ほんからり  ~本からいろいろリンク~
主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

teru

Author:teru
teruと申します。

主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。またビジネス書、(小説以外の)べストセラー本などのメモ書きなども。あと書評とまでは行きませんが(汗)、コメントや内容などに関してもちょろっと。

本ブログに関しての詳しい紹介は「はじめに」を参照してください。

取り扱ってほしい本のリクエストがあれば、コメントとして記入、または以下のメールフォームを使用してメールを下さい。

本ブログでは、各エントリーでアフィリエイトを行っています。現時点で収入はほとんどありませんが(汗)、利益が出れば新しい本の購入代にあてたいと考えております。

ツイッターのアカウントは以下の通り。
http://twitter.com/yokohamateru

別ブログで「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」って言うのをやっています。本のリンク集以外のネタはそちらで。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

『海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点』のTOEIC900点突破のための135の法則(THE 135 STRICT RULES) 一覧
今回も『海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点―新TOEICテスト対応』宮下裕介著(扶桑社、2006)です。


前回、第6章に記載してある「TOEIC対策本の査定」に関してまとめましたが、今回は「(TOEIC900点突破のための)135の法則(THE 135 STRICT RULES)」に関してメモ書きを。見出しだけを見てもふむふむ、と感じることがあります。

TOEICに対する勉強法や実試験での対策以外に、モチベーションに関する内容も多いのが本書の特徴でしょうか?


ということで、『海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点』の(TOEIC900点突破のための)135の法則(THE 135 STRICT RULES) 一覧を。以下のとおりです。

◆(TOEIC900点突破のための)135の法則(THE 135 STRICT RULES) 一覧

■第1章 成功のシステムを、脳の中に構築する。
・THE STRICT RULE 001 英会話マーケットのカモにならないこと。

・THE STRICT RULE 002 英語学習に、コスト意識を持とう。

・THE STRICT RULE 003 お金をかけずに、時間を投資しよう。

・THE STRICT RULE 004 投資した時間を、金額に換算してみよう。

・THE STRICT RULE 005 1000時間トレーニングすれば、900点は突破できる。

・THE STRICT RULE 006 どれぐらいの期間で、1000時間に到達するか。

・THE STRICT RULE 007 英語学習は、続けさえすれば成功する。

・THE STRICT RULE 008 トレーニングの時間を毎日、手帳に記録して、集計しよう。

・THE STRICT RULE 009 トレーニング時間を自己管理すること。

・THE STRICT RULE 010 連続トレーニングの日数を、自己ギネス記録として更新しつづける。

・THE STRICT RULE 011 トレーニングの最大の敵は、お酒である。

・THE STRICT RULE 012 トレーニングの2番目の敵は、旅行や出張である。

・THE STRICT RULE 013 トレーニングの3番目の敵は、精神的な悩みである。

・THE STRICT RULE 014 TOEIC 900点の自分をイメージしよう。

・THE STRICT RULE 015 目標を到達するためには、鉄の意志を持つ。

・THE STRICT RULE 016 とにかく、まず100時間。引き返せないところまで、走ってしまう。

・THE STRICT RULE 017 長期間トレーニングを続けるためには、全力疾走しないこと。

・THE STRICT RULE 018 習慣化したトレーニングは、ドラッグのように途中でやめられなくなる。

・THE STRICT RULE 019 1000時間は、知らないうちに到達している。

■第2章 最強のツールを装備する。
・THE STRICT RULE 020 夏目漱石の武器は、音読と乱読だけだった。

・THE STRICT RULE 021 20年前はテープを擦り切れるまで聴いた。5年前は、CDやMDを何十枚も持ち歩いた。

・THE STRICT RULE 022 英語学習の最強の武器は、iPodだ。

・THE STRICT RULE 023 紙の辞書がボロボロになるまで、引いて引いて引きまくれ。

・THE STRICT RULE 024 紙の辞書は、スペルの近い単語を確認できる。

・THE STRICT RULE 025 和英辞典は、ハイブリッドなものがいい。

・THE STRICT RULE 026 英英辞典は、無理して使う必要はない。

・THE STRICT RULE 027 電子辞書は、なくてもかまわない贅沢な装備だ。だが、あれば、最高に便利なものだ。

■第3章 ベーシック・スキルを高めていく。
・THE STRICT RULE 028 リスニングを入口に、英語の基礎力をつける。

・THE STRICT RULE 029 まず、受験勉強の方法論を捨ててみよう。

・THE STRICT RULE 030 CDやテープをBGMのように聞くだけで、知らないうちに英語ができるようになるか?

