ほんからり  ~本からいろいろリンク~
主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

teru

Author:teru
teruと申します。

主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。またビジネス書、(小説以外の)べストセラー本などのメモ書きなども。あと書評とまでは行きませんが(汗)、コメントや内容などに関してもちょろっと。

本ブログに関しての詳しい紹介は「はじめに」を参照してください。

取り扱ってほしい本のリクエストがあれば、コメントとして記入、または以下のメールフォームを使用してメールを下さい。

本ブログでは、各エントリーでアフィリエイトを行っています。現時点で収入はほとんどありませんが(汗)、利益が出れば新しい本の購入代にあてたいと考えております。

ツイッターのアカウントは以下の通り。
http://twitter.com/yokohamateru

別ブログで「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」って言うのをやっています。本のリンク集以外のネタはそちらで。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

『矛盾があるからヒットは生まれる』の稲船敬二のまとめメモ
今回は『矛盾があるからヒットは生まれる 稲船流 コンセプト仕事術』稲船敬二著(文藝春秋、2011)です。



結局、「覆水盆に返らず」(何かをすると後戻りはできない。だから覚悟をしなさい。覚悟をすればだららだ迷うこともなく、他人に何を言われてもブレもしないし、ぐらつきもしない)と言う言葉が「コンセプト仕事術」最大のコンセプト、ってこと?

本書には、章末に「稲船敬二のまとめメモ」というのが記載されていますので、これをメモ書きとして。


ということで、『矛盾があるからヒットは生まれる 稲船流 コンセプト仕事術』の稲船敬二のまとめメモを。以下のとおりです。


◆矛盾があるからヒットは生まれる 稲船流 コンセプト仕事術』の稲船敬二のまとめメモ一覧
■1 ボクはコンセプターになります
・ダウンロードが、ゲーム販売の主流になる

・日本だけにゲームを売っていればいい時代は終わった

・ビジネス感覚を持ったクリエーターが必要

■2 コンセプターはどんな仕事をする人か
・コンセプターとは、物事の本質を生み出す人のこと

・新しいものは、最初理解されない
  未知のものは、拒否感を持たれやすい

・矛盾があってこそヒットは生まれる
  相反する二つをこなせることが成功への原動力となる

■3 コンセプト仕事術 基礎編 コンセプトを決めて自分と向きあう
・まずは覚悟を決める
  物事がブレなくなる

・美人慣れすること
  容姿や肩書にとらわれないようにする

・自分の長所を見つけて伸ばす
  短所をなくすのではなく長所を育てる

・人を敬える人間になる
  尊敬する人を真似して成長できる

・運は悪いほうがいい
  運は悪い分、努力して自分を伸ばすことができる

・プライドはすてる
  壁を壊して自分の新しい側面を受け入れる

■4 コンセプト仕事術 実践編 コンセプトが生まれたらとにかく周りに話す
・頭に浮かんだものは吐き出す
  新しい発想を入れる場所を頭の中に作る

・人の意見は聞きすぎない
  聞きすぎると平準化したつまらないものになる

・フットワークは軽く
  相手に顔を見せれば信頼が生まれる

・感情ではなく損得で判断する
  自分のプライドが判断を誤らせないようにする

・自分の意見に自信を持つ
  自分が面白いと思わないものを他人が面白いと思うはずがない

・忘れてしまうような情報は捨てる
  覚えられない情報は、自分には必要はない

■5 コンセプト仕事術 海外編 英語が話せなくても海外で仕事ができる
・海外を怖がらない
  日本人も外国人も本質は同じ

・「日本」を押し付けない
  押しつけが相手のプライドを傷つける

・ひらがなでしゃべる相手を信頼する
  易しい言葉で話す人は、相手の立場を理解できる人

・とにかく譲る
  対外国の交渉では、思った以上に自分が保守化している

・外国人には具体的に説明をする
  日本人のようにあいまいに話しても伝わらない

・英語は話せなくてもいい
  話すよりも、外国人の立場や考え方を理解する


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

ビジネス一般 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/07/23(土) 21:36 ]

<<『おいしい店とのつきあい方』の掲載店リンク集 | ホーム | 『大学生からの文書表現』の「形式を整えるための3原則」および黒田龍之助さんが気に入っている文章に関する本 リンク集>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://honkarali.blog68.fc2.com/tb.php/286-8471fb9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 ほんからり  ~本からいろいろリンク~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。