ほんからり  ~本からいろいろリンク~
主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

teru

Author:teru
teruと申します。

主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。またビジネス書、(小説以外の)べストセラー本などのメモ書きなども。あと書評とまでは行きませんが(汗)、コメントや内容などに関してもちょろっと。

本ブログに関しての詳しい紹介は「はじめに」を参照してください。

取り扱ってほしい本のリクエストがあれば、コメントとして記入、または以下のメールフォームを使用してメールを下さい。

本ブログでは、各エントリーでアフィリエイトを行っています。現時点で収入はほとんどありませんが(汗)、利益が出れば新しい本の購入代にあてたいと考えております。

ツイッターのアカウントは以下の通り。
http://twitter.com/yokohamateru

別ブログで「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」って言うのをやっています。本のリンク集以外のネタはそちらで。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

『それは失敗する株式投資です!』の失敗する株式投資一覧
今回は『それは失敗する株式投資です!』足立武志著(日本経済新聞出版社、2009)です。


(まえがきより)「株式投資で成功する人とそうでない人の大きな差は、大失敗をするかしないか、と言っても過言ではありません。失敗したときのダメージが小さいうちに芽を摘み、大失敗につながらないような行動ができるようになるだけで、株式投資での成功に大きく近づくはずです。1人でも多くの個人投資家が、「勝ち組」となり、株式投資で財産形成をなして豊かな生活を送っていただければ幸いです。そのために、本書が少しでもヒントとなれば筆者としてもうれしい限りです。」という本。

まずは失敗を減らしましょう、という観点から、株式投資における様々な失敗する方法が明記されております。「そのとおり!」という内容も多いので、結構役に立つかと。

ただ、著者はファンダメンタル分析よりテクニカル分析のほうがいい!とうたっておりますが、う~ん、この一点だけはどーしても納得できないかなぁ・・・。本書でもいろいろとチャートを基に「ここで買い、ここで売り」とか「(チャートから)いついつが業績のピークであることを教えてくれた」と書かれていますが、それって単なる結果論じゃ・・・と思ってしまいます。チャートは過去の株価を示しているだけで、これから先、どの様に変化するか、なんてことは示してないですから!(示しているのであれば、みんな大金持ちですから。)

と、私はテクニカル分析に関してはちょっと批判的なのですが、それを差し引いても「株式投資に対する様々な失敗」は参考になるかと思います。

本書で記載された内容を、「失敗する株式投資一覧」としてメモ書きします。


ということで、『それは失敗する株式投資です!』の失敗する株式投資一覧を。以下の通りです。


◆失敗する株式投資 一覧
■見直そう!株式投資の基本姿勢
1.短期間で資産を大きく増やそうとすると失敗する
→大もうけと大損は表裏一体の関係

2.失敗を他人のせいにすると、さらに失敗する
→他人の意見を参考に投資しても、結果はすべて自分が背負う

3.余計な情報を得ると失敗する
→「予想」の情報は過信しないこと

4.チャンスと思って大勝負すると失敗する
→チャンスと思ってもまずは控えめに投資を

■知っておきたい本当の常識
1.アナリストの「株価見通し」や「目標株価」に頼ると失敗する
→アナリストの投資判断は無視しても構わない

2.勤務先の自社株買いで資産形成を目指すと失敗する
→自社株を買う資金を他の投資に回した方がリスク回避につながる

3.日経平均株価やTOPIXだけに注目すると失敗する
→指数ではなく個別銘柄に注目して売り時・買い時の判断を

4.業績に関係なく株価が上下する理由を知らずにいると失敗する
→株価は業績や景気のよしあしに関係なく需給で動くことも多い

5.応援したい会社の株に長期投資すると失敗する
→応援したい会社といえども、見切りは必要

6.株価は業績や景気に先行すると気づかなければ失敗する
→業績や景気より株価の動きに注目しよう

7.長期・分散投資は万能と思っていると失敗する
→長期・分散投資で失敗するとやり直しがきかない

■失敗しないための銘柄選びの極意
1.将来の成長が期待できる会社を探そうとすると失敗する
→将来のお宝銘柄ではなく、普通の銘柄を安く買った方が結果がついてくる

2.PERが低ければ割安と思っていると失敗する
→PERそれ自体だけでなく、株価の動きをあわせて注目しよう

3.PBR1倍割れはお買い得と思うと失敗する
→PBRが低い原因が企業自身にあるのか株式市場全体の低迷にあるのかが重要

4.配当目当てで銘柄を選ぶと失敗する
→配当利回りが高すぎるときは何らかのリスクを疑おう

5.株主優待で銘柄を選ぼうとすると失敗する
→株主優待の有無で売り買いのルールを変えてはならない

■失敗しないための「買い」の極意
1.計画性のないナンピン買いは失敗する
→ナンピン買いした株がさらに下がれば損失も膨らむ

2.下落途中に買うと失敗する。
→買うのは株価の下げ止まりを確認してから。

3.短期投資を長期投資に切り替えると失敗する
→長期投資と短期投資は明確に使い分けよう

4.1単位しか買わないと失敗する
→難しい利食いに対応するため1銘柄につき2単位以上投資しよう

5.好材料に飛びついて買うと失敗する。
→好材料が発表されてからも数日様子を見るのが吉

6.保ち合い相場でなんとなく買ってみると失敗する。
→上下どちらに動くか分からないきにはいっそ手を出さない

7.過熱状態の中で飛びつくと失敗する
→株価が大きく上昇しても、焦って買うのはやめましょう

8.売買高に注意しないと失敗する
→売買時には売買高の推移を必ず確認

■失敗しないための「売り」の極意
1.「いまの株価でも書いたいか?」で売りを判断するすると失敗する。
→根拠の薄い主観は株式投資には不必要

2.買値を基準に売り目標を決めると失敗する
→株価の上昇トレンドにはとことんついていこう

3.指値売りと成行売りをうまく使いこなせないと失敗する
→成行と指値を使い分けて確実に利益を確保しよう

4.撤退の決断は迅速にしないと失敗する
→急落時はすばやい撤退が自分の資産を守ることにつながる

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:お金の本 - ジャンル:株式・投資・マネー

資産運用 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/11/06(金) 07:01 ]

<<『投資信託の○と×』のだまされないファンド選びのQ&A 100 一覧 | ホーム | 『大満足!お取り寄せブック』の掲載お取り寄せ品リンク集 洋菓子、和菓子、嗜好品編>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://honkarali.blog68.fc2.com/tb.php/114-1ccf2afe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 ほんからり  ~本からいろいろリンク~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。