ほんからり  ~本からいろいろリンク~
主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

Author:teru
teruと申します。

主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。またビジネス書、(小説以外の)べストセラー本などのメモ書きなども。あと書評とまでは行きませんが(汗)、コメントや内容などに関してもちょろっと。

本ブログに関しての詳しい紹介は「はじめに」を参照してください。

取り扱ってほしい本のリクエストがあれば、コメントとして記入、または以下のメールフォームを使用してメールを下さい。

本ブログでは、各エントリーでアフィリエイトを行っています。現時点で収入はほとんどありませんが(汗)、利益が出れば新しい本の購入代にあてたいと考えております。

ツイッターのアカウントは以下の通り。
http://twitter.com/yokohamateru

別ブログで「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」って言うのをやっています。本のリンク集以外のネタはそちらで。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2012年01月 | 02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

『ほったらかし不動産投資で月50万円稼ぐ!』のほったらかし不動産で大家さんになる9つのステップおよび参考文献リンク集
今回は『ほったらかし不動産投資で月50万円稼ぐ!』午堂登紀雄著(ダイヤモンド社、2011)です。


結局、STEP1で軍資金貯めてからやりなさいね!そして優秀な不動産業者を探しなさいね!それと勢い!あ、都心・駅近の物件というのも忘れずに、ってこと?

本書には、PART3に「ほったらかし不動産で大家さんになる9つのステップ」というのが記載されているので、これをメモ書きとて。また、本文中にいくつか参考文献が記載されていrので、これもメモ書きとして。


ということで、『ほったらかし不動産投資で月50万円稼ぐ!』のほったらかし不動産で大家さんになる9つのステップおよび参考文献リンク集(リスト)を。以下のとおりです。


◆『ほったらかし不動産投資で月50万円稼ぐ!』のほったらかし不動産で大家さんになる9つのステップ
■STEP1 お金を貯める
・自己資金ゼロで買うことは、やはり難しくなっています。

■STEP2 勉強する
・著者の言っていることをそのまま鵜呑みにしてはいけません。

・本などで他人の成功談を参考にしながら、自分なりの投資プランを、自分の人生観、投資感に照らして考えていくのです。

・どういう人の意見を取り入れるべきか、ということを自分の頭で考える必要があるのです。

・「本を読んでいるばかりじゃダメだ。行動に移さなければ」

・不動産投資を成功させるためには、頭の回転の速さとか聡明さ、あるいは人一倍の努力が必要なのでは、と思うかもしれません。しかし、特別な能力は何も必要ありません。

・入居者がきちんと入り、入り口(取得)かた出口(売却)までを含めて、最終的にはお金がいくら手元に残るかを考えることです。

■STEP3 ほったらかし不動産チームをつくる
・不動産投資の成功には、優秀な不動産業者を味方にすることが近道であると考えています。

・「よさそうだな」と感じた業者をリストアップし、相談申し込みのメールを送るだけです。

・不動産業者選びに失敗すれば、不動産投資も失敗する危険性が高いということです。

・優秀な不動産業者と悪徳業者を見分ける目を養い、優秀な業者とよい関係を保って、
やっていくという方法です。

・駅前の小さな不動産屋などは、地物との情報に精通しているうえ、非公開情報を握っている場合があります。それに地元の金融機関との強いつながりがあるので、融資面でも有利になることがあります。

・結局は「会社」ではなく「人」選びが重要だということです。

■STEP4 不動産業者にアポイントのメールを送る
・私は自分のプロフィールを詳しく書くようにしました。
  ・年収
  ・手持ち金融資産
  ・勤続年数
  ・勤務先
  ・家族構成
  ・携帯電話番号

■STEP5 不動産業者を訪問する
・自分が不動産業者にとってのAランク客になることを目指す必要があるのです。

・まずは直接会って、面識を作っておくことが必要です。

・「不動産業者は同じ目的に向かってアルクパートナーなのだ」という気持ちで接すること。対等な立場であるという姿勢で、自分のほうから真摯に誠実に対応することが、いい業者を味方につける方法のひとつです。

・プロに選ばれるだけの人間的な魅力を持つ、あるいはそう見てもらえるようにすることこそが重要なのです。

■STEP6 質問して相手を見極める
・私たちは優秀な不動産業者を選ばなければなりません。

・「最近の不動産投資の環境はどうですか。融資情勢はどうですか。あるいは、今後どうなりそうでしょうか?」

・話の中身に納得できる具体的な根拠があるかどうか、話の筋が通っているかどうかが見極めるポイントです。

・考えられるリスクと、そのリスクに対処する方法があるかどうかを、きちんと提案してくれることが重要です。

・そのメリットとデメリットを自分で受け入れられるかどうかで判断します。そいうう判断材料を与えてくれる人かどうかが見極めポイントのひとつです。

・なぜお勧めなