音痴」が直らなかった
 → まずは相手の立場を考えた「ひと手間」から始めてみる

■第3章 忙しいだけで終わらないために工夫すること
・21 もっと「時間の使い方」を工夫すればよかった
 → 効率より「週末時間」を稼働させることを意識する

・22 「週末時間」を有効に使えなかった
 → 週末を六分割してどう過ごすか計画する

・23 もっと「家族との時間」に気を遺えばよかった
 → 家族時間を長時間取るのが無理なら、ひと手間加えて「10倍演出」する

・24 「相手に合わせて」飲みに行かなければよかった
 → 「月・火・木」は飲みにいかないなどと、自分で取捨選択する

・25 「付き合いのいい人」である必要などなかった
 → 「期限っきで人付き合いが悪くなる」宣言をする

・26 「優先順位」を間違ってしまった
 → 「関係者軸」と「時間軸」で優先順位を見極める方法を知る

・27 忙しいなりに「細かい時間」の使い方を工夫すればよかった
 → 意識的に「10分でできる仕事」を持つようにする

・28 「やりたいこと」にチャレンジできなかった
 → 常に「時間ができたらやることリスト」を書いておく

■第4章 人生を左右する「人付き合い」で知っておくべきこと
・29 利害を超えた「人付き合い」を軽視してしまった
 → 「本当に困ったときに助けてくれる仲間」を持つ

・30 頼まれたときに「上司として」応えられなかった
 → 「人的ネットワーク」で問題解決できるようにする

・31 「年下との人間関係」を大切にすべきだった
 → 年下との付き合いは自己成長を促し、「情報とチャンス」を運んでくれる

・32 「コミュニケーション下手」を克服したかった
 → 相手への関心をベースにした「質問力」を磨く

・33 「話し方」で損をした
 → キーワード、キーフレーズ、エピソードの「三段論法」で話すクセをつける

・34 「言葉」ではなかなか伝わらなかった
 → 「ノンバーバル・コミュニケーション」を身につける

・35 「会社以外の居場所」を見つけておくべきだった
 → 自分の存在価値を実感できる「仕事以外の活動」に意識的に参加する

■第5章 年相応に学ぶべきこと
・36 自分自身を「振り返る時間」を持つべきだった
 → 通勤電車の中は「フィードバック時間」にあてる

・37 もっと「仕事に役立つ本」を読めばよかった
 → 「ばっかり読み」で確実に腹に落とす

・38 時間がなくてなかなか「本」が読めなかった
 → 「バイブル読書」で、内容を講演できるくらい読み込む

・39 「読書の効用」をもっと活かせばよかった
 → 本は「言葉探し」のために読む

・40 「教養」を深めておけばよかった
 → リビングの端っこを「書斎」と呼ぶ

・41 年相応の「お金の使い方」を考えればよかった
 → 「結局、ケチは損をする」ので、後輩にはおごる

・42 「介護」について準備しておけばよかった
 → 犠牲者が出るなら「介護のプロ」に任せる

・43 「自分の世界が広がる趣味」を始めておけばよかった
 → 世界を広げる近道として「人の趣味」に乗っかる

・44 「親業」にもっと積極的に取り組めばよかった
 → 親業とマネジメントの共通点から「人を育てる」ことを学ぶ

■第6章 会社・社会と向き合い続けるために考えておくこと
・45 「上司の能力」を積算しておくべきだった
 → 上司の能力を「意思決定の基準」から積算する

・46 「会社の価値観」を見極めるべきだった
 → 会社が「人」を育てようとしているか見極める

・47 やはり「出世」したかった
 → 出世するには、長いものに「八割」巻かれる

・48 人事を「感情的に判断」すべきではなかった
 → 「誰もが納得できる人事はない」ことを知る

・49 サラリー以外の「生活の糧」を持つべきたった
 → 一つに絞らず、すべり止めを持ちながら「月七万円」稼げる副業を持つ

・50 もっと「地域社会」と付き合えばよかった
 → 地域社会で「さようなら」と言い合える関係を築く

◆『40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則』の参考文献リンク集(リスト) 一覧
『マーケティング脳 vs マネジメント脳 なぜ現場と経営層では話がかみ合わないのか?』アル・ライズ、ローラ・ライズ著(2009)

『名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方』鈴木康之著(2008)

『ロスチャイルド家の上流マナーブック―ナディーヌ夫人が教える幸せの秘訣』ナディーヌ・ロスチャイルド著(1998)

『誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則(気づき)』水野俊哉著(2009)

『コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント』フィリップ・コトラー、ケビン・レーン・ケラー著(2008)

『仕事がうまくいく自分の創り方 モチベーション革命 30の法則』小笹芳央著(2006)


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

ビジネス一般 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/08/09(火) 23:49 ]

<<『お金の流れが変わった!』の参考文献リンク集 | ホーム | 『おいしい店とのつきあい方』の掲載店リンク集>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://honkarali.blog68.fc2.com/tb.php/289-9b1e4ee4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 ほんからり  ~本からいろいろリンク~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。