ほんからり  ~本からいろいろリンク~
主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

teru

Author:teru
teruと申します。

主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。またビジネス書、(小説以外の)べストセラー本などのメモ書きなども。あと書評とまでは行きませんが(汗)、コメントや内容などに関してもちょろっと。

本ブログに関しての詳しい紹介は「はじめに」を参照してください。

取り扱ってほしい本のリクエストがあれば、コメントとして記入、または以下のメールフォームを使用してメールを下さい。

本ブログでは、各エントリーでアフィリエイトを行っています。現時点で収入はほとんどありませんが(汗)、利益が出れば新しい本の購入代にあてたいと考えております。

ツイッターのアカウントは以下の通り。
http://twitter.com/yokohamateru

別ブログで「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」って言うのをやっています。本のリンク集以外のネタはそちらで。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2013年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

『投資で一番大切な20の教え』の投資で一番大切な20の教え+各章書き出しおよび参考文献リンク集
今回は『投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識』ハワード・マークス(日本経済新聞出版社、2012)です。


結局、本書は「投資のマニュアル本」ではありえないし「投資を確実に成功に導くレンピ」も載っていないけど、成功のカギは「40年以上かけて磨きあげてきた実効性ある投資哲学だ」だから本書を熟読しなさいね!、ってこと?

良書なんですけど、よく読まないと頭の中に入って来ません…。なので何回も読む必要があるかと。

本書には、各章のタイトルが「投資で一番大切な20の教え」であり、さらに各章の書き出しにその章でいいたいことの大まかなこと(本当にざっくり)が記載してあるので、これをメモ書きとして。また、本文中に参考文献が記載されているので、これもメモ書きとして。


ということで、『投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識』の投資で一番大切な20の教え+各章書き出しおよび参考文献リンク集(リスト)を。以下のとおりです。


◆『投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識』の投資で一番大切な20の教え
■1 二次的思考をめぐらす
・投資というアートには、あまり知られていない特性がある。大して努力もせず、能力にも恵まれていない素人の投資家が、大儲けとはいかないまでも、まずまずの利益をあげられることだ。だが、その容易に達する水準からさらに上をめざすには、高い応用力と一片以上の英知が必要である。(ベンジヤミン・グレアム『賢明なる投資家』)

・何事もできるかぎり単純化すべきだが、単純化しすぎてはならない。(アルバート・アインシユタイン)

・投資は簡単なことではない。簡単だと思うのは愚か者である。(チャーリー・マンガー(パークシヤー・ハザウェイ副会長))

■2 市場の効率性(とその限界)を理解する
・理論上、理論と実践の間に違いはないが、実際にはある。(ヨギ・ベラ(元メジャーリーグ選手・監督))

■3 バリュー投資を行う
・投資で確実に成功するには、まず最初に本質的価値を正確に推計することが不可欠だ。さもなければ、投資家として成功しつづけるという夢は、夢のままで終わつてしまう。

■4 価格と価値の関係性に目を向ける
・投資は「良いものを買う」ことではなく、「ものをうまく買う」ことで成功する。

■5 リスクを理解する
・リスクとは、将来、実際に起きることよりも、起こりうることのほうが多いという意味である。(エルロイ・ディムソン(ロンドン・ビジネス・スクール教授))

■6 リスクを認識する
・金融システムは以前よりも安定化している。今後、不安定になるとしたら、それは我々がレバレッジを高め、もつとリスクをとるためだろうというのが私の考えだ。(マイロン・ショールズ(ノーベル経済学賞受賞者))

・一般的には、リスクは景気後退時に増大し、好況期に低下すると考えられている。だがむしろ、リスクは景気拡大期に金融の不均衡が増大することで高まり、景気後退によって顕在化すると考えたほうが妥当かもしれない。(アンドリュー・クロケット(元国際決済銀行総支配人))

・いくらファンダメンタルズが良好だつたとしても、強欲で過ちを犯しやすい人間には、混乱を引き起こす能力がある。

■7 リスクをコントロールする
・要するに投資家の仕事とは、利益を得るために、きちんと理解したうえでリスクをとることだ。これがうまくできるかどうかが、すぐれた投資家とそれ以外とを分け隔てる。

■8 サイクルに注意を向ける
・ほとんどすべてのものにはサイクルがある、と肝に銘じることが必要不可欠だと思う。確信を持って言えることはあまりないが、これだけは確かだ。いつだって、振り返れば物事はサイクルに従って動いている。ひたすら一方向に動きつづけるものなどない。空に届くまで伸びる木はない。また、ゼロになって終わるものもほとんどない。そして、今日の出来事を未来に当てはめることへのこだわりほど、投資家の健康を脅かすものはない。

■9 振り子を意識する
・すべてが順調で価格が高騰しているとき、投資家は慎重さを忘れ去り、買いに殺到する。その後、市場が混乱に陥ると資産はバーゲン品となり、投資家はリスクをとる意欲を完全に失って、売りに殺到する。この繰り返しが永遠に続くのだ。

■10 心理的要因の悪影響をかわす
・飽くことのない欲求、機会逸失の恐れ、他人と比べる傾向、集団の影響力、「確実に儲かるもの」、互いに絡まりあって、ほとんどの投資家や市場に対する幻想。これらはほぼ普遍的な要素でありに強い影響を及ばす。その結果、人は過ちを犯すのだ。そして、その過ちは広範囲にわたり、幾度となく頻繁に繰り返される。

■11 逆張りをする
・周りが意気消沈して売ろうとしているときに買い、周りが高揚した気分で買おうとしているときに、売るには最大限の勇気が必要だが、そうすることで最大限の利益が得られる。(ジョン・テンプルトン卿)

■12 掘り出し物を見つける
・最良の機会は、たいてい周りのほとんどの人が気づいていないものの中から見つかる。
■13 我慢強くチャンスを待つ
・市場はそんなに融通の利く機械ではない。欲しいからという理由だけで、高いリターンをもたらしてはくれない。(ピーター・バーンスタイン(投資コンサルタント))

■14 無知を知る
・予測家には二つのタイプがある。無知な予測家と、自らが無知であることを知らない予測家だ。(ジョン・ケネス・ガルブレイス)

・自分に知らないことがあるかもしれないと考えるのは恐ろしい。だが、もっと恐ろしいことがある。世の中というものが概して、何が起きるのか正確に知っていると信じている人々によって動いていることだ。(エイモス・トベルスキー(心理学者))

・損をする人は二種類いる。何も知らない人と、何もかも知っている人だ。(ヘンリー・カウフマン(エコノミスト))

■15 今どこにいるのかを感じとる
・この先どうなるのかは知る由もないかもしれないが、今どこにいるのかについては、よく知っておくべきだ。

■16 運の影響力を認識する
・時として、起こりそうもない、あるいは不確実な結果が起きるという危険な賭けをした者が、天才のように評価されることがある。だが、それは幸運で大胆だったがために実現したのであり、スキルがあったからではないと認識すべきだ。

■17 ディフェンシブに投資する
・古いタイプの投資家がいる。大胆なタイプの投資家もいる。しかし、古いタイプの大胆な投資家はいない。

■18 落とし穴を避ける
・大きな過ちを犯さないかざり、投資家が正しく行わなければならないことはほとんどない。(ウォーレン・バフエット)

■19 付加価値を生み出す
・付加価値を生み出す投資家のパフォーマンスは非対称だ。上げ相場で達成するリターンの規模(上げ幅)は、下げ相場で被る損失の規模(下げ幅)よりも大きい。相場環境が良いときに、逆境時の損失を超える規模のリターンを得るには、投資家個々のスキルに頼るほかない。これこそが、我々が追求する投資の非対称性だ。

■20 すべての極意をまとめて実践する


◆『投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識』の参考文献 一覧
『バブルの物語』ジョン・ケネス・ガルブレス著(2008)

『まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか』ナシーム・ニコラス・タレブ著(2008)

『証券分析』ベンジャミン・グレアム、デビット・ドッド著(2002)

『市場はいかに失敗するか(How Markets Fail、未邦訳)』ジョン・カシディー著(2009)

『賢明なる投資家 - 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法』ベンジャミン・グレアム著(2000)

『負けないテニス―ドクターレイモーの凡ミス撲滅作戦』サイモン・レイモー著(1980)


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます

スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

資産運用 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2013/02/25(月) 23:35 ]

『英語を学ぶには40歳からがいい』の英語学習の3つの習慣およびおすすめ英語教材リンク集
今回は『英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法』菊間ひろみ著(幻冬舎、2011)です。


結局、40歳のほうが話題豊富だしヤル気があるし、ってこと?

って、タイトルの割には「なぜ40歳からがいいのか?」という説明が少なく、結局何歳でもいいから「英語はこうして学びなさいね」というような本でしたが…。

本書には、英語学習の3つの習慣が明記されているので、これをメモ書きとして。また、本文中に巻末におすすめ英語教材がいろいろと記載されているので、これもメモ書きとして。


ということで、『英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法』の英語学習の3つの習慣およびおすすめ英語教材リンク集(リスト)を。以下のとおりです。


◆『英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法』の英語学習の3つの習慣
・1 音読をする

・2 多読をする

・3 英語表現を覚える

◆『英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法』のおすすめ英語教材 一覧
・NHKラジオ英語講座 『基礎英語』

・NHKラジオ英語講座 『ラジオ英会話』

・NHKラジオ英語講座 『入門ビジネス英語』

・NHKラジオ英語講座 『実践ビジネス英語』

・NHKラジオ英語講座 『ワンポイント・ニュースで英会話』

・NHKテレビ英語講座 『ニュースで英会話』

・テレビ番組 『トラッド・ジャパン』

・テレビ番組 『リトル・チャロ』

・WebSite 『英語力測定テスト』

・WebSite 『ラジオ番組ストリーミング』

・WebSite 『チャロ2オンライン』 ※今は番組の宣伝のみ。

・ドラマ『フルハウス』

・ドラマ『フレンズ』

・音楽 ビートルズ全般

・音楽 カーペンターズ全般

・ペーパーバック Longman Penguin Readersシリーズ

・ペーパーバック Oxford Bookwormsシリーズ

・英字新聞 『Asahi Weekly』

・英字新聞 『The Student Times』

NHKテレビテキスト ギフト E名言の世界

・中学生レベルの文法テキスト
『マーフィーのケンブリッジ英文法(初級編)』
『スワンとウォルターのオックスフォード実用英文法・パートA』

・高校生レベルの文法テキスト
『マーフィーのケンブリッジ英文法(中級編)』
『スワンとウォルターのオックスフォード実用英文法・パートB』


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

英語 | トラックバック:0 | コメント:1
[ 2013/02/16(土) 00:32 ]

『旅 2012年 03月号 懐かしい笑顔に会える、九州の小さな町へ』の掲載店リンク集
今回は今回は『旅 2012年 03月号 懐かしい笑顔に会える、九州の小さな町へ』(新潮社、2012)です。です。


結局、「個性豊かな小さな町の人々が、あたたかい笑顔で迎えてくれるから。美味しいものを食べて、温泉につかって、明日の元気をチャージしましょう。」、ってこと?

『旅』が休刊して1年近くなりますが、やっぱりこの本出ないと、寂しいなぁ…。

本書には、九州の小さな町として大分県日田、大分県鉄輪、大分県臼杵、宮崎県飫肥、福岡県筑豊、熊本県天草、熊本県熊本が紹介されており、それぞれでいろいろなお店・宿などが掲載されているので、これをメモ書きとして。


ということで、『旅 2012年 03月号 懐かしい笑顔に会える、九州の小さな町へ』の掲載店リンク集(リスト)を。以下のとおりです。


◆『旅 2012年 03月号 懐かしい笑顔に会える、九州の小さな町へ』の掲載店 一覧
■大分県日田 天領だった水の郷では、挨拶を交わし元気をもらう
・[寿司]すし処 おこぜ

・[レストラン・喫茶]すてーき茶寮 和くら(ステーキ)

・[麺]三隈飯店(焼きそば)

・[文化財]草野本家

・[宿]旅籠 かやうさぎ(琴平温泉)

・[焼き物]小鹿田(おんた)の里

■大分県鉄輪 鉄輪温泉で、二泊三日の湯治休暇
・[地獄蒸し]地獄蒸し工房 鉄輪

・[食事]茶寮 大路

・[湯治宿]陽光荘

・[湯治宿]双葉荘

・[湯治宿]サカエ家

・[蒸し湯]鉄輪むし湯

・[ギャラリー]冨士屋 Gallery 一也百(いちやもも)

・[カフェ]ここちカフェ むすびの

・[レストラン]レストラン 三ツ星(洋食)

・[食堂]ひかり食堂(冷麺・ちゃんぽん)

・[豚まん]鉄輪豚まん本舗

・[食堂]勝太郎食堂

・[薬局]漢方 よろずや薬局

・[お茶屋]山野茶舗

・[食堂]味処 よね田(だんご汁)

・[お菓子]湯あみ堂本舗(せんべい)

・地獄蒸し食材が買える店
 みかど屋商店(野菜、卵など)
 とり若(肉類)
 鉄輪海鮮工房(魚貝、ちまき)
 日野鮮魚店(魚貝)
 里の駅かんなわ蒸de喜屋(野菜、肉、魚貝など)
 ことぶきや(野菜、卵、肉、酒、調味料など)

■大分県臼杵 神仏に護られた静かな町の豊かな食
・[精進料理]星月庵

・[醤油]カニ醤油

・[醤油]小手川商店

・[文化財]国宝臼杵石仏

・[ふぐ会席]みつご

・[宿]ホテル蔵

■宮崎県飫肥 ひむかの国の小京都 杉木立の城下町へ
・[和食・甘味処]飫肥 服部亭

・[手焼きせんべい]おきよせんべい松家

・[アイスクリーム]なかつや飫肥駅前店

・[酒屋]貞松酒店

・[食堂]武ちゃん食堂(うどん・いなり・ちゃんぽん)

・[四半的]四半的射場

・[洋菓子]菓子工房わかば(日向夏マドレーヌ)

・[てんぷら]天ぷらのこだま屋

・[スーパーマーケット]スーパーとむら飫肥店

・[たまごやき]厚焼処 おびの茶屋(厚焼き卵)

・[みそ・しょうゆ]冨士安味噌醤油醸造元 安藤商店

・[寝具]吉田寝具店(お札入れ)

・[研究所]服部植物研究所

・[木工]日南飫肥杉デザイン会

・[建造物]杉村金物本店 ※油津

■福岡県筑豊 いま脚光を浴びる、炭鉱の町に息づくもの
・[建造物]旧伊藤伝右衛門邸

・[博物館]田川市石炭・歴史博物館

・[建造物]三菱飯塚炭鉱巻上機台座

・[博物館]九州日立マクセル赤煉瓦記念館

・[劇場]嘉穂劇場

・[料亭]料亭あをぎり

・[美術館]池のおく園 中村美術館

・[和菓子]千鳥屋本家 飯塚本店

・[焼肉]幸楽園

■熊本県天草 夕日に心奪われる、協会と瓦屋根の港町
・[寿司]奴寿し

・[パン]キムラパン

・[天草大王]鳥蔵

・[ちゃんぽん]六足のわらじ

・[宿]石山離宮 五足のくつ

・[宿]ホテルアレグリアガーデンズ天草

・[宿]群芳閣ガラシャ

■熊本県熊本 吉本由美のわが町、熊本案内
・[ブログ]吉本由美のこちら熊本

・[庭園]熊本城 肥後六花園

・[列車]熊本電鉄 青ガエル

●新市街エリア
・[カフェ・書店]orange/橙書店

・[映画館]Denkikan

・[ギャラリー]Gallery moe

●新町・古町エリア
・[揚物]和田かまぼこ店

・[バナナ]松田邦彦青果

・[建造物]長崎次郎書店

・[建造物]坪井川と明八橋

・[薬]吉田松花堂

・[仏料理]塩胡椒

●藤崎宮・並木坂・上通町エリア
・[甘味処]くさは餅本舗

・[バスク料理]IRATY

・[美術館]熊本市現代美術館 ホームギャラリー

・[レコード]WOODSTOCK

・[ワインバー]Wine Bar ソムリエタナカ

●二本木・本山町エリア
・[ビュッフェ]土と命と愛ありて ティア熊本本店

・[チーズケーキ]Le Belle Epoque

●大江エリア
・[珈琲]南阿蘇珈琲


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます

テーマ:本、雑誌 - ジャンル:本・雑誌

| トラックバック:0 | コメント:0
[ 2013/02/08(金) 23:31 ]

『一勝九敗』の起業家十戒および経営者十戒
今回は『一勝九敗』柳井正著(新潮社、2003)です。


結局、「十勝十敗ほど恐ろしいものはない。一勝九敗だからこそ、ひとつの成功に深みがあり、次につながる大きなパワーが生まれるのだ。」、ってこと?

本書には、あとがきに「起業家十戒」と「経営者十戒」が記載されているので、これをメモ書きとして。


ということで、『一勝九敗』の起業家十戒および経営者十戒を。以下のとおりです。


◆『一勝九敗』の起業家十戒
・1.ハードワーク、一日二十四時間仕事に集中する。

・2.唯一絶対の評価者は、市場と顧客である。

・3.長期ビジョン、計画、夢、理想を失わない。

・4.現実を知る。その上で理想と目標を失わない。

・5.自分の未来は、自分で切り開く。他人ではなく、自分で自分の運命をコントロールする。

・6.時代や社会の変化に積極的に対応する。

・7.日常業務を最重視する。

・8.自分の商売に、誰よりも高い目標と基準を持つ。

・9.社員とのパートナーシップとチームワーク精神を持つ。

・10.つぶれない会社にする。一勝九敗でよいが、再起不能の失敗をしない。キャッシュが尽きればすべてが終わり。

◆『一勝九敗』の経営者十戒
・1.経営者は、何が何でも結果を出せ。

・2.経営者は明確な方針を示し、首尾一貫せよ。

・3.経営者は高い理想を持ち、現実を直視せよ。

・4.経営者は常識に囚われず、柔軟に対応せよ。

・5.経営者は誰よりも熱心に、自分の仕事をせよ。

・6.経営者は鬼にも仏にもなり、部下を徹底的に鍛え勇気づけよ。

・7.経営者はハエタタキにならず、本質的な問題解決をせよ。

・8.経営者はリスクを読みきり、果敢に挑戦をせよ。

・9.経営者はビジョンを示し、将来をつかみ取れ。

・10.経営者は素直な気持ちで、即実行せよ。


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

会社経営・起業・副業 | トラックバック:0 | コメント:1
[ 2013/02/04(月) 23:42 ]

copyright © 2017 ほんからり  ~本からいろいろリンク~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。