・THE STRICT RULE 031 英会話学校は、実力を試す実践の場所だ。

・THE STRICT RULE 032 最初に、自分のリスニング力を知る。

・THE STRICT RULE 033 あまりに簡単な単語が聴き取れていないことに、まず驚こう。

・THE STRICT RULE 034 なぜ聴き取れなかったのか?その原因を分類してみよう。

・THE STRICT RULE 035 リスニングの原点は、発音にある。

・THE STRICT RULE 036 発音できない音は、絶対に聴き取れない。

・THE STRICT RULE 037 知らない単語は、絶対に聴き取れない。

・THE STRICT RULE 038 発音が身に付いたら、自然に語彙を増やしていく。ただし、単語の丸暗記はしない。

・THE STRICT RULE 039 リスニングのトレーニングに、映像はないほうがいい。

・THE STRICT RULE 040 最適のテキストを選んだら、その本と徹底的につきあう。

・THE STRICT RULE 041 NHKのラジオ英会話を、iPodで聴く。

・THE STRICT RULE 042 iPodで、浴びるように英語を聴く。音読する。

・THE STRICT RULE 043 間違った発音でいくら音読しても、意味がない。

・THE STRICT RULE 044 リスニングができなければ、シャドウイングはできない。

・THE STRICT RULE 045 シャドウイングができなければ、ディクテーションはできない。

・THE STRICT RULE 046 重要な文章は、音読しながら、ノートに何度も書く。紙に書いたものは、かならず覚えられる。

・THE STRICT RULE 047 英語のトレーニングは、きわめてプリミティブなものだ。

・THE STRICT RULE 048 どうしても飽きたら、歌を使った練習をする。

・THE STRICT RULE 049 どの部分が聴き取れないのか?なぜ聴き取れないのか?たえず弱点を意識してトレーニングする。

・THE STRICT RULE 050 単語や熟語は、目で覚えるな。音で覚えよう。手で覚えよう。

・THE STRICT RULE 051 どんなに単語を覚えても、知らない単語に出会うことは避けられない。

・THE STRICT RULE 052 英文法は、オタクのように勉強しても仕方ない。

・THE STRICT RULE 053 文章の意味内容を理解するのに必要な英文法は、自然にマスターしよう。

・THE STRICT RULE 054 95%くらい理解できればいい。完璧主義は、むしろ逆効果だ。

・THE STRICT RULE 055 リスニング力がつけば、リーディング力も同時に上がってくる。

・THE STRICT RULE 056 英語をリーディングしている時、あなたの頭の中で、英語の音が鳴っているだろうか?

