ほんからり  ~本からいろいろリンク~
主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

teru

Author:teru
teruと申します。

主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。またビジネス書、(小説以外の)べストセラー本などのメモ書きなども。あと書評とまでは行きませんが(汗)、コメントや内容などに関してもちょろっと。

本ブログに関しての詳しい紹介は「はじめに」を参照してください。

取り扱ってほしい本のリクエストがあれば、コメントとして記入、または以下のメールフォームを使用してメールを下さい。

本ブログでは、各エントリーでアフィリエイトを行っています。現時点で収入はほとんどありませんが(汗)、利益が出れば新しい本の購入代にあてたいと考えております。

ツイッターのアカウントは以下の通り。
http://twitter.com/yokohamateru

別ブログで「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」って言うのをやっています。本のリンク集以外のネタはそちらで。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

『お金持ちになるマネー本厳選50冊』のマネー本厳選50冊リンク集
今回は『お金持ちになるマネー本厳選50冊』水野俊哉著(講談社、2008)です。


(はじめにより)
「本書は、書店に並ぶ数万冊の投資本からジャンル別に50冊をピックアップし、それぞれの本の内容を「ひとこと」で要約し、推奨されている投資法を箇条書きにしています。その本で推奨されている投資法をスタートするのに必要な資金や想定利回りも掲載したので、50冊のカタログを眺めるだけでも、現在の自分に合っていそうな本を探す手助けになると思います。」という本。「本書の目標は「マネー本業界のクロサギ」だと最初に申し上げておきます。」とも謳ってあります。

水野俊哉さんの著書は『「ビジネス書」のトリセツ』『成功本50冊「勝ち抜け」案内』など、本ブログでも紹介しておりますが、本書はマネー本を中心に書かれております。

本書の中で、書評意外にも、以下のようないろいろとタメになりそうな言葉があります。

・投資本に関しては「要注意出版社」と私がマークしている扶桑社から出た本。なにが要注意かというと「一発逆転」系のハイリスク・ハイリターンな投資法を推奨しているケースが多いからです。

・さて、数百冊のマネー本から導き出された「理論上最も正しい投資法」を発表します。様々な手法、理論が存在しますが、消去法によりノーベル経済賞受賞者ハリー・マーコビッツ氏の「モダンポートフォリオ理論」に則った「アセットアロケーション&リバランス法」と「グローバル分散投資」の2つだけが残りました。

・チャートやファンダメンタリズム分析で明日の株価を予想したり、プロのファンドマネジャーにお金を運用してもらったり、FXやデイトレや日経225などでギャンブルする必要もありません。

・結論としましては、人生で一番大事なものはお金ではありません。おそらく一番大事なのは健康や家族や恋人、友人になるでしょう。

・ただし、お金についての無知が不幸を呼ぶこともありえます。大切なものを守るためにも本書からマネーの知識を身につけていただけると幸いです。


水野俊哉さんによる評価に関して、Amazonの評価とまったく異なる本も多々あるのですが、私の意見としては、Amazonの評価より水野俊哉さんによる評価の方が正しいかなぁ、と思います。


ということで、『お金持ちになるマネー本厳選50冊』のマネー本厳選50冊リンク集(リスト)を。以下の通りです。
なお、マネー本のあとに記載してある文は水野俊哉さんによる「ひとこと」要約、数値は水野俊哉さんによるよる評価(左から読みやすさ、信用度、知識習得度、実用度、コストパフォーマンス)を示しております。


◆マネー本厳選50冊 一覧

■第1章 投資の世界の羅針盤
・『投資戦略の発想法〈2008〉』木村剛著(ナレッジフォア、2007)
版を重ねる国民的「投資の教科書」。4,5,5,4,5

・『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』橘玲著(ダイヤモンド社、2008)
「金融2.0」時代をサバイバルするための海外投資術。5,5,5,4,5

・『お金をふやす本当の常識―シンプルで正しい30のルール』山崎元著(日本経済新聞社、2005)
山崎元の、元祖金融業界にだまされるな!4,5,5,4,5

・『10年先を読む長期投資 暴落時こそ株を買え』澤上篤人著(朝日新聞出版、2008)
長期投資家は暴落時ほど「ごきげん買い」で資産を増やす!4,5,5,5,5

・『お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践』勝間和代著(光文社、2007)
初心者はノーロードのインデックス型投信を買いましょう。4,4,4,3,4
※本ブログでも紹介しています

・『なぜ株式投資はもうからないのか』保田隆明著(ソフトバンク クリエイティブ、2007)
金融のプロのチラ見せ商法にご注意!4,4,4,4,4

・『内藤忍の資産設計手帳のすすめ』内藤忍著(ダイヤモンド社、2007)
目標を立て、時間とお金を手帳で管理する!5,5,4,4,4

・『大前流心理経済学 貯めるな使え!』大前研一著(講談社、2007)
日本政府は資産運用をプロに任せて国民の不満を解消せよ。5,5,5,4,5

・『サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践』中原圭介著(フォレスト出版、2008)
資産は、円預金と海外預金と国内株式に3分割して運用せよ!5,4,4,5,4

・『マネーの未来、あるいは恐慌という錬金術──連鎖崩壊時代の「実践・資産透視学」』松藤民輔著(講談社、2008)
世界恐慌が来ても金は値上がりする!4,4,4,3,4

・『あなたに金持ちになってほしい』ドナルド・トランプ、ロバート・キヨサキ著(筑摩書房、2008)
『金持ち父さん』シリーズに不動産王トランプがゲスト出演!2,5,3,3,3

■第2章 伝説の海外投資家たちから学ぶ
・『冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見』ジム・ロジャーズ著(日本経済新聞社、2006)
グローバル経済の真の姿がわかる投資旅行記。3,5,5,4,5

・『史上最強の投資家バフェットの教訓―逆風の時でもお金を増やす125の知恵』メアリー・バフェット、デビッド・クラーク著(徳間書店、2008)
世界一の億万長者が語るシンプルな法則。5,4,4,3,4
※本ブログでも紹介しています

・『全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦』ジム・クレイマー著(日本経済新聞社、2006)
株式投資も人生も、アグレッシブに運用せよ!3,5,4,4,4

・『ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け』ピーター・リンチ、ジョン・ロスチャイルド著(ダイヤモンド社、2001)
生活者の視点でテンハンガー(10倍株)をみつけよう!4,5,4,4,4

・『マンガ ジョージ・ソロス』黒谷薫著(パンローリング、2004)
マンガで読める「ジョージ・ソロス」伝。5,4,4,4,4

■第3章 だまされない知識をつけるための本
・『投資信託にだまされるな!本当に正しい投信の使い方』竹川美奈子著(ダイヤモンド社、2007)
王様(投資信託)は裸(損)だと最初に言った本。5,5,5,5,4

・『金融商品にだまされるな!』吉本佳生著(ダイヤモンド社、2007)
金融機関にだまされるな!4,5,4,4,4

・『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方』藤沢数希著(ダイヤモンド社、2006)
「投資のプロ」の言うことは信用できません!5,5,5,3,4

・『日本経済 タブーの教科書』別冊宝島編集部編集(宝島社、2008)
日本経済界の"不都合な真実"が満載!4,4,4,4,4

・『貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵』北村慶著(PHP研究所、2006)
貧乏爺さんはデイトレで銭を失い、金持ち爺さんは長期投資で銭増やす。4,4,5,4,4

■第4章 より確実に儲けるために読む本
・『めちゃくちゃわかるよ!経済学』坪井賢一著(ダイヤモンド社、2008)
株式投資への基礎トレーニングの本。5,4,4,4,4

・『一番売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門』ダイヤモンド・ザイ編集部著(ダイヤモンド社、2009)
株式投資の仮免許が取れる本。5,2,4,3,4

・『貯められない女のためのこんどこそ!貯める技術』池田暁子著(文藝春秋、2007)
貯金ができれば人生も変わる!5,5,3,5,5

・『あなたを変える「稼ぎ力」養成講座 決算書読みこなし編』渋井真帆著(ダイヤモンド社、2006)
理屈よりも「わかるが勝ち!」。5,4,4,4,5

・『マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール』マックス・ギュンター著(日経BP社、2005)
すべての投資は「賭け」である。3,5,4,4,4

・『なぜか日本人が知らなかった新しい株の本』山口揚平著(ランダムハウス講談社、2005)
企業価値を見抜き、割安な価格で株を買う!5,5,4,3,5

■第5章 お金持ちになるための下準備
・『バビロンの賢者に学ぶ錬金術』ジョージ・サミュエル・クレーソン著(かんき出版、2008)
古代バビロンも格差社会だった!4,4,4,4,4

・『私の財産告白』本多静六著(実業之日本社、2005)
職業を道楽化して、倹約すれば億万長者になれる!2,5,4,4,4

・『世界一読みたかった お金の聖書(バイブル) 幸せで豊かになる力が、絶対身につく本』ザビエル著(PHP研究所、2005)
大富豪の考え方を身につけろ!4,3,3,3,4

・『億万長者 専門学校』クリス岡崎著(中経出版、2008)
億万長者になるための自己啓発セミナー本。2,2,3,2,2

・『普通の人がこうして億万長者になった ― 一代で富を築いた人々の人生の知恵』本田健著(講談社、2008)
妻や周りの人を大事に、応援されるよう努力しましょう!5,4,4,4,5

・『黒リッチってなんですか?―日本のニューリッチ「富裕四族」を徹底研究』博報堂お金持ち勉強会著(集英社、2007)
「黒リッチ」の黒は●●●●の色のことです!5,5,4,3,4

・『日本のお金持ち妻研究』森剛志、小林淑恵著(東洋経済新報社、2008)
お金持ち妻になるにはマネーリテラシーが必要!4,5,5,3,4

■第6章 投資の世界を解剖する
・『敗者のゲーム なぜ資産運用に勝てないのか』チャールズ・エリス著(日本経済新聞社、2003)
どんなプロも納得の負けない投資術!3,5,3,4,4

・『投資の科学 あなたが知らないマーケットの不思議な振る舞い』マイケル・J・モーブッシン著(日経BP社、2007)
あなたの行動は科学的に説明できる!5,5,5,2,5

・『まぐれ ― 投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか』ナシーム・ニコラス・タレブ著(ダイヤモンド社、2008)
「黒い白鳥」について考える本。4,5,5,3,4

・『天才数学者はこう賭ける―誰も語らなかった株とギャンブルの話』ウィリアム・パウンドストーン著(青土社、2006)
無人島に一冊だけ持っていくとしたら選ぶ本。2,5,5,4,5

・『経済は感情で動く―― はじめての行動経済学』マッテオ・モッテルリーニ著(紀伊國屋書店、2008)
人間の脳は合理的な判断ができないのだ!4,5,4,4,5
※本ブログでも紹介しています

・『最強ヘッジファンドLTCMの興亡』ロジャー・ローウェンスタイン著(日本経済新聞社、2005)
経済の動きは理論では計れないと実証してしまった人達の本。4,5,4,4,4

■第7章 投資ジャンルあれこれ
・『FX革命!』南緒著(扶桑社、2008)
FXは最強のギャンブルだ!5,2,3,1,2

・『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券会社編』橘玲、海外投資を楽しむ会著(ダイヤモンド社、2008)
現時点で最高の海外投資ガイドブック。5,5,4,5,5

・『相場ローテーションを読んでお金を増やそう』岡崎良介著(日本経済新聞出版社、2008)
相場の規則性をついに発見!3,3,2,3,3

・『世界一わかりやすい!株価チャート実践帳』渋谷高雄著(あさ出版、2008)
株価チャートに線を引く練習帳。4,1,2,1,1

・『超安全に、2年半で株価3倍! 新・サカキ式「大化け割安株」投資実習―現役大学教授、Prof.サカキの「バリュー株投資理論」が劇的に進化!』榊原正幸著(ダイヤモンド社、2008)
大学教授が考えた会計学を応用した投資理論!5,4,4,4,4

・『1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法』金森重樹著(ダイヤモンド社、2005)
頭金ゼロのフルローンでアパートの1棟買い。3,2,3,4,4

・『これ以上やさしく書けない金投資入門―“2000ドルへの大相場”をとらえて資産を殖やそう!』植田進著(有楽出版社、2008)
金価格は5倍になる!4,3,4,3,3

・『ETF投資入門 上場投信・徹底活用ガイド』太田創著(日経BP社、2008)
ETFの上手な使いこなし方が学べます。4,5,4,4,4

・『名波はるか&Kumaさんが教える!![日経225&mini]で始めるシステムトレード入門』名波はるか、Kuma著(扶桑社、2008)
日経225とシストレが同時に学べる本!5,2,3,3,2

・『世界をよくする簡単な100の方法 社会貢献ガイドブック』斎藤槙著(講談社、2008)
株式投資で「いいコト」へ投票しよう!5,5,5,5,4



※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:お金の本 - ジャンル:株式・投資・マネー

資産運用 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/01/01(金) 06:25 ]

<<『東京玄米ごはん』の玄米がおいしいお店 20店 | ホーム | 『ユダヤの商法』のユダヤの商法 96法則 PART4~PART6編>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://honkarali.blog68.fc2.com/tb.php/157-7099e17b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 ほんからり  ~本からいろいろリンク~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。