ほんからり  ~本からいろいろリンク~
主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

teru

Author:teru
teruと申します。

主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。またビジネス書、(小説以外の)べストセラー本などのメモ書きなども。あと書評とまでは行きませんが(汗)、コメントや内容などに関してもちょろっと。

本ブログに関しての詳しい紹介は「はじめに」を参照してください。

取り扱ってほしい本のリクエストがあれば、コメントとして記入、または以下のメールフォームを使用してメールを下さい。

本ブログでは、各エントリーでアフィリエイトを行っています。現時点で収入はほとんどありませんが(汗)、利益が出れば新しい本の購入代にあてたいと考えております。

ツイッターのアカウントは以下の通り。
http://twitter.com/yokohamateru

別ブログで「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」って言うのをやっています。本のリンク集以外のネタはそちらで。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

『洋書事始は映画から』の英語で読みたい原作60選リンク集
今回は『洋書事始は映画から―英語で読みたい原作60選』上岡伸雄著(日本放送出版協会、2007)です。


結局、好きな作品で学びましょう!と言いつつも難しすぎる場合は断念して簡単なのから初めなさいね!(汗、ってこと?

本書には、「映画化された作品の中で読みに値する名作、しかも映画と原作のストーリーがかけ離れていない作品」の60冊が掲載されていますので、これをメモ書きとして。

ということで、『洋書事始は映画から―英語で読みたい原作60選』の英語で読みたい原作60選リンクク集(リスト)を。以下の通りです。


◆『洋書事始は映画から―英語で読みたい原作60選』の英語で読みたい原作60選 一覧

■英語を読みなれていない人に ~初級編
『ポーラー・エクスプレス』原作 『The Polar Express』

『チャーリーとチョコレート工場』原作 『Charlie and the Chocolate Factory』

『ポビーとディンガン』原作 『Pobby and Dingan』

『ハリー・ポッターと賢者の石』原作 『Harry Potter and the Philosopher's Stone』

『スモーク』原作 『Auggie Wren's Christmas Story』

『チャンス』原作 『Being There』

『ブレックファースト・オブ・チャンピオンズ』原作 『Breakfast of Champions』

『第三の男』原作 『The Third Man』

『ふしぎの国のアリス』原作 『Alice's Adventures in Wonderland』

『シャーロットのおくりもの』原作 『Charlotte's Web』

『ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女』原作 『The Chronicles of Narnia - The Lion, the Witch and the Wardrobe』

『モリー先生と火曜日』原作 『Tuesdays with Morrie』

『白い犬とワルツを』原作 『To Dance with the White Dog』

『ドライビングMissデイジー』原作 『Driving Miss Daisy』

『きみに読む物語』原作 『The Notebook』

『武器よさらば』原作 『A Farewell to Arms』

■高校卒業レベル程度の英語力で ~中級編
『グラスハープ 草の竪琴』原作 『The Grass Harp』

『ショーシャンクの空に』原作 『Rita Hayworth and Shawshank Redemption』

『フィールド・オブ・ドリームス』原作 『Shoeless Joe』

『アバウト・ア・ボーイ』原作 『About a Boy』

『欲望という名の電車』原作 『A Streetcar Named Desire』

『スウィート ヒアアフター』原作 『The Sweet Hereafter』

『ペリカン文書』原作 『The Pelican Brief』

『ラスベガスをやっつけろ』原作 『Fear and Loathing in Las Vegas』

『リバー・ランズ・スルー・イット』原作 『A River Runs Through It』

『ヴァージン・スーサイズ』原作 『The Virgin Suicides』

『日の名残り』原作 『The Remains of the Day』

『若草物語』原作 『Little Women』

『二十日鼠と人間』原作 『Of Mice and Men』

『クルーシブル』原作 『The Crucible』

『ティファニーで朝食を』原作 『Breakfast at Tiffany's』

『ブリジット・ジョーンズの日記』原作 『Bridget Jones's Diary』

『アルジャーノンに花束を』原作 『Flowers for Algernon』

『ジュラシック・パーク』原作 『Jurassic Park』

『ヒマラヤ杉に降る雪』原作 『Snow Falling on Cedars』

『スタンド・バイ・ミー』原作 『The Body』

『ことの終わり』原作 『The End of Affair』

『ダ・ヴィンチ・コード』原作 『The Da Vinci Code』

『サイダーハウス・ルール』原作 『The Cider House Rules』

■英語力に比較的自信のある人に ~上級編
『ザ・デッド/「ダブリン市民」より』原作 『The Dead』

『クリスマス・キャロル』原作 『A Christmas Carol』

『ジョイ・ラック・クラブ』原作 『The Joy Luck Club』

『めぐりあう時間たち』原作 『The Hours』

『イン・カントリー』原作 『In Country』

『偶然の旅行者』原作 『The Accidental Tourist』

『シークレット 嵐の夜に』原作 『A Thousand Acres』

『華麗なるギャッツビー』原作 『The Great Gatsby』

『眺めのいい部屋』原作 『A Room with A View』

『エイジ・オブ・イノセンス』原作 『The Age of Innocence』

『プライドと偏見』原作 『Pride and Prejudice』

『羊たちの沈黙』原作 『The Silence of the Lambs』

『デッドマン・ウォーキング』原作 『Dead Man Walking』

『風と共に去りぬ』原作 『Gone with the Wind』

『Jの悲劇』原作 『Enduring Love』

『カッコーの巣の上で』原作 『One Flew Over the Cuckoo's Nest』

『白いカラス』原作 『The Human Stain』

『シッピング・ニュース』原作 『The Shipping News』

『ハワーズ・エンド』原作 『Howards End』

『ある貴婦人の肖像』原作 『The Portrait of a Lady』

『ダロウェイ夫人』原作 『Mrs Dalloway


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

英語 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/10/25(月) 23:02 ]

<<『なぜ人は市場に踊らされるのか?』の参考文献リンク集 | ホーム | 『お客様を3週間でザクザク集める方法』の参考文献&お役立ちサイトリンク集>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://honkarali.blog68.fc2.com/tb.php/204-fdbf4b8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 ほんからり  ~本からいろいろリンク~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。