ほんからり  ~本からいろいろリンク~
主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

teru

Author:teru
teruと申します。

主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。またビジネス書、(小説以外の)べストセラー本などのメモ書きなども。あと書評とまでは行きませんが(汗)、コメントや内容などに関してもちょろっと。

本ブログに関しての詳しい紹介は「はじめに」を参照してください。

取り扱ってほしい本のリクエストがあれば、コメントとして記入、または以下のメールフォームを使用してメールを下さい。

本ブログでは、各エントリーでアフィリエイトを行っています。現時点で収入はほとんどありませんが(汗)、利益が出れば新しい本の購入代にあてたいと考えております。

ツイッターのアカウントは以下の通り。
http://twitter.com/yokohamateru

別ブログで「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」って言うのをやっています。本のリンク集以外のネタはそちらで。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

『IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣』の仕事のコツと習慣の87 HACKSと参考文献&掲載品リンク集
今回は『IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣』原尻淳一、小山龍介著(東洋経済新報社、2006)です。


(Amazonの出版社/著者からの内容紹介より)「米国シリコンバレーでブームとなっている「LIFE HACKS」(ライフハックス)を、アイデア生産を中心に日本人向けに解説。知的生産にスグに役立つノウハウが満載の本。」という本。

えーと、はじめには対談だし、見返しはHACKS!の見出しだし(汗。

HACKS!シリーズは本ブログで取り扱うの、初めてでしたね。今後も機会を見てメモ書きとしてUPしていこうかと。

まあ本書は仕事のコツとその習慣に関するHACKSがいろいろと記載されていますね。ってそのまんまですけど(汗。

すでに実践していたことや、なるほど!と思うことがいろいろとありますが、ただ一点、「肉を食べない」というのは見出しと内容(脳のため糖質を素早く取れる食事をする)が一致しないので、なぜ「肉を食べない」という見出しにしたのか、謎ですけど…。タンパク質も糖質もほどほどにまんべんなく接種すればいいような気がしますが。極端な食事理論は私はあまり支持しないので。

とまあ、それ以外は充分納得できるものなので、87個におよぶHACKSをメモ書きとして。また各HACKS内で、参考文献やお薦め商品、WebSiteなど紹介もされているので、これらもついでにメモ書きします。


ということで、『IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣』の仕事のコツと習慣の87 HACKSと参考文献&掲載品リンク集(リスト)を。以下の通りです。

◆仕事のコツと習慣の87 HACKSと参考文献&掲載品 一覧
■情報ハック メモとノート
・01 ケータイのストラップにペンをつける。

・02 アイデアは名刺入れにしのばせる
 ※書いたアイデアはなくさないように名刺入れに入れる。

・03 アイデアは一刻も早く忘れる
 ※次のアイデアを出すため、すでにメモしたアイデアは忘れる。

・04 アイデアメモは一刻も早く捨てる
 ※メモを溜め込まず、活用して捨てる。

・05 ボイスメモでコトバを引き出す

・06 ブログでアイデアを発表する

・07 ケータイメモ発想法
 ※携帯のメモ機能使用。使えるアイデアだけ、自宅と会社にメール送信。

・08 ノートは時間で管理する

・09 書類はプロジェクトフォルダにまとめる
『「超」整理法―情報検索と発想の新システム』野口悠紀雄著(中央公論社、1993)
[鞄]ビクトリノックス『Web Velocity』

・10 マインドマップによるメモ術
[ソフト]FreeMind ※FreeMind活用クラブ

・11 メモとノート
 ※情報のフローとストックを意識して整理していく。

■時間管理ハック 習慣と隠し味
・12 スケジュールはパソコンで管理する

・13 一週間の予定は金曜の夜、確認する

・14 柔らかいスケジュール
 ※余裕をみてスケジュールを組んでおく。

・15 十五分以上かかる作業は、すべてスケジュールへ組み込む
[ソフト]check*pad

・16 ToDoリストは細切れ時間の活用に使う

・17 駅ひとつ分、音楽三曲分のアイデア
 ※リラックスした時間を活用してアイデアを出す。

・18 一週間のスケジュール表を使い倒す

・19 三か月予定表の使い方
 ※中期的な視野でのスケジューリング。

・20 他人のスケジュールも書き込む

・21 十五分ミーティングのススメ
 ※打ち合わせの目的が進捗管理ならば。

・22 習慣と隠し味
 ※習慣化しながら、ちょっとしたスパイス、隠し味を加えていく。

■整理ハック 物語とデータベース
・23 鶴見良行の仕事術に見るデータベース・ハック
 ※物語を肉付けするツールとしてデータベースが重要。
『知的生産の技術』梅棹忠夫著(岩波書店、1969)