・THE STRICT RULE 057 英語を読むときは、一方通行。絶対に、返し読みをしない。

■第4章 TOEIC専門スキルを高めていく。
・THE STRICT RULE 058 最初のスコアは、低ければ、低いほどいい。

・THE STRICT RULE 059 会社の査定は簡単には上がらないが、TOEICのスコアは簡単に上がる。

・THE STRICT RULE 060 スコアが伸びない時期は、悩まない。ただし、原因は徹底的に分析する。

・THE STRICT RULE 061 原則として、2か月に1回は、テストを受ける。

・THE STRICT RULE 062 TOEICのスコアが低いのに、英語力のある人はいない。

・THE STRICT RULE 063 ネイティブ・スピーカーには、どうあがいてもかなわない。

・THE STRICT RULE 064 リスニングテストの声は、ノーマルスピード。だから、自然で聴き取りやすい。

・THE STRICT RULE 065 リスニングテストは、リーディングテストでもある。

・THE STRICT RULE 066 リスニングテストの形式に徹底的に慣れてしまう。

・THE STRICT RULE 067 TOEICに必要な語彙は、日常生活とビジネスの2ジャンルだけだ。

・THE STRICT RULE 068 リーディングテストの語彙は、リスニングテストより、はるかに難しい。

・THE STRICT RULE 069 ボキャブラリー強化期間を設定する。

・THE STRICT RULE 070 TOEIC対策本をやりながら、文法の力をつけてしまう。

・THE STRICT RULE 071 テストの1週間前から、文法の問題集をやればいい。

・THE STRICT RULE 072 日常生活で目にする英文を、かならずチェックする。

・THE STRICT RULE 073 ゆっくり英文を読む癖を、絶対につけない。

・THE STRICT RULE 074 タイトルと最初の2、3行が最重要だ。まず、話題がないかを把握する。

■第5章 エキストラ・スキルをENJOYする。
・THE STRICT RULE 075 TOEIC対策だけでは退屈だ。遊びながら英語を楽しむ。

・THE STRICT RULE 076 CNNやBCCを聴かなくても、TOEIC900点はクリアできる。

・THE STRICT RULE 077 AFNは内容が偏っているので、好きな人だけ聴けばいい。

・THE STRICT RULE 078 日経新聞が難しいように、英字新聞は難しい。

・THE STRICT RULE 079 映画を字幕なしに理解できたら、どんなに素晴らしいだろう。

・THE STRICT RULE 080 英語学習雑誌は、中級レベルになったら始める。

・THE STRICT RULE 081 モチベーションを維持させる雑誌や番組をチェックする。

・THE STRICT RULE 082 サッカーや料理。自分の趣味の英語雑誌を読んでみよう。

・THE STRICT RULE 083 村上春樹や吉本ばなな。日本の作家のペーパーバックを読んでみよう。

・THE STRICT RULE 084 ドラえもんを英語で読んでみる。

・THE STRICT RULE 085 YAHOO!U.S.Aで遊ぼう。

・THE STRICT RULE 086 英語で日記を書いてみる。


■第6章 TOEIC対策本の査定(新テスト&IPテスト)。
こちらを参照願います。


■第7章 モチベーションを持続させる方法。
・THE STRICT RULE 097 人間は、やる気が出にくい動物である。

・THE STRICT RULE 098 エネルギーを生み出すには、3つの方法がある。

・THE STRICT RULE 099 人間のエネルギーは、コンプレックスから生まれる。

・THE STRICT RULE 100 人間のエネルギーは、欲望から生まれる。

・THE STRICT RULE 101 人間のエネルギーは、好きだという気持ちから生まれる。

・THE STRICT RULE 102 コンプレックス。欲望。好きな気持ち。そのどれを選ぶか?

・THE STRICT RULE 103 人間は、言い訳の天才である。

・THE STRICT RULE 104 どんなに忙しくても、あまっている無駄な時間はある。

・THE STRICT RULE 105 年齢を言い訳にすれば、もう成長はない。

・THE STRICT RULE 106 誰かのせいにしている限り、なにも変わらない。

・THE STRICT RULE 107 信頼できるコーチになってくれる人を探そう。

・THE STRICT RULE 108 自分の努力をむやみに人に話すと、エネルギーの内圧が下がる。

・THE STRICT RULE 109 英語学習の世界は、スーパーポジティブな世界である。

・THE STRICT RULE 110 他人と自分を比較するのは、やめる。

・THE STRICT RULE 111 過去の自分と現在の自分を、徹底的に比較しよう。

■第8章 IPテスト スコアアップの方法 ※旧TOEICテスト用
・THE STRICT RULE 112 各パートが、英語力の何を試しているか、理解しよう。

・THE STRICT RULE 113 人間は、45分間も集中できない。だから、各パートの時間を記憶する。

・THE STRICT RULE 114 問題の形式を説明するナレーションは聞いてはいけない。

・THE STRICT RULE 115 (PART I)明らかな正解をまたない。頭の中で、消去法をかならず行う。

・THE STRICT RULE 116 (PART II)100% リスニングの問題だから、不安になりやすい。

・THE STRICT RULE 117 PART IIは、シャドウイングの力が試されている。

・THE STRICT RULE 118 (PART III)事前に、どこまで問題や選択肢を読めるかが勝負だ。

・THE STRICT RULE 119 (PART IV)どこまでが問題なのか?最初に把握すること。

・THE STRICT RULE 120 最初の2、3文が聴き取れるかが勝負だ。

・THE STRICT RULE 121 問題用紙への書き込みは、やむを得ない。

・THE STRICT RULE 122 (リーディング全体)すべてを読んでいる時間はない。

・THE STRICT RULE 123 (PART V)何をテストされているか?を瞬時に見抜く。

・THE STRICT RULE 124 (PARTV I)なんか変だな?という英語の嗅覚を身につける。

・THE STRICT RULE 125 (PARTV II)本文の表現を、別の言葉で言い換える選択肢。それが答えだ。

・THE STRICT RULE 126 (その他)LPIテストは、受ける価値があるだろうか?

■第9章 新テスト スコアアップの方法
・THE STRICT RULE 127 (テスト全体)いたずらに新テストを恐れる必要は、まったくない。

・THE STRICT RULE 128 (リスニング全体)わざわざ5カ国の発音を勉強する必要はない。

・THE STRICT RULE 129 新リスニングテストの時間構成を、かならず記憶しよう。

・THE STRICT RULE 130 (PART I・II)PART IとPART IIは、何もかわらない。

・THE STRICT RULE 131 (PART III)PART IIIは、シンプルな構成になり、取り組みやすくなった。

・THE STRICT RULE 132 (PART IV)PART IVは、リスニングの最大のヤマ場になった。

・THE STRICT RULE 133 (リーディング全体)誤文訂正問題がなくなり、ある意味、やさしくなった。

・THE STRICT RULE 134 (PART V・VI)より実践的となり、難しい文法の問題が少なくなった。

・THE STRICT RULE 135 (PART VII)英文を読む総量は、やや増えた。より速く読むスピードを身につけよう。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

英語 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/12/02(水) 23:29 ]

<<『神奈川のうまい蕎麦64選』の掲載店リンク集 | ホーム | 『海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点』のTOEIC対策本の査定リンク集>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://honkarali.blog68.fc2.com/tb.php/134-1f173ecd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 ほんからり  ~本からいろいろリンク~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。