ほんからり  ~本からいろいろリンク~
主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

teru

Author:teru
teruと申します。

主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。またビジネス書、(小説以外の)べストセラー本などのメモ書きなども。あと書評とまでは行きませんが(汗)、コメントや内容などに関してもちょろっと。

本ブログに関しての詳しい紹介は「はじめに」を参照してください。

取り扱ってほしい本のリクエストがあれば、コメントとして記入、または以下のメールフォームを使用してメールを下さい。

本ブログでは、各エントリーでアフィリエイトを行っています。現時点で収入はほとんどありませんが(汗)、利益が出れば新しい本の購入代にあてたいと考えております。

ツイッターのアカウントは以下の通り。
http://twitter.com/yokohamateru

別ブログで「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」って言うのをやっています。本のリンク集以外のネタはそちらで。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

『1万人の貯蓄長者から学ぶ6000万円貯める技術』の6000万円の貯め方とお金持ちが実践する節約方法のあれこれ
今回は『1万人の貯蓄長者から学ぶ6000万円貯める技術』坂井武著(マガジンハウス、2009)です。


(見返しより)「お金には貯めるための一定の法則があり、一度貯まったお金は、扱い方次第でいくらでも殖えていくという必然があることに気づきました。1億円・2億円の資産を持っている人は、普通の会社の方でもたくさんいます。あぶない投資をしなくても、誰でも億万長者になれるのです。」という本。

ちょうど同じ時期に似たようタイトルの『忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術』が出ており、こちらも気になったので読んでみました。


著者が貯蓄長者から感じた成功の秘訣としては以下の3点だそうで。
1.小さな貯蓄を何回も行う。
2.貯めたお金は使わない。
3.預金通帳の数は増やす。

って2.がすべてなような気がするのは私だけでしょうか?(汗。それに本書でこのやり方でやっている例は1名しか紹介されていません(汗)。著者が「このやり方ならいける!」と思ったので紹介されているのでしょうか?もっといろいろな貯蓄方法が載っていると思って期待していたのですが・・・。

さらに本書の後半は貯蓄方法ではなく、単なる金融商品の購入時の注意点が列挙されているだけなので、う~ん、本の題名と内容が違いすぎるような気がしてしまいます・・・。

でも、本書の前半は先のやり方を基本として、投資は一切行わず貯蓄のみで6000万円貯める方法が記載されています。よく貯蓄系の本にありがちな「年利何%を基準として複利で・・・」という考え方は一切なく、単純に貯蓄した金額のみで6000万円を目指すというもの。こーゆー考えはあまり見たことないですね。なのでこれができるのであれば、これを日本債券に回して1%ぐらいの年利を考えればもっといくかもしれません。

貯蓄のみで6000万円を目指す方にとっては、本書前半を読むのはいいかもしれません。

と、書きましたが、
・歳を取ればとるだけ賃金が上がる。
・(総支給額ではなく)手取りが月平均換算として25歳時点で330,716円、40歳時点で480,402円として換算されている。
→税金が20%と安めに見ても総支給額としてそれぞれ413,395円、600,502円。
→と言うことは、25歳時で年収500万、45歳時で年収720万円ないとだめ。
・妻が月5~6万円のパートしていること。
というのが前提になっています。うーんこれって中小企業の方だと、昨今の景気では、厳しい方、多いのではないでしょうか?

さらには月々の支出のところで
・住居費が25歳時で37,673円、40歳時で17,001円。
となっています、ほんと?私の周りでこんな人、一人もいませんが・・・。
「経済省統計局家計調査より作成」とありますが、少なくとも、関東関西の中心部のデータじゃないですよね??

実際に
・25歳からの6000万円貯める貯蓄シミュレーション
・40歳からの5000万円貯める貯蓄シミュレーション
をメモ書きしますので、可能かどうか、確認してみてください。

それと、お金持ちが実践する節約方法のあれこれというのが載っていますので、こちらも合わせてメモ書きとして。ってこれが教えられてすんなり出来る人なら、「お金がたまらない・・・」なんてことは言わないと思いますけど(汗)。じゃあこれを出来るようにするためにはどうすべきか?という突っ込んだところが知りたい、という人が多いと思いますけど・・・。

ということで、『1万人の貯蓄長者から学ぶ6000万円貯める技術』の6000万円(or 5000万円)の貯め方とお金持ちが実践する節約方法のあれこれを。以下の通りです。


◆6000万円(or 5000万円)の貯め方
■25歳からの貯蓄シミュレーション
○おまとめ通帳A ※25歳~59歳まで継続
・通帳1 1月~6月 月17,000円×6カ月 = 102,000円
・通帳2 夏のボーナス 100,000円
・通帳3 7月~12月 月17,000円×6カ月 = 102,000円
・通帳4 冬のボーナス 100,000円
→年間404,000円
→上記を25~29歳の5年間継続、5年間の合計202万円をおまとめ通帳Aに入金
→上記の方法で30歳~59歳までにおまとめ通帳Aに継続して積立
→60歳時に1414万円貯まる

○おまとめ通帳B ※30歳~59歳まで継続、おまとめ通帳Aとは別
・通帳1 1月~6月 月+10,000円×6カ月 = 60,000円
・通帳2 夏のボーナス +40,000円
・通帳3 7月~12月 月+10,000円×6カ月 = 60,000円
・通帳4 冬のボーナス +40,000円
→年間200,000円
→上記を30~34歳の5年間継続、5年間の合計100万円をおまとめ通帳Bに入金
→上記の方法で30歳~59歳までにおまとめ通帳Bに継続して積立
→60歳時に600万円貯まる

○以下おまとめ通帳C~Gの内容(やり方はおまとめ通帳A、Bと同じ)
※+○万は左か通帳1および通帳3の増資額、通帳2および4の増資額
おまとめ通帳C:35~59歳、+1万、+4万→年間20万円、60歳時に500万円貯まる。
おまとめ通帳D:40~59歳、+2万、+8万→年間40万円、60歳時に800万円貯まる。
おまとめ通帳E:45~59歳、+2万、+8万→年間40万円、60歳時に600万円貯まる。
おまとめ通帳F:50~59歳、+2万、+8万→年間40万円、60歳時に400万円貯まる。
おまとめ通帳G:55~59歳、+2万、+8万→年間40万円、60歳時に200万円貯まる。

※各年齢での毎月およびボーナス時期の合計金額は以下の通り。
25歳~29歳:月 1万7千円、ボーナス時10万円×2回
30歳~34歳:月 2万7千円、ボーナス時14万円×2回
35歳~39歳:月 3万7千円、ボーナス時18万円×2回
40歳~44歳:月 5万7千円、ボーナス時26万円×2回
45歳~49歳:月 7万7千円、ボーナス時34万円×2回
50歳~54歳:月 9万7千円、ボーナス時42万円×2回
55歳~59歳:月11万7千円、ボーナス時50万円×2回

○おまとめ通帳A~Gの合計
60歳時の合計貯蓄額:4514万円

上記に退職金1500万円加算して、6014万円


■40歳からの貯蓄シミュレーション
○考え方は25歳からのときと同じ、額は以下の通り。
おまとめ通帳A:40~59歳、5万7千、26万→年間120万4千円、60歳時に2408万円貯まる。
おまとめ通帳B:45~59歳、+2万、+8万→年間40万円、60歳時に600万円貯まる。
おまとめ通帳C:50~59歳、+2万、+8万→年間40万円、60歳時に400万円貯まる。
おまとめ通帳D:55~59歳、+2万、+8万→年間40万円、60歳時に200万円貯まる。

※各年齢での毎月およびボーナス時期の合計金額は以下の通り。
40歳~44歳:月 5万7千円、ボーナス時26万円×2回
45歳~49歳:月 7万7千円、ボーナス時34万円×2回
50歳~54歳:月 9万7千円、ボーナス時42万円×2回
55歳~59歳:月11万7千円、ボーナス時50万円×2回

○おまとめ通帳A~Dの合計
60歳時の合計貯蓄額:3608万円

上記に退職金1500万円加算して、5108万円



◆お金持ちが実践する節約方法のあれこれ
お金持ちの節約方法1.買った物は走り書きする(書くことで節約の意識付け)

お金持ちの節約方法2.カードの有効利用1(家計簿つけず、明細書で管理)

お金持ちの節約方法3.カードの有効利用2(家族でお互いの明細書をチェック)

お金持ちの節約方法4.買い物は時間をおいてから(欲しいものはすぐに買わない)

お金持ちの節約方法5.メリハリのあるケチになる(何をケチり、何を贅沢するかを決める)

お金持ちの節約方法6.無駄遣い防止のお守り(祖母からもらったポチ袋など、お金を大切に使おうと思うもの)

お金持ちの節約方法7.買いたい時には通帳を見ながら考える(通帳を見ながら考えると我慢しやすくなる)

お金持ちの節約方法8.財布の現金は少し少なめにする(足りなかったらどうしよう、という気にさせる)

お金持ちの節約方法9.現金管理による意識付け(手触りと目で実感)

お金持ちの節約方法10.全額貯金へのこだわり(妻のパート代はなにがあっても「全額貯金」)

お金持ちの節約方法11.底値のチェック(買う時期や我慢する時期がわかる)

お金持ちの節約方法12.その他(財布にいくら入っているか意識する、お金の使い方を紙に書いて反省し壁に貼る、インターネットで家計簿管理など)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:お金の本 - ジャンル:株式・投資・マネー

資産運用 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/11/02(月) 10:59 ]

<<『大満足!お取り寄せブック』の掲載お取り寄せ品リンク集 野菜、果物、肉類、水産物編 | ホーム | 『「ビジネス書」のトリセツ』のリンク集まとめ>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://honkarali.blog68.fc2.com/tb.php/110-51639586
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 ほんからり  ~本からいろいろリンク~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。