ほんからり  ~本からいろいろリンク~
主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

teru

Author:teru
teruと申します。

主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。またビジネス書、(小説以外の)べストセラー本などのメモ書きなども。あと書評とまでは行きませんが(汗)、コメントや内容などに関してもちょろっと。

本ブログに関しての詳しい紹介は「はじめに」を参照してください。

取り扱ってほしい本のリクエストがあれば、コメントとして記入、または以下のメールフォームを使用してメールを下さい。

本ブログでは、各エントリーでアフィリエイトを行っています。現時点で収入はほとんどありませんが(汗)、利益が出れば新しい本の購入代にあてたいと考えております。

ツイッターのアカウントは以下の通り。
http://twitter.com/yokohamateru

別ブログで「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」って言うのをやっています。本のリンク集以外のネタはそちらで。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

『日本でいちばん大切にしたい会社』の日本でいちばん大切にしたい会社リンク集および本文メモ書き
今回は『日本でいちばん大切にしたい会社』坂本光司著(あさ出版、2008)です。


結局、業績ではなく継続する会社を目指しなさい、そのためには「多くの人を満足」させないさい、ってこと?

以前、『ちっちゃいけど、世界一誇りにしたい会社』を紹介しましたが、同じ系統の本としては本書が一番最初、ですね。

本書では、「日本でいちばん大切にしたい会社」が載っているので、これをメモ書きとして。あと関連する商品やお店があるので、それらもついでに。それと、本文中にメモして置きたい箇所もあったので、これもメモ書きとして。


ということで、『日本でいちばん大切にしたい会社』の日本でいちばん大切にしたい会社のリンク集(リスト)および本文中メモ書きを。以下の通りです。


◆『日本でいちばん大切にしたい会社』の日本でいちばん大切にしたい会社 一覧
■障害者の方々がほめられ、役立ち、必要とされる場をつくりたい 「日本理化学工業株式会社」(川崎市高津区)
『ダストレスチョーク』

『コロバーズ』

『キットパス』

■重度の障害をまつ彼女だからこそ、わが社で採用しなければ 「株式会社ファンケルスマイル」(横浜市栄区)

■「社員の幸せのための経営」「戦わない経営」を貫き、四十八年間増収増益 「伊那食品工業株式会社」(長野県伊那市)
『かんてんぱぱ』

さつき亭

つつじ亭(※今はひまわり亭?)

■七十五年間連続増収企業は、「社員がハッピーなら会社もハッピー」 「ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社」

■三年間入院した社員にずっと給料・ボーナスを払い続けた 「樹研工業株式会社」(愛知県豊橋市)

■「人を支える」会社には、日本中から社員が集まり、世界中からお客様が訪ねてくる 「中村ブレイス株式会社」(島根県大田市)

■難病になった娘のためにリフト付車椅子を開発 「キシ・エンジニアリング株式会社」(島根県出雲市)

■骨粗しょう症の高齢者のために人工関節を開発 「株式会社ホリックス」(静岡県沼津市)

■「子ども」という弱者の視点で「飲むカメラ」を開発 「株式会社アールエフ」(長野県長野市)

■地域に生き、人と人、心と心を結ぶ経営を貫いていく 「株式会社柳月」(河東郡音更町)字
スイートピア・ガーデン

■心のやさしい子どもたちを育てるために、五〇年間詩集を発行 「柏屋」(福島県郡山市)
『青い窓(小冊子)』

■「あなたのお客様でほんとうによかった」と言われる、光り輝く果物店 「杉山フルーツ」(静岡県富士市)
『フルーツソムリエ、清のつくった生ゼリー』


◆『日本でいちばん大切にしたい会社』の本文メモ書き
・こうした企業の存在は、「問題は内ではなく外」と嘆き悲しむ、被害者意識に凝り固まった他力本願タイプの中小企業の"五つの言い訳"をことごとく否定してくれます。

・"五つの言い訳"とは、「景気や政策が悪い」「業種・業態が悪い」「規模が小さい」「ロケーションが悪い」「大企業・大型店が悪い」です。そしてこの五つの言い訳をする経営者は必ず、「そこにわが社の業績が上がらない最大原因がある。変わるべき・変えるべきなのは外部環境である」と言います。

・私は、会社には「五人に対する使命と責任がある」と考えています。その五人に対する使命と責任を果たすための行動のことを、本当の「経営」と定義します。
 一、社員とその家族を幸せにする
 ニ、外注先・下請企業の社員を幸せにする
 三、顧客を幸せにする
 四、地域社会を幸せにし、活性化させる
 五、自然に生まれる株主の幸せ

・「そんなことは当たり前でしょう。幸福とは(1)人に愛されること、(2)人にほめられること、(3)人の役に立つこと、(4)人に必要とされることです。そのうちの(2)人にほめられることと、(3)人の役に立つこと、そして(4)人に必要とされることは、施設では得られないでしょう。この三つの幸福は、働くことによって得られるのです」



↑「伊那食品工業株式会社」に関しては、会長である塚越寛さんの著書『リストラなしの「年輪経営」』にもっと詳しく書いてあります。本書を読んで感銘を受けた方は、『リストラなしの「年輪経営」』も満足していただけるかと。


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

会社経営・起業・副業 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/12/18(土) 22:55 ]

<<『「お金」のシークレット』のお金に関するいろいろ○カ条 | ホーム | 『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』の参考文献リンク集>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://honkarali.blog68.fc2.com/tb.php/223-9f54b88c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 ほんからり  ~本からいろいろリンク~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。