ほんからり  ~本からいろいろリンク~
主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

teru

Author:teru
teruと申します。

主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。またビジネス書、(小説以外の)べストセラー本などのメモ書きなども。あと書評とまでは行きませんが(汗)、コメントや内容などに関してもちょろっと。

本ブログに関しての詳しい紹介は「はじめに」を参照してください。

取り扱ってほしい本のリクエストがあれば、コメントとして記入、または以下のメールフォームを使用してメールを下さい。

本ブログでは、各エントリーでアフィリエイトを行っています。現時点で収入はほとんどありませんが(汗)、利益が出れば新しい本の購入代にあてたいと考えております。

ツイッターのアカウントは以下の通り。
http://twitter.com/yokohamateru

別ブログで「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」って言うのをやっています。本のリンク集以外のネタはそちらで。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

『富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか』の参考文献リンク集
今回は『富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか』高岡壮一郎著(幻冬舎、2008)です。



今までと違って、実はこの本、紹介しようか迷ったんですけど・・・。なんていいますか、本全体から「うさんくささ」がぷんぷん臭ってくるので。よって今回は色物としてのご紹介。

「高岡壮一郎という人による「YUCASEE(ゆかし)」という富裕層(インテリッチ)向けの会員制のネットコミュニティの宣伝本。

富裕層を限定としているわりには、わざわざ一般大衆向けの本まで出して宣伝をする必要があるのか?とちょっと理解出来ない点がありますが・・・。そうゆうのって、富裕層のクチコミで広まるものだと思っていましたが。一般大衆向けに知られた時点で価値が下がってしまう気がするのは私だけでしょうか?

さらになぜかなんの脈略もなく「海外リゾート」や「宇宙からみた地球」、「オペラ座」などの写真が挿入されており、????が頭についてしまいます(笑)。

2009/07/03時点のAmazonでの評価は星5つが17件、星4つが2件、星3つが2件となっておりますが、「星5つが17件」のうち、この本にだけレビューを書いているのが9件もあります。誰かが故意に点数を上げているような気がしないでもないのですが・・・。

本当に富裕層のことが知りたいのであれば、この本の参考文献を参照したほうがいいかと。

ということで、『富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか』の参考文献リンク集(参考文献リスト)を。以下の通りです。

◆参考文献

・『ザ・ニューリッチーアメリカ新富裕層の知られざる実態』ロバート・フランク著(ダイヤモンド社)

・『税金を払わない終身旅行者一究極の節税法PT』木村昭二著(総合法令)

・『日本の所得格差と社会階層』樋口美雄/財務省財務総合政策研究所著(財務総合政策研究所)

・『競争力強化のための6つの戦略 グローバルトップを目指した「企業改革」と
産業構造への転換産業競争力戦略会議中間取りまとめ』経済産業省編集(経済産業省)


・『テレビCM崩壊-マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2.0』Joseph Jaffe著(飛泳社)

・『消費者発信型メディアCGM―Web2.0時代のマーケティング戦略』伊藤史著(毎日コミュニケーションズ)

・『道徳感情論〈上〉』アダム・スミス著(岩波文庫)

・『資本開国論―新たなグローバル化時代の経済戦略 』野口悠紀雄著(ダイヤモンド社)

・『デイヴィド・ヒューム 人性論〈3〉―第2篇 情緒に就いて』デイヴィット・ヒューム著(岩波文庫)

・『ドラッカー名著集8 ポスト資本主義社会』P.F.ドラッカー著(ダイヤモンド社)

・『大前研一「新・資本論」―見えない経済大陸へ挑む』大前研一著(東洋経済新報社)

・『新世代富裕層の「研究」―ネオ・リッチ攻略への戦略 』宮本弘之/尾日向竹信著(野村総合研究所)

・『希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を引き裂く』山田昌弘著(筑摩書房)

・『黒リッチってなんですか?―日本のニューリッチ「富裕四族」を徹底研究』博報堂お金持ち勉強会著(集英社)

・『富裕層ファミリー―「点」より「面」が市場を制する』宮本弘之著(東洋経済新報社)

・『ニュー・リッチの世界 The New Rich World 』臼井宥文著(光文社)
※この本の著者、詐欺容疑で逮捕されてますけど・・・。

・『ロウアーミドルの衝撃』大前研一著(講談社)

・『日本のお金持ち研究』横木俊詔/森剛志著(日本経済新聞社)

・『新マーケットの魔術師―米トップトレーダーたちが語る成功の秘密』ジャック・D.シュワッガー著(ウィザード・ブックシリーズ)

・『リアル・リッチの世界〔セオリー〕vol.9』(講談社MOOK)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:お金の本 - ジャンル:株式・投資・マネー

資産運用 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/07/04(土) 00:10 ]

<<『金持ち父さん貧乏父さん』の参考文献リンク集 | ホーム | 『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』の参考文献リンク集>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://honkarali.blog68.fc2.com/tb.php/10-b486e6de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 ほんからり  ~本からいろいろリンク~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。