ほんからり  ~本からいろいろリンク~
主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

teru

Author:teru
teruと申します。

主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。またビジネス書、(小説以外の)べストセラー本などのメモ書きなども。あと書評とまでは行きませんが(汗)、コメントや内容などに関してもちょろっと。

本ブログに関しての詳しい紹介は「はじめに」を参照してください。

取り扱ってほしい本のリクエストがあれば、コメントとして記入、または以下のメールフォームを使用してメールを下さい。

本ブログでは、各エントリーでアフィリエイトを行っています。現時点で収入はほとんどありませんが(汗)、利益が出れば新しい本の購入代にあてたいと考えております。

ツイッターのアカウントは以下の通り。
http://twitter.com/yokohamateru

別ブログで「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」って言うのをやっています。本のリンク集以外のネタはそちらで。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

『金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか』の推奨本リンク集
今回は『金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか』吉本佳生著(光文社、2005)です。


2007年に結構売れた本で『投資信託にだまされるな!本当に正しい投信の使い方』竹川美奈子著(ダイヤモンド社)というのがあります。

ご存知の方も多いかと思いますが前半は金融商品広告に騙されないようにするためのポイント、後半はお勧めの投資信託商品(ほとんどがインデックスファンドですが)、という二部構成になっています。

私も読んだのですが、後半はいいとして、前半ははっきり言って"盗作"じゃないでしょうか?インターネット上ではこれを指摘している人、いないのですが・・・。

私は今回紹介する『金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか』を先に読んでいたので、『投資信託にだまされるな!』を読んで「この本、吉本佳生さんのぱくりじゃない?それとも一緒に書いたのかな?」と思ったのですが、最後のお礼のところに吉本佳生さんの名前は載っておらず、あれあれ??と。このように感じたのは私だけなのでしょうか?図の雰囲気すら似ていますから。

実際、『金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか』の方が金融商品広告の騙し方のテクニックが詳しく書いてありますので、金融会社に騙されないようにするためには必読の本ではないでしょうか?

なお、この本の"はじめに"で、吉本佳生さんは以下のように書かれていますが、うまいこと書いてあるなぁ、と感心した次第であります。
「これまでに筆者が書いた本の読者には金融関係の人たちも多いようですので、本当はあまり過激なことを書きたくないのですが、筆者にとってのお得意様が怒るのを覚悟で、あえて申し上げます。筆者は、銀行や証券会社や保険会社などの金融機関は、歓楽街にある"風俗産業"と同じような商売のやり方をしていると思っておけば、おおむね正しいイメージでつきあうことができる、と考えています。」


ということで、『金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか』の金融商品広告に騙されたくない人はこの著者の本を読もう!という(参考文献ではなく)推奨本リンク集(推奨本リスト)を。以下の通りです。

◆推奨本

・『金融消費者のためのファイナンシャル・リテラシー―株式・投信・預金・保険等で失敗しないための最低限の知識』楠本くに代著(近代セールス社)

・『買ってはいけない「金融商品」のからくり』鈴木雅光著(主婦の友社)

・『金融犯罪―個人の資産を狙う闇経済ネットワーク』鈴木雅光著(実業之日本社)

・『お金がふえるシンプルな考え方―マネーのルール24』山崎元著(ダイヤモンド社)

・『山崎元のオトナのマネー運用塾―自己責任で真剣に楽しむ人のための96項』山崎元著(ダイヤモンド社)

・『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門』橘玲著(幻冬舎)

・『得する生活―お金持ちになる人の考え方』橘玲著(幻冬舎)

・『雨の降る日曜は幸福について考えよう Think Happy Thoughts on Rainy Sundays』橘玲著(幻冬舎)

・『金融工学の悪魔―騙されないためのデリバティブとポートフォリオの理論・入門』吉本佳生著(日本評論社)

・『「投資リスク」の真実―損をしない資産運用25の基本講座』吉本佳生著(PHP研究所)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:お金の本 - ジャンル:株式・投資・マネー

資産運用 | トラックバック:0 | コメント:1
[ 2009/07/14(火) 23:03 ]

<<『得する生活―お金持ちになる人の考え方』の参考文献リンク集 | ホーム | 『お金持ちになれる黄金の羽の拾い方』の参考文献リンク集>>

コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| # | 2013/11/06(水) 00:36 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://honkarali.blog68.fc2.com/tb.php/15-c315b20d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 ほんからり  ~本からいろいろリンク~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。