ほんからり  ~本からいろいろリンク~
主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

Author:teru
teruと申します。

主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。またビジネス書、(小説以外の)べストセラー本などのメモ書きなども。あと書評とまでは行きませんが(汗)、コメントや内容などに関してもちょろっと。

本ブログに関しての詳しい紹介は「はじめに」を参照してください。

取り扱ってほしい本のリクエストがあれば、コメントとして記入、または以下のメールフォームを使用してメールを下さい。

本ブログでは、各エントリーでアフィリエイトを行っています。現時点で収入はほとんどありませんが(汗)、利益が出れば新しい本の購入代にあてたいと考えております。

ツイッターのアカウントは以下の通り。
http://twitter.com/yokohamateru

別ブログで「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」って言うのをやっています。本のリンク集以外のネタはそちらで。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2012年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

『はじめの一歩を踏み出そう』の成功するための7つのステップ&参考文献リンク集
今回は『はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術』マイケル・E・ガーバー著(世界文化社、2003)です。


結局、「聞いたことは忘れてしまうが、見たものは記憶に残る。しかし、自ら実践しないかぎりは、何も理解することはできない。」、ってこと?


※本書の詳しい解説・感想は以下のブログをどうぞ!
かおるんダイアリー 「読了・はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術」
マインドマップ的読書感想文「【スゴ本!】「はじめの一歩を踏み出そう」マイケル・E・ガーバー」

本書には、第3章(PART3)に「成功するための7つのステップ」というのが記載されているので、これをメモ書きとして。また、本文中にいくつか参考文献が記載されているので、これもメモ書きとして。


ということで、『はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術』の成功するための7つのステップ&参考文献リンク集(リスト)を。以下のとおりです。


◆『はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術』の成功するための7つのステップ メモ書き
■事業発展プログラムの基本の3つのルール
●ルール(1) イノベーション(革新)
・「創造とは新しいものを考えだすことである。イノベーションとは新しいものを実行することである」

・ 実践1 声のかけ方を工夫してみる
 実践2 服装を変えてみる
 実践3 ジェスチャーを変えてみる

●ルール(2) 数値化
・成果を上げるためには、イノベーションがどれほどの効果を上げるのかを数値として把握することが必要である。

●ルール(3) マニュアル化
・マニュアル化とは、現場レベルでの裁量の自由を否定するものである。

・マニュアル化しないかぎり、商品やサービスの質は安定しないので、売り上げも安定しない。

■事業発展プログラムの7つのステップ
●ステップ1 事業の究極の目標を設定する (あなたが望む人生の目標とは?)
・私はどんな人生を過ごしたいと思っているのか?

・私は毎日どんな生活を送りたいのか?

・人生の中で何を大切にしたいのか?

・自分以外の人たち-家族、友達、仕事仲間、顧客、従業員、地域社会-とどのように関わって行きたいのか?

・自分以外の人たちから、どう思われたいのか?

・二年後、十年後、二十年後、そして人生が終わりに近づいたときに何をしていたいのか?

・精神的な充実、金銭的な豊かさ、健康的な生活、知識の追求、技術の修得、人間関係の豊かさ、人生の中で何を追求したいのか?

・夢を実現するためにはどれくらいのお金が必要か?いつまでに必要か?

●ステップ2 戦略の目標を設定する (人生設計の一部として事業を考える)
・第一の基準 お金

・第二の基準 取組む価値はあるのか?
  どのような事業を目指すべきか?
  顧客とは誰か?

・基準はいくつ必要か?
  事業の試作モデルが完成するのはいつか?
  営業エリアは市町村単位?県単位?全国規模?それとも世界規模?
  顧客は個人?法人?それとも両方?
  衛生管理、雇用、服装、研修等についてどんな基準を設定するか?

●ステップ3 組織戦略を考える (仕事の役割分担を明確にする)
・個人に依存した組織には限界がある

・組織図を作る

・従業員に仕事を任せられる仕組みをつくる

●ステップ4 マネジメント戦略を考える (システムが顧客を満足させる)
・管理システムは、あなたにとっての戦略である。
 管理システムは、事業の試作モデルを完成させるためのカギとなる。
 管理システムは、従業員にあなたの期待通りの仕事をさせるための仕組みである。
 管理システムは、従業員が無駄なことを考える時間を減らし、本当に必要な仕事に打ち込ませるものである。

・管理システムとは、マーケティングの効果を高めるために、事業の試作モデルに組み込まれたシステムのことである。

・システムが顧客を満足させる

●ステップ5 人材戦略を考える (事業とはゲームである)

・ゲームのルール(一例として)
 (1)従業員に何をやってほしいのかを考えずに、まずゲームをつくろう
 (2)自分でもやりたくないゲームを従業員に押し付けてはいけない
 (3)ゲームは長い間、楽しめなければならない
 (4)ゲームをときどき変化させよ。ただし戦略は変えてはいけない
 (5)ときどきゲームのルールを思い出させる
 (6)ゲームに意味を与える
 (7)ときには楽しみも必要である
 (8)よいゲームを思いつかなければ、盗め!

●ステップ6 マーケティング戦略を考える (顧客の言葉を学ぶ)
・マーケティングの問題を考えるときには、あなたの夢やビジョンは一度頭の片隅にしまいこんで、顧客のことに専念しなければならない。なぜならあなたが望むものよりも、「顧客が望むもの」のほうが大切なのである。

・テレビのCMでは、最初の三~四秒で売れるか売れないかが決まる。
 印刷物の広告では、購買の意思決定の75%が見出しだけで行われる。
 実演販売では、最初の三分で売れるか売れないかが決まる。

・顧客が誰なのかを知っていれば(=属性分析)、なぜ購入するかを理解できる(=心理分析)。この二つを理解することで、顧客の無意識のニーズを科学的に満たすことが可能になるのだ。

●ステップ7 システム戦略を考える (モノ、行動、アイデア、情報を統合する)
・システムとは、相互に作用するモノ、行動、アイデア、情報の集合体である。そして相互作用を繰り返す中で、他のシステムへの働きかけも行う。

・二割の社員はシステムを活用し、八割の社員はシステムを活用していない。

・販売システムとは、あなたと顧客のやりとりをマニュアル化し、次の六段階にまとめたものである。
 1 販売プロセスの中で、顧客の意思決定に影響を与える重要なポイントを見つけ出す。
 2 ポイントごとに、顧客の心をつかむための脚本を作成する。
  (演劇のような脚本をつくってみるのだ!)
 3 脚本に必要な資料や道具を準備する。
 4 脚本を暗記する。
 5 営業担当者にも脚本が演じられるように教育する。
 6 顧客に合わせて脚本が変えられるよになるまで教育する。


◆『はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術』の参考文献 一覧
『ひとはなぜ買うか―購買の動機調査とその活用』ルイス・チェスキン著(1963)

『マーケティングの革新―未来戦略の新視点』セオドア・レビット著(2006)

『失われし自己を求めて』ロロ・メイ著(1995)

・『武道の中の禅』ジョー・ハイアムス著


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます

スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

会社経営・起業・副業 | トラックバック:1 | コメント:0
[ 2012/04/28(土) 00:24 ]

『1年後に夢をかなえる読書術』の各章のPointおよび参考文献リンク集
今回は『1年後に夢をかなえる読書術』間川清著(フォレスト出版、2012)です。


結局、本文に書いてあるように「本の内容の2割を実践すれば、その本で紹介された方法で得る成果の8割を手に入れることができるのです」、ってこと?

何回も「7000万円の売り上げを上げた1400円の本(タウンページの広告の書き方の本)」って出てくるのですが、結局その書籍名が明記されてなかった…。

ちなみにタイトルにある「1年後に」とあるので、1年間こーゆーようにしなさい!と書いてあると予想していたのですが、この件に関しては本文中に全く記載されていないのですが…。いい加減、内容と一致しない本の題名をつけるのやめないと、「ああ、最近の本って、キャッチーなタイトルだけで、本文の内容とはかけ離れてるんだよねぇ」って疑わえれて売れなくなって行きますよ、出版社の方々。

※本書の詳しい解説・感想は以下のブログをどうぞ!
マインドマップ的読書感想文「【超実践!?】『1年後に夢をかなえる読書術』間川 清」

本書には、各章の最後にPointがまとめてあるので、これをメモ書きとして。またいろいろと参考文献が明記されているので、これもメモ書きとして。

ということで、『1年後に夢をかなえる読書術』の各章のPointおよび参考文献リンク集(リスト)を。以下のとおりです。


◆『1年後に夢をかなえる読書術』の各章のPoint
■第1章 私が1400円の本で7000万円の売り上げを上げることができた理由
・本に書かれたことをタダ行動に移すだけでよい

・問題が起きたら本で解決するという行動パターンを身につける

・本はウソをつかない

・半信半疑でも行動に移す

・本のもつすごいパワーに気づく

・本に書いてあることは大げさな煽り文句ではない

・本は悩みの9割を解決してくれる

・簡単な法的問題も本で解決できる

・1冊の本は誰でも成功に導いてくれる

■第2章 本を読むと成功できる6つの理由
※理由1 失敗することができるから
 理由2 本は公に許された唯一のカンニングペーパー
 理由3 本を読む人が少ないので成功する確率は高い!
 理由4 コストパフォーマンスがスバ抜けて良い
 理由5 人生に起きる問題はみんなだいたい同じ
 理由6 本は面白くてたまらないから

・成功は失敗というカードを引いた1枚

・失敗すればするほど、成功に近づく

・本はたくさんの失敗を疑似体験させてくれる

・本を買うことは、失敗の体験を買うこと

・本はクスリと同じく、効果が立証されている

・20年以上かけた成功哲学が2000円程度で手に入る

・本は成功でなく、成功の方法が書かれている

・ライバル(読書家)が少ないうちに実践しよう

・本を読む人の年収は高い

・成功者は優れた愛読家

・本は価格の何倍もの利益を返してくれる

・本は活用しだいでメンター以上の存在になる

・本はセミナーよりコストパフォーマンスが高い

■第3章 ホロ酔いで本屋へ行け! 成功するための本に出会う4ステップ
※ステップ1 本で得たい成功を明確にする
 ステップ2 大量のブックシャワーを浴びる
 ステップ3 フィルターで秀逸な本を漉しとる
 ステップ4 直感力を利用する

・目標・夢を明確にすれば、脳が勝手に本を選んでくれる

・明確な目標は、意識しなくても目につくところに貼る

・マインドストーミングは脳の検索機能を研ぎ澄ます

・本位は解決方法が書かれていると信じる

・行きつけの本屋は成功へと導いてくれる

・本屋により同じ本でも扱いが異なる

・アマゾンキャンペーンを積極的に活用する

・広告を出している本は売れている

・自分基準をつくり、ジャケ買いをする

・ススメられた本は、その場で買う

・翻訳本は手間のかけられた良書が多い

・売られている古典は、多くの人のお墨付きがある

・右脳を活かして本を選ぶ

・本の持つエネルギーを見逃すな

※各ジャンルの代表的な古典と呼ばれる本の著者
・マーケティング:フィリップ・コトラー
・経営学:P・F・ドラッカー
・人間心理:D・カーネギー
・交渉術:ロジャー・フィッシャーウィリアム・ユーリー
・自己啓発:ジェームズ・アレンJ・マーフィーナポレオン・ヒル

■第4章 本を行動に買えて成功するための技術
・行動する人が少ないから成功しやすい

・本に書かれた2割を実行すれば、8割の成功を勝ち取れる

・娯楽としての読書は、ゲームをするのと同じ

・まずは小さな成功体験を積み重ねる

・自分の好きな分野で成功例を築く

・怯えず変化を好んで積極的に行動する

・気になるページは必ず読み返せるようにする

・iPhoneツールを活用する

・最初の行動が一番エネルギーを使う

■第5章 本からの学びをより効果的にするために知っておくべきこと
・多くの本の共通項だけを実践する

・総論的な学びと各論的な学びの本を使い分ける

・実践することだけを読書メモにする

・必要ないところは1ページ1秒の速度で読み飛ばす

・本の内容におもわず頷けば、自分の身についている証拠


◆『1年後に夢をかなえる読書術』の参考文献リンク集 一覧
『NHKためしてガッテン流 死なないぞダイエット 最新版』北折一著(2009)

『出版で夢をつかむ方法』吉江勝著(2010)

『思考は現実化する』ナポレオン・ソロ著(1999)

『インディでいこう!』ムギ(勝間和代)著(2006)

『強くなる オセロ』村上健著(2011)

『図解 牢獄・脱獄』牢獄研究会著(2011)

『命とひきかえにゴルフがうまくなる方法』小暮堅三著(1994)

『そのかめはめ波は違法です!──ワクワクドキドキ大冒険しながら法律武装』間川清著(2011)

『呼吸するだけダイエット』佐藤万成著(2010)

『悪魔の記憶術―英語なら3日で1000語が覚えられる!』小柳詳助著(1994)

『夢に日付を! ~夢実現の手帳術~』渡邉美樹著(2005)

『自分らしくお金持ちになるための70の習慣』ブライアン・トレーシー著(2006)

『幸せ!ひとり暮らし完全サポートBOOK』(2003)

『自宅でできるやさしい筋力トレーニング』(2001)

『もし高校野球のマネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』岩崎夏海著(2009)

『5つの基礎と6つの応用技でマスターできる うまい謝罪』間川清著(2011)

『影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか』ロバート・B・チャルディーニ著(2007)

『クラウド時代のタスク管理の技術―驚くほど仕事が片付いてしまう!』佐々木正吾著(2011)

『魅きよせるブランドをつくる7つの条件 -一瞬で魅了する方法-』サリー・ホッグヘッド著(2011)

『あなたもいままでの10倍速く本が読める』ポール・R・シーリィ著(2001)

『「やめること」からはじめなさい』千田琢哉著(2011)

『非常識な成功法則』神田昌典著(2011)

『「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法―チラシ・DM・ホームページがスゴ腕営業マンに変わる! 』岡本達彦著(2009)

『3週間続ければ一生が変わる―あなたを変える101の英知』ロビン・シャーマ著(2006)

『幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論』ショーン・エイカー著(2011)


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

ビジネス一般 | トラックバック:0 | コメント:1
[ 2012/04/23(月) 23:22 ]

『竹岡広信・安河内哲也の この英語本がすごい!』の英語学習に関するおすすめの良書リンク集
今回は『竹岡広信・安河内哲也のこの英語本がすごい!』竹岡広信、安河内哲也著(中経出版、2010)です。


結局、ネイティブはあくまでも目標!といいつつやっぱりネイティブうんぬんの本が多いのよ!、ってこと?

本書には、英語学習に関して竹岡広信さん&安河内哲也さんの「おすすめの良書」なるものがジャンルごとに掲載されているので、これをメモ書きとして。


ということで、『竹岡広信・安河内哲也の この英語本がすごい!』の英語学習に関するおすすめの良書リンク集(リスト)を。以下のとおりです。


◆『竹岡広信・安河内哲也の この英語本がすごい!』の英語学習に関するおすすめの良書 一覧
■英単語
・竹岡広信のNo.1英単語:[中級]『語源でわかった!英単語記憶術』語源で興味が倍増するイチ押し本

・竹岡広信のNo.2英単語:[中上級]『東大英単』単語学習の取り組みのお手本

・竹岡広信のNo.3英単語:[上級]『語形成から身につける2200語―ネイティブ・レベルへの語彙増強』360語源から2200語が身につく

・竹岡広信の英単語番外編:[中級]『青単 第2版』大人が楽しめる情量豊富な単語学習本

・安河内哲也のNo.1英単語:[上級]『キクタン Advanced 6000』耳学習に最適の「チャンツ」方式

・安河内哲也のNo.2英単語:[中上級]『英単語ピーナツほどおいしいものはない 銅メダルコース』語のつながりで覚える学習法の元祖

・安河内哲也のNo.3英単語:[初級]『システム英単語 Basic』CDと一緒に使って効果的に用法が身につく

■英文法
・竹岡広信のNo.1英文法解説編:[中級]『マーフィーのケンブリッジ英文法 中級編』実践で生きる知識を的確に説明

・竹岡広信のNo.2英文法解説編:[中上級]『Correct Your English Errors』練習問題の充実したネイティブ向け文法書

・竹岡広信のNo.3英文法解説編:[上級]『英語語法大事典(第1集~第4集)』ありとあらゆる質問に答える事典

・安河内哲也のNo.1英文法解説編:[初級]『CD付き トコトンていねいな英文法レッスン』基本からのやり直しにおすすめ

・安河内哲也のNo.2英文法解説編:[初中級]『英文法がはじめからわかる本』中級者に必要十分な文法

・安河内哲也のNo.3英文法解説編:[中級]『総合英語Forest 6th edition』学習者に必要な項目を網羅した文法書

・安河内哲也のNo.1英文法問題編:[初級]『The Good Grammar Book with key』自分で考えて身につく文法

・安河内哲也のNo.2英文法問題編:[中上級]『Forest 6th edition 音でトレーニング』基本例文を耳から覚える

・安河内哲也のNo.3英文法問題編:[上級]『Advanced Grammar in Use with Answers/CD-ROM』上級者の苦手補強に最適

■英会話
・竹岡広信のNo.1英会話:[初中級]『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』理屈より訓練で会話力確実アップ

・竹岡広信のNo.2英会話:[初級]『スーパー・ビジュアル すぐに使える英会話』初級者向け繰り返し訓練に使える

・竹岡広信のNo.3英会話:[初級]『日本人の英語力』「品格ある英語」の話し方指南書

・竹岡広信の英会話番外編:[初中級]『起きてから寝るまで英語表現700』時代に合った英語表現がたくさん

・安河内哲也のNo.1英会話:[初中級]『CD2枚付 当てはめ式3秒英語で自分のことを話してみる』パターンに単語をあてはめて練習

・安河内哲也のNo.2英会話:[初中級]『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』染みつくまでひたすらパターン練習

・安河内哲也のNo.3英会話:[中上級]『CD付 日本のことを1分間英語で話してみる』外国人との会話ネタに困らなくなる

■精読
・竹岡広信のNo.1精読:[中上級]『英語解釈教室 改訂版』じっくり取り組む価値のある本格派

・竹岡広信のNo.2精読:[中級]『東大講義で学ぶ英語 パーフェクトリーディング』講義を受けるように英語を学ぶ

・竹岡広信のNo.3精読:[中級]『1日1分! 英語新聞プレミアム3』継続トレーニングにちょうどよい文章量

・安河内哲也のNo.1精読:[中級]『1日1分! 英語新聞プレミアム3』記事抜粋に解説のついた中身の濃い教材

・安河内哲也のNo.2精読:[中級]『中学英語でアメリカン・ポルノが読める』題材は18禁ながら詳細解説で読解力アップ

・安河内哲也のNo.3精読:[中上級]『オバマに学べ! 英文法』難易度の高い演説を見事に解説

■多読
・竹岡広信のNo.1多読:[初中級]『ケネスのうきうき英文速読教室』英検準2級以上に適した読解力の定番

・竹岡広信のNo.2多読:[初級]『英語で話す世界昔ばなし Book1』なじみのある昔話は多読に最適

・竹岡広信のNo.3多読:[中級]『Who Moved My Cheese?』手軽なペーパーバックでネイティブ気分

・安河内哲也のNo.1多読:[中上級]『坊ちゃん-BOTCHAN』日本の文学作品の英訳本がおすすめ

・安河内哲也のNo.2多読:[中上級]『Finding Japan』日本人が読んでも勉強になる日本ガイドブック

・安河内哲也のNo.3多読:[上級]『The New York City Cab Drivers Joke Book』短編のジョーク集から慣れるペーパーブック

・安河内哲也の多読番外編1:[中級]『Death Note, Vol.1』知っているマンガを英語で読む

・安河内哲也の多読番外編2:[中級]『Everything You Need To Know About World History Homework』小学生向け歴史ガイド

■英作文
・竹岡広信のNo.1英作文:[中級]『ウィズダム和英辞典』『オーレックス和英辞典』使える例文の多いおすすめの和英辞典

・竹岡広信のNo.2英作文:[中級]『Google 英文ライティング』英文検索の方法を懇切丁寧に説明

・竹岡広信のNo.3英作文:[上級]『理論思考を鍛える英文ライティング』理論思考を鍛える具体的訓練

・竹岡広信の英作文番外編:[中上級]『ネイティヴチェックで鍛えるビジネス英文ライティング』添削を疑似体験できる

・安河内哲也のNo.1英作文:[中級]『大学入試英作文実践講義』英作文添削を受けたような効果

・安河内哲也のNo.2英作文:[初中級]『入門編 英作文のトレーニング』100の例文をネイティブが添削

・安河内哲也のNo.3英作文:[中上級]『ネイティヴチェックで鍛えるビジネス英文ライティング』ネイティブチェックと解説が参考になる

■リスニング
・竹岡広信のNo.1リスニング:[初級]『超基礎 聞くための英語練習ノート Step2』ネイティブの発音解説がわかりやすい

・竹岡広信のNo.2リスニング:[初中級]『英語高速メソッド 日常英会話集〈Vol.2〉』高速→ノーマルなスピードに慣れる

・竹岡広信のNo.3リスニング:[初中級]『英語リスニングのお医者さん 改訂新版』自分の弱点をチェックして練習できる

・安河内哲也のNo.1リスニング:[初中級]『英語リスニングのお医者さん 改訂新版』日本人の苦手なリスニングのツボを解説

・安河内哲也のNo.2リスニング:[初中級]『やさしい英語のリスニング』中学レベルからの訓練に

・安河内哲也のNo.3リスニング:[上級]『スクール・オブ・ロック』上級者向け英語作品の聞き取り ※スクリーンプレイ 216ページ 定価1260円 2004年刊

・竹岡広信のNo.1多聴編:[中級]『超字幕』シリーズ ゲーム感覚で楽しめる

・竹岡広信のNo.2多聴編:[中級]『大杉正明のCross-Sultural Seminar』文化の違いも学べるお得な1冊

・竹岡広信のNo.3多聴編:[中上級]『英検準1級過去6回全問題集』試験合格を動機づけに過去問題にチャレンジ
※昭文社

・安河内哲也のNo.1多聴編:[中級]『NONSTOP ENGLISH WAVE』演説やインタビューなど興味深い記事

・安河内哲也のNo.2多聴編:[中級]『やさしいCNN NEWS DIGEST Vol.1~Vol.8』ナチュラルとゆっくりのニュース原稿

・安河内哲也のNo.3多聴編:[上級]『AFN ニュースフラッシュ』(年度版) テキストつきのラジオニュース

・安河内哲也の多聴番外編:[中級]『超字幕』シリーズ ある程度リスニング力がついたらコレ

■発音
・竹岡広信のNo.1発音:[初中級]『英語のリスニングは発音力で決まる!UDA式30音練習帳』本格的トレーニングに使える

・竹岡広信のNo.2発音:[中級]『英語の発音パーフェクト学習辞典』CD3枚で「これでもか」という練習ができる

・竹岡広信のNo.3発音:[初級]『決定版 英語シャドーイング<入門編>』フレーズやイントネーションも身につく

・安河内哲也のNo.1発音:[初級]『英語の発音がよくなる本』DVDでネイティブの口の形が確認できる

・安河内哲也のNo.2発音:[中級]『音読で鍛える英語の発音―読んで・聞いて・声に出す英会話練習法』基礎をみっちり練習できる

・安河内哲也のNo.3発音:[初級]『ハイディ矢野の 4コマ漫画で学ぶ ネイティブ発音・リスニング―これは絶対使える! 魔法の法則80』発音をカタカナで解説

■TOEICテストほか
・竹岡広信のNo.1 TOEICテストほか:[初中級]『TOEICテスト新公式問題集』ETS作成の練習テストに勝る対策なし

・竹岡広信のNo.2 TOEICテストほか:[初中級]『新TOEICTEST キム・デギュンの究極厳選400問』TOEICの鬼による問題集

・竹岡広信のNo.3 TOEICテストほか:[中級]『新TOEIC TEST 出る順で学ぶボキャブラリー990』TOEICの達人が選んだ単語集

・安河内哲也のNo.1 TOEICテストほか:[中上級]『600 Essntial Words for the TOEIC Test』英語力全般が伸びる

・安河内哲也のNo.2 TOEICテストほか:[中級]『1日1分レッスン!新TOEIC Test 千本ノック!』忙しいビジネスパーソンにぴったり

・安河内哲也のNo.3 TOEICテストほか:[中級]『1駅1題 新TOEIC TEST 読解特急』リスニングと読解を絡めた学習に最適

■辞書
・竹岡広信のNo.1辞書:[中上級]『ロングマンExams英英辞典』「なるほど」と納得する例文の宝庫

・竹岡広信のNo.2辞書:[中級]『電子辞書 SII DR-G10001』6冊の和英、11冊の英英と和英を収録 ※現セイコーインストルメント製品はこちら

・竹岡広信のNo.3辞書:[上級]『英単語を知るための辞典』幅広い語源研究の成果が詰まった読み物

・竹岡広信の辞書番外編1:[初中級]『英語語義イメージ辞典』単語を立体的に理解できる中級者向け

・竹岡広信の辞書番外編2:[中上級]『語源中心英単語辞典(改装版)』詳しい説明で語源がわかる

・竹岡広信の辞書番外編3:[中上級]『語源中心 英単語辞典』共通の語源を持つ単語で語彙が広がる

・安河内哲也のNo.1辞書:[中級]『電子辞書 SII SR-G7001M』英語に特化した、学習者のための電子辞書 ※現セイコーインストルメント製品はこちら

・安河内哲也のNo.2辞書:[中上級]『ロングマン現代英英辞典[5訂版] DVD-ROM付』言葉のニュアンス・使い分けをわかりやすく解説

・安河内哲也のNo.3辞書:[上級]『英語スラング辞典』映画やドラマ、音楽がもっと理解できる

■英語環境
・竹岡広信のNo.1英語環境:[上級]『The Japan Times』1面と興味のある記事だけで十分

・竹岡広信のNo.2英語環境:[中級]『毎日ウィークリー』『週間ST』『The Daily Yomiuri』『Asahi Weekly』内容の楽しい英字紙で英語に親しむ

・竹岡広信のNo.3英語環境:[中級]『アエラ・イングリッシュ』内容の楽しい月刊誌で英語に親しむ

・安河内哲也のNo.1英語環境:[中級]『週間ST』『毎日ウィークリー』『Asahi Weekly』少しずつでも続ければ読むのが楽になる

・安河内哲也のNo.2英語環境:[初級]『新TOEICテスト英単語・熟語 マスタリー2000 えいご漬け』ゲーム感覚で手軽に実力アップ

■英語雑学
・竹岡広信のNo.1英語雑学:[初中級]『これを英語で言えますか?デラックス』英語になりにくそうな言い回しも的確に表現

・竹岡広信のNo.2英語雑学:[中級]『日本の年中行事を英語で紹介する辞典』明快な英語で肩がこらずに読める

・竹岡広信のNo.3英語雑学:[上級]『発信型英語 10000語レベル スーパーボキャブラリービルディング』知的好奇心を刺激しながら単語が増える

・竹岡広信のNo.4英語雑学:[中級]『字幕なしで英語がわかる英語耳の筋トレ』究極の耳トレーニング

・竹岡広信のNo.5英語雑学:[初中級]『その英語、ネイティブにはこう聞こえます SELECT』意外な勘違いに気づかされる

・安河内哲也のNo.1英語雑学:[中級]『國弘流英語の話し方』英語学習のバイブル

・安河内哲也のNo.2英語雑学:[中級]『世界のトップリーダー英語名言集』感動的で含蓄のある名言でやる気アップ

・安河内哲也のNo.3英語雑学:[中上級]『武士道と英語道』襟を正して英語道まっしぐら

・安河内哲也のNo.4英語雑学:[中級]『外国人が日本人によく聞く100の質問 全面改訂版』日本のことを英語で言えると会話が広がる

・安河内哲也のNo.5英語雑学:[初中級]『PROGRESS IN ENGLISH BOOK1~BOOK5』オーラルアプローチ重視の難関中学用教科書


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

英語 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/04/18(水) 23:31 ]

『星野リゾートの教科書』の星野社長が参考にした教科書およびモチーフ(事例)リゾート施設リンク集
今回は『星野リゾートの教科書 サービスと利益 両立の法則』中沢康彦著(日経BP出版センター、2010)です。


結局、「教科書通り」でうまくいかないとしたら、それは理解が不十分で、取り組みが徹底されていないから!、ってこと?

いや、星野リゾート、いろいろと手がけているリゾート施設増えているのは知っていましたが、あんなところやこんなところも星野リゾートが関係しているのか…と今さらながら驚き。それ考えるとすごい人です、星野佳路社長は。

※本書の詳しい解説・感想は以下のブログをどうぞ!
活かす読書 「星野リゾートの教科書」
選択理論マニアのための読書ブログ【natsu-sona】「『星野リゾートの教科書』」
さきがけ読書録「星野リゾートの教科書」

本書には、各節毎に星野佳路社長が参考にした教科書が記載されているので、これをメモ書きとして。ついでにこれらの教科書を使う際のモチーフ(事例)となったリゾート施設も記載されているので、これもメモ書きとして。


ということで、『星野リゾートの教科書 サービスと利益 両立の法則』の星野社長が参考にした教科書リンク集(リスト)を。以下のとおりです。


◆『星野リゾートの教科書 サービスと利益 両立の法則』の星野社長が参考にした教科書およびモチーフ(事例)リゾート施設 一覧

■第1部 星野佳路社長が語る教科書の生かし方―定石を知り、判断ミスのリスクを最小にする
●ステップ1 本を探す 書店に1冊しかないような古典的な本ほど役に立つ

●ステップ2 読む 1行ずつ理解し、分からない部分を残さず、何度でも読む

●ステップ3 実践する 理論をつまみ食いしないで、100%教科書通りにやってみる

■第2部 教科書通りの戦略―難しそうに見えて、実は効果的である(Strategy of Hoshino Resort)
●どこにでもある旅館を高級旅館として再生 “その他大勢”から抜け出す
『競争の戦略』マイケル・E・ポーター著(1995)
※教科書のエッセンス
→企業が競争力を高めるためには、競合するライバルの動向に気を配る必要がある。
→企業の基本的な競争戦略には「コストリーダーシップ」「差別化」「集中」の3つがある。
→業界構造の成熟度に応じて競争戦略を考えることで、ライバルに勝つ。
→ライバルの動向を見極めることで、競争を避ける戦略を取ることもできる。
→新規参入の際には、先行するライバルの戦略を見極める。

・華仙亭有楽(島根県松江市玉造温泉) ※星野リゾート 界 出雲としてリニューアル

・貴祥庵(長野県松本市浅間温泉) ※星野リゾート 界 松本としてリニューアル

●市場で埋没したリゾートを独自戦略で立て直す 他社の追随をやめ、ニッチ市場を開拓
『コトラーのマーケティング・マネジメント 基本編』フィリップ・コトラー著(2002)
※教科書のエッセンス
→自社の戦略を立てるには、競合する他社との関係を知ることが重要である。
→企業は市場での地位に基づいて、「リーダー」「チャレンジャー」「フォロワー」「ニッチャー」に分けられる。
→市場での地位によって、企業の戦略は異なる。
→リーダーは、トップシェアの企業として、「市場規模の拡大」「市場シェアの保持・拡大」などが重要な戦略となる。
→チャレンジャーは市場シェア2番手の企業として、シェアを拡大するためにリーダーや同規模の会社を攻撃する。
→フォロワーも市場2番手だが、波風を立てずに「リーダーをどのように追走するか」がポイントになる。
→フォロワーの戦略は報われない場合も少なくない。
→ニッチャーは、大きな市場でフォロワーになるのではなく、顧客、品質、価格、サービスを盛り込んだ小さな市場でトップに立つ戦略を立てる。

・アルファリゾート・トマム(北海道勇払郡占冠村) ※星野リゾート トマムとしてリニューアル

アルツ磐梯(福島県耶麻郡磐梯町)

●「予約しやすさ」で他社と差別化する コモディティ化した市場で勝つ
『TThe Myth of Excellence: Why Great Companies Never Try to Be the Best at Everything』Fred Crawford, Ryan Mathews著(2003)
※教科書のエッセンス
→サービスや製品の品質で差別化ができないとき、「アクセス」を高めることによって、他社との差別化ができる。
→アクセスを高めるためには、お客様との関係を3段階に分けて考える。
→第1段階では、お客様が急いでいるときに、スピーディーに買うことのできるサービスと情報を提供する。
→第2段階では、「ボタン1つで買える」など、お客様が使い勝手よくアクセスできるようにする。
→第3段階では、お客様に対して「今こういうものを買ってはいかがですか」などの提案をする。

・ウトコディープシーテラピーセンター&ホテル(高知県室戸市) ※星野リゾート ウトコ オーベルジュ&スパとしてリニューアル」

●「変えない」でお客様の心をつかむ 長期的な視点で売上高を伸ばす
『売れるもマーケ 当たるもマーケ マーケティング22の法則』アル・ライズ、ジャック・トラウト著(1994)
※教科書のエッセンス
→ある市場に最初に参入することで、他社よりも優位に立つことができる。
→あるカテゴリーでトップになれない場合、カテゴリーを見直し、トップに立てるような新しいカテゴリーをつくる。
→見込み客の心をつかむためには、商店を絞り込んだ販売戦略が重要になる。
→焦点を絞り込んだ販売戦略が効果を発揮するまでには、時間がかかる。
→製品ラインナップの格調は短期的にうまくいっても、長期的にはマイナスに働く。

ヤッホー・ブルーイング(よなよなエール)

※以下、星野社長が参考にした戦略の教科書
『ブランド・ポートフォリオ戦略』デービッド・A・アーカー著(2005)

『競争優位のブランド戦略―多次元化する成長力の源泉』恩蔵直人著(1995)

『マーケティング戦略』恩蔵直人、和田充夫、三浦俊彦著(2006)

『戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック』ヘンリー・ミンツバーグ、ジョセフ・ランベル、ブルースアルストランド著(1999)

『ストラテジック・マインド―変革期の企業戦略論』大前研一著(1984)


■第3部 教科書通りのマーケティング―「やるべきこと」をやり切ればすべてが変わる(Marketing of Hoshino Resort)
●「おいしくなかったら全額返金します」 スキー場のレストランのヒットメニューを育てる
『いかに「サービス」を収益化するか』DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部編(2005)
※教科書のエッセンス
→製造業の品質には保証書がある。だが、サービスには保証書がない。何らかの保証が必要ではないか。
→「サービスの100%保証システム」とは、サービスが約束通りに提供されることを保証するシステムである。
→サービスの内容が約束通りでない場合、顧客がサービスに対して支払った金額を返金する。
→顧客が返金を求める理由について、付帯条件や留保条件をつけない。また返金請求の仕組みを簡単なものにする。
→このシステムを導入することで、顧客は安心してサービスを受けることができる。
→サービスを提供する社員は、このシステムによって自分のサービスに対して責任感を持つ。
→既にサービス内容に定評がある場合、サービス保証システムは不要である。
→保証制度を悪用するお客様がいたとしても、その不正が与える損害は、保証システムによる利益に比べると、ずっと小さい。

アルツ磐梯(福島県耶麻郡磐梯町)

美味しさ保証付きカレーライス

●お客様への対応は数十秒の勝負 瞬時に最適判断する人材を育てる
『真実の瞬間―SAS(スカンジナビア航空)のサービス戦略はなぜ成功したか』ヤン・カールソン著(1990)
※教科書のエッセンス
→お客様はスタッフと接する短い時間=「真実の瞬間」の中で、企業を評価する。
→「真実の瞬間」の質を引き上げることで、企業の競争力を高める。
→経営者はスタッフの対応力を上げるために、わかりやすいビジョンを示し、必要な情報を共有する。
→顧客のニーズに迅速に対応するために、階層の少ない組織をつくることが大切。
→最前線のスタッフは、顧客1人ひとりのニーズと問題に対応する権限を持つ。
→サービス業だけでなく、さまざまな業種でお客様対応の重要性が高まっている。

奥入瀬渓流ホテル(青森県十和田市)

ホテルブレストンコート(長野県軽井沢町)

●おもてなし向上へ「気づき」を集める 1人ひとりにピッタリのサービスを提供
『ONE to ONEマーケティング―顧客リレーションシップ戦略』ドン・ペパーズ、マーサ・ロジャーズ著(1995)
※教科書のエッセンス
→ITの発展が従来のマーケティングを大きく変えている。ワン・ツー・ワン・マーケティングを支える技術は予想以上のスピードで進化している。
→企業はお客様1人ひとりの特徴を把握するマーケティングが可能である。
→企業はお客様と1対1の関係を持ち、製品やサービスにお客様の要求を反映できる。
→お客様との取引情報を次の製品・サービス作りや提案に生かすことによって、顧客満足度を高め、リピーターになってもらう。
→電子メールなどのツールは中小企業にとって利用しやすい。
→お客様情報を乱用しない。

星のや 軽井沢(長野県軽井沢町)

星のや 京都(京都府京都市西京区)

●顧客が感じる「品質」を長期的に高めていく ブランド価値を高める改革
『ブランド・エクイティ戦略―競争優位をつくりだす名前、シンボル、スローガン』デービット・A・アーカー著(1994)
※教科書のエッセンス
→ブランドには資産としての価値がある。その価値は時間とともに変わっていく面があるため、積極的に管理する必要がある。
→ブランドの価値を決める要素は次の5つである。
 認知=どれだけ知られているか
 知覚品質=お客様がどのように感じるか
 連想=ブランドについて思い浮かべること
 ロイヤルティ=リピーターとなってくれるかどうか
 他のブランド資産=トレードマークなど
→ブランド力を高めることによって、企業は競争を優位に進め、収益性を高めることができる。
→ブランドの価値を高めるためには、長期的な視点に立った首尾一貫した取り組みが必要である。
→目先の売り上げや利益を追うだけでは、ブランドの価値は高められない。お客様の期待を裏切ると、ブランドの価値は下がる。

軽井沢高原教会(長野県軽井沢)

※星野社長が参考にしたマーケティングの教科書
『ニューポジショニングの法則―勝つブランド負けるブランド』ジャック・トラウト著(1997)

『ブランディング22の法則』アル・ライズ、ローラ・ライズ著(1999)

『経験価値マーケティング―消費者が「何か」を感じるプラスαの魅力』バーンド・H・シュミット著(2000)

『サービス・リーダーシップとは何か―「伝説のサービス」の本質』ベッツィ・サンダース著(2002)

『顧客ロイヤルティの時代』内田和成、嶋口充輝著(2004)

『グロービスMBAマーケティング』グロービズ経営大学院編集(2009)

■第4部 教科書通りのリーダーシップ―すぐに成果は出ないが、必ず成果は出る(Leadership of Hoshino Resort)
●社員の気持ちを1つにまとめる ビジョンを掲げて会社の目指す方向を示す
『ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則』ジェームズ・C・コリンズ、ジェリー・I・ポラス著(1995)
※教科書のエッセンス
→ビジョナリーカンパニーとは、時代を超え、際立った存在であり続ける企業である。
→ビジョナリーカンパニーには、カリスマ的な経営者は不要である。
→ビジョナリーカンパニーには、単なる金儲けを超えた基本的価値観と目的意識がある。
→基本理念の中身として不可欠な要素はない。社員の指針となり、活力を与えることが重要である。
→基本理念は時代や流行に左右されてはいけない。大切なのは、維持しながら進歩を促す点である。
→基本理念を組織の隅々にまで浸透させることが重要である。

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳(山梨県北杜市小淵沢町)

裏磐梯猫魔ホテル(福島県耶麻郡北塩原村)

●熱狂的ファンをつかむコンセプトを作る 競争力向上のカギは「自分たちで決める」
『1分間顧客サービス―熱狂的ファンをつくる3つの秘訣』ケン・ブランチャード著(1994)
※教科書のエッセンス
→顧客をつかむには、満足させるのでは不十分で、熱狂的なファンを作る必要がある。
→そのためには自分たちが目指す製品・セービスの中身を自分たちで決める。
→お客様の声を受け止め、サービスを高めていく。
→お客様の要求が自分たちの目指す製品・サービスと合わない場合、その要求を無視する。
→1%ずつでもいいので、目指す目標に向かって一貫性を持って進み続ける。

タラサ志摩ホテル&リゾート(三重県鳥羽市)

●社員が持つパワーを引き出して業績回復 「任せる」から、社員は自分で考えて動く
『1分間エンパワーメント―人と組織が生まれ変わる3つの秘訣』ケン・ブランチャード、J・P・カルロス、A・ランドルフ著(1996)
※教科書のエッセンス
→エンパワーメントとは、人が本来持つパワーを引き出すことである。
→社員のパワーを引き出して、1人ひとりのやる気を高めることで、業績向上につなげる。
→社員のエンパワーメントには3つのステップがある。
 (1)仕事に必要な情報を提供し、責任を持って働く気持ちにする
 (2)仕事の目的、目標などを明確にし、自分で管理する領域を作る
 (3)階層化した組織をやめ、自分たちで統率するチームに変える
→エンパワーメントの現実には困難な時期が来ることもある。困難を切り抜ける覚悟を固めておく。

星野リゾート 白銀屋
・古牧温泉 青森屋(青森県) ※
星野リゾート 青森屋としてリニューアル

●会社に残すべきは経営者の姿勢 堂々とした生き方を見せる
『後世への最大遺物 デンマルク国の話』内村鑑三著(2011)
※教科書のエッセンス
→後の世代に何を残すかについて、しっかり考えておく必要がある。
→お金、事業、思想を残すのは重要だが、うまくいかないこともある。
→「勇ましい高尚な生涯」を残すことは誰にでもできる。
→それは弱い者を助け、品質を助け、品性を修練する堂々とした生き方である。
→こうした生き方こそが後の世代に伝える最大要素である。

『代表的日本人』内村鑑三著(1995)
※教科書のエッセンス
→日本人が持つ長所を日本を知らない外国人に幅広く伝える

※内村鑑三の『成功の秘訣』
大正十五年七月二十八日、星野温泉若主人の為に草す

成功の秘訣 六十六翁 内村鑑三
一、自己に頼るべし、他人に頼るべからず。
一、本を固うすべし、然らば事業は自ずから発展すべし。
一、急ぐべからず、自動車の如きも成るべく徐行すべし。
一、成功本位の米国主義に倣ふべからず。誠実本位の日本主義に則るべし。
一、濫費は罪悪なりと知るべし。
一、能く天の命に聴いて行ふべし。自ずから己が運命を作らんと欲すべからず。
一、雇人は兄弟と思ふべし。客人は家族として扱ふべし。
一、誠実に由りて得たる信用は最大の財産なりと知るべし。
一、清潔、整頓、堅実を主とすべし。
一、人もし全世界を得るとも其霊魂を失はば何の益あらんや。
  人生の目的は金銭を得るに非ず、品性を完成するにあり。

  以上

星のや 京都(京都府)

※星野社長が参考にしたリーダーシップの教科書
・『やまぼうし 星野温泉のあゆみ』星野喜助著

『エクセレント・カンパニー』トム・ピーターズ、ロバート・ウォーターマン著(2003)

『口語訳「古事記」完全版』三浦佑之訳(2002)

『Personnel: Contemporary Perspectives and Applications 』Robert L. Mathis, John H. Jackson著(1982)

『イイノベーターの条件―社会の絆をいかに創造するか』ピーター・F・ドラッカー著(2000)

『柔らかい心で生きる』矢代静一著(1993)

■第5部 教科書通りに人を鍛える―「未経験者歓迎」で成長できる理由

・蓬莱(静岡県 伊豆山) ※星野リゾート 界 熱海としてリニューアル


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

会社経営・起業・副業 | トラックバック:3 | コメント:0
[ 2012/04/06(金) 00:04 ]

copyright © 2017 ほんからり  ~本からいろいろリンク~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。