ほんからり  ~本からいろいろリンク~
主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

teru

Author:teru
teruと申します。

主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。またビジネス書、(小説以外の)べストセラー本などのメモ書きなども。あと書評とまでは行きませんが(汗)、コメントや内容などに関してもちょろっと。

本ブログに関しての詳しい紹介は「はじめに」を参照してください。

取り扱ってほしい本のリクエストがあれば、コメントとして記入、または以下のメールフォームを使用してメールを下さい。

本ブログでは、各エントリーでアフィリエイトを行っています。現時点で収入はほとんどありませんが(汗)、利益が出れば新しい本の購入代にあてたいと考えております。

ツイッターのアカウントは以下の通り。
http://twitter.com/yokohamateru

別ブログで「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」って言うのをやっています。本のリンク集以外のネタはそちらで。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

『心を整える。』の勝利をたぐり寄せるための56の習慣および掲載文献・掲載温泉宿・掲載快眠グッズリンク集
今回は『心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣』長谷部誠著(幻冬舎、2011)です。


結局、いろいろなビジネス本や自己啓発本を読んでいいと思ったことは実践しなさいね!、ってこと?

って本文中にはそんなことこれっぽちも書いてありませんが、ビジネス本や自己啓発本読んでいる方には「あーよく言われていることだよね」と思うのではないでせうか?と言っても本書はそーゆーのがよくまとまっているので、入門書とすればかなりいい本だと思います。

本書には、「勝利をたぐり寄せるための56の習慣」が記載されているので、各習慣の見出しをメモ書きとして。また本文中に参考文献やおすすめの温泉宿、快適な睡眠を得るためのグッズなどが紹介されているので、これもメモ書きとして。


ということで、『心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣』の勝利をたぐり寄せるための56の習慣および掲載文献・掲載温泉宿・掲載快眠グッズリンク集(リスト)を。以下のとおりです。掲載物に関しては、[]書きが無いものは書籍になっています。


◆勝利をたぐり寄せるための56の習慣および掲載文献・掲載温泉宿・掲載快眠グッズ 一覧
・1、意識して心を鎮める時間を作る。

・2、決戦へのスイッチは直前に入れる。

・3、整理整頓は心の掃除に通じる。

・4、過度な自意識は必要ない。

・5、マイナス発言は自分を後退させる。

・6、恨み貯金はしない。

・7、お酒のチカラを利用しない。

・8、子どもの無垢さに触れる。

・9、好きなものに心を委ねる。

・10、レストランで裏メニューを頼む。

・11、孤独に浸かる-ひとり温泉のススメ-
  [温泉宿]静岡県 修善寺温泉 あさば

  [温泉宿]静岡県 熱海温泉 蓬莱

・12、先輩に学ぶ。

・13、若手と積極的に交流する。

・14、苦しいことには真っ向から立ち向かう。

・15、真のプロフェッショナルに触れる。

・16、頑張っている人の姿を目に焼きつける。

・17、いつも、じいちゃんと一緒。

・18、集団のバランスや空気を整える。

・19、グループ内の潤滑油になる。

・20、注意は、後腐れなく。

・21、偏見を持たず、まず好きになってみる。

・22、仲間の価値観に飛び込んでみる。

・23、常にフラットな目線を持つ。

・24、情報管理を怠らない。

・25、群れない。

・26、組織の穴を埋める。

・27、監督の言葉にしない意図・行間を読む。

・28、競争は、自分の栄養になる。

・29、常に正々堂々と勝負する。

・30、運とは口説くもの。

・31、勇気を持って進言すべきときもある。

・32、努力や我慢はひけらかさない。

・33、読書は自分の考えを進化させてくれる。
  『人を動かす』デール・カーネギー著(1999)

  『超訳 ニーチェの言葉』白取春彦翻訳(2011)

  『本田宗一郎 夢を力に 私の履歴書』本田宗一郎著(2001)

  『道をひらく』松下幸之助著(1968)

  『悩む力』姜尚中著(2008)

  『人間失格』太宰治著(1990)

  『アインシュタインは語る』アリス・カラプリス編集(2006)

  『幸せを呼ぶ孤独力―“淋しさ”を「孤独力」に変える人の共通点』斎藤茂太著(2005)

・34、読書ノートをつける。
  『勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド』勝間和代著(2008)

  『偽善エコロジー』武田邦彦著(2009)

  『深夜特急』沢木耕太郎著(1994)

  『「心の掃除」の上手い人 下手な人』斎藤茂太著(2008)

  『オバマのすごさ――やるべきことは全てやる!』岸本裕紀子著(2009)

・35、監督の手法を記録する。

・36、夜の時間をマネージメントする。
  [CD]『深き眠りへ…』

  [お香]クンバ社の『ハッピー』

  [アロマオイル]ニールズヤード レメディーズ社の『ナイトタイム』

・37、時差ボケは防げる。

・38、遅刻が努力を無駄にする。

・39、音楽の力を活用する。

・40、ネットバカではいけない。

・41、常に最悪を想定する。

・42、指揮官の立場を想像する。

・43、勝負所を見極める。
  『脳に悪い7つの習慣』林成之著(2009)

・44、他人の失敗を、自分の教訓にする。

・45、楽な方に流されると、誰かが傷つく。

・46、変化に対応する。

・47、迷ったときこそ、難しい道を選ぶ。

・48、異文化のメンタリティを取り入れる。

・49、指導者と向き合う。

・50、自分の名前に誇りをもつ。

・51、外見は自分だけのものではない。

・52、眼には見えない、土台が肝心。

・53、正論を振りかざさない。

・54、感謝は自分の成長につながる。

・55、日本のサッカーを強くしたい。

・56、笑顔の連鎖を巻き起こす。


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

ビジネス一般 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/05/10(火) 23:32 ]

<<『この国を出よ』の参考文献リンク集 | ホーム | 『だから行きたくなる温泉セラピーの宿』の掲載温泉宿リンク集>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://honkarali.blog68.fc2.com/tb.php/268-aa3487b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 ほんからり  ~本からいろいろリンク~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。