・24 手帳に自分の辞書をつくる
 ※覚えるということよりも、その場ですぐ答えられることが重要。

・25 ★★★マイ・ミシュランガイド
 ※お店の名刺をもらってうまいものメモ、オススメ度を追記して手帳に貼る。

・26 名刺クリップで人脈を整理する
 ※仕事を通じて深い関係を築いている人だけ、すぐに取り出せるように「クリップ」で束ねる。

・27 読みたい本、会いたい人は携帯の注目リストに入れる

・28 本棚を知のデータベースに変える
 ※グルーピング→本同士をつなげる→グループ同士をつなげる。

・29 論文作成ツールとしてのmixi
 ※書評のデータベースや論文作成のツールとして活用。

・30 写真で物語データベースをつくる

・31 覚えにくい事柄は物語で記憶する

・32 タクナビは部下ナビに通じる
 ※タクシーの運転しをナビゲーションするのと部下をナビゲーションするのは通じるものがある。

・33 物語とデータベース
 ※物語とデータベースの間は、行ったり来たりを繰り返す。

■五感ハック モードとスタイル
・34 思考は生理現象
 ※アイデアが出ないのは、環境のせいである可能性が高い。

・35 夜は午後九時前に寝る
 作業量をざっと見積もった上で、早めに寝てしまう。

・36 睡眠ハック
 ※睡眠にも集中が必要。
[グッズ]テンピュール社の『スリープマスク』

・37 朝シャワーはアイデアシャワー
 ※朝起きてシャワーを浴びると、頭がフル回転してアイデアが出やすい。

・38 秘密の花園を見つける
 ※誰にも迷惑をかけず、ひとりになれる場所を持っておくのが大切。

・39 オフィスで茶会をひらく
 ※食事後に抹茶を飲むと、午後の作業効率がすばらしく向上する。
[グッズ]茶都で扱っている『抹茶セット』

・40 単純作業が刺激する創造力
 ※アイデアが出ずに行き詰まったときには、結果がすぐに出る単純作業をやる。

・41 万年筆を使って線を引く
 ※心地よさにまかせて文字を書いていると、アイデアが出やすい。

・42 困ったら現場に飛び込む

・43 歩くスピードは一秒に二歩
 ※ストレスを解消する「セロトニン」が出やすい。
『「歩く!」仕事術―能率を上げる 発想がひらめく』二木紘三著(アーク出版、2005)

・44 自分のテーマソングを流す
 ※ある気分、モードへ切り替えるためのテーマソングを設定しておく。
『胎児の世界―人類の生命記憶』三木成夫著(中央公論新社、1983)

・45 仕事を始めるための儀式を決める

・46 肉を食べない
 ※脳に必要なのはタンパク質ではなく、糖質。

・47 モードとスタイル
 ※アイデアを出すためのモードとスタイルを常に意識する。

■思考ハック 出会いと別れ
・48 ふたつの発想ルート
 ※演繹法による登山ルート、「可能性」に目を向ける帰納法ルート。

・49 アイデアを裏返す陰陽ハック
 ※常にものごとの「裏」を考える。
『知の編集術』松岡正剛著(講談社、2000)
『知の編集工学』松岡正剛著(朝日新聞社、2001)

・50 本質を切り取るトライアングル・ハック
 ※ものごとも究極的には三つの要素としてとらえることができる。

・51 アイデアはアナログで考える
 ※筆跡や紙の色、曲がり具合など、さまざまな付加情報があるため、記憶に残りやすく、直感的に理解しやすい。

・52 ボイストーンを変える
 ※声は人の内面と呼応しやすい。プレゼンの成否を分けるのは内容ではなく、ボイストーン。
『人は見た目が9割』竹内一郎著(新潮社、2005)
『ひとつ上のプレゼン。』眞木準著(インプレス、2005)

・53 「いいもの」をたくさん見る

・54 ポジショニングマップでイメージ思考
 ※誰もが簡単に、イメージを使って思考することができる。

・55 マンダラートを一工夫
 ※3×3のマスで真ん中にテーマ、まず上下左右に発想を広げ、そのあと四隅を埋める。この四隅が新しいアイデア。

・56 雑誌を破ってコラージュシートを作る
[カタログ]Web Design Index

・57 シソーラス・ハック
 ※どんどん連想して広げていくアプローチ。
『角川類語新辞典』大野晋、 浜西正人著(角川書店 、1981)
[Web]株式会社言語工学研究所のシソーラス辞書 ※現「類語.jp
[Web]Theaurus.com

・58 パワーポイントで「ひとりアイデア・ブレスト」

・59 Googleはなんでも知っている?
 ※探したいテーマに隣接した言葉を導き出すことが有効
[Web]オーバチュアやGoogle AdWordsなどの検索キーワードチェック
※オーバチュアは終了。

・60 不足は友人のネットワークでおぎなう

・61 ネットで知らない他人に聞く

・62 ハードディスクは宝の山
[ソフト]Google デスクトップ検索サービス

・63 話すときに「結論を先にいわない」
 ※前提条件を確認して(クローズドクエスチョン)から結論を話す。

・64 出会いと別れ
 ※アイデアとの出会いと別れを上手に演出する。

■発想ハック 方法と視点
・65 リスペクトできる人の方法を盗む

・66 分母を入れ替えて自分の価値を高める
 ※活躍の場をさまざまな領域へ移していくことを「分母の入れ替え」と呼ぶ。

・67 新しい分母を作る
 ※まったく違う勝負の土俵を作ってひとり勝ちする。
『ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する』W・チャン・キム、レネ・モボルニュ著(ランダムハウス講談社、2005)

・68 マトリックスのかけ算
 ※新しい意味を生み出すにはかけ算が必要。

・69 構造を持ち込む
 ※まったく違う領域の構造を持ち込む。
『エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」』河邑厚徳、グループ現代著(日本放送出版協会、2000)

・70 モノマネ四天王
 ※発想法もモノマネと同じで、マネする人の発想の特徴をとらえる。

・71 視点を入れ替える

・72 目線を下げる技術
 ※相手に合わせて、いかに視点を自由自在に変えられるか。

・73 自分の勝ちパターンを持っておく
『巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは』野村克也著(角川書店、2006)

・74 髪型を変えて自分のパターンを破る
 ※これまでのパターンの意味を理解し、精度を高めるきっかけになる。

・75 旅に出よう
 ※行動範囲の広さと定期用能力の高さの資質を磨くため。

・76 いいものにはワケがある
『「できる人」はどこがちがうのか』斎藤 孝著(筑摩書房、2001)
『私的ブランド論―ルイ・ヴィトンと出会って』秦郷次郎著(日本経済新聞社、2006)

・77 メッセージに目を向ける
 ※人間は感情的な生き物だが、重要なのは感情よりもメッセージはアイデアそのもののはず。

・78 方法と視点
 「視点」は自在に、しかし「方法」は自分に引き寄せる。

■意思決定ハック プライオリティとセレンディピティ
・79 迷ったら、とにかく他人に話せ

・80 上司を動かすとやる気がでる

・81 あなたの仕事は八割が無駄?
 ※「パレート法則」を平均比率と仮定し、自分の仕事を見直し、それ以上の業務パフォーマンスができるように、意識を高めていく。

・82 ルールを設定すると仕事にアクセントがつく

・83 大切なことほどあと回しにされる
 ※緊急度が高い仕事を優先しすぎて、重要度を後回しにしてしまう傾向がある。

・84 会議四法 - 会議で最低限守るべきこと
 ※ゴール(決定事項)を設定する、ルール(法則)を設定する、ロール(役割)を設定する、ツール(道具)を設定する。

・85 アジェンダと議事録はセットで使う

・86 セレンディピティ・ポケット
 ※セレンディピティ(偶有性)を取り入れるポケットを持つということが、アイデアをジャンプアップさせる重要な鍵。
『「脳」整理法』茂木健一郎著(筑摩書房、2005)

・87 人生のプライオリティ メメント・モリ(死を想え)
 ※余命宣言されなくても、やらなければならないことをやり遂げるべき。しかし、それを忘れている。

・88 予告ホームランは気持ちがいい
 ※最後まで諦めないで、あくまでも自分がやると決めたことに邁進する。

・89 プライオリティとセレンディピティ
 ※八割の意思決定についてはプライオリティをつけることで迅速に行いながら、あとの二割はセレンディピティを受けるために空けておく。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

ビジネス一般 | トラックバック:1 | コメント:0
[ 2009/12/27(日) 04:37 ]

<<『京都とっておき和菓子散歩』の掲載店リンク集 | ホーム | 『フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略』のフリーを利用した50のビジネスモデル>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://honkarali.blog68.fc2.com/tb.php/153-cf76e9c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【推薦本】IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣 原尻 淳一 小山 龍介
◆本日の『人生を変える一冊!』 【80】 &amp;gt;(089) 『IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣』 東洋経済新報社 06年7月 原尻 淳一 小山 龍介原尻 淳一 小山 龍介 おすすめ平均 著者のアイデアが具体的ちょっとしたノウハウが便利で参考になりました。具体…
ビジネス本でバージョンアップ2.0! | 2010/11/02(火) 05:29

copyright © 2017 ほんからり  ~本からいろいろリンク~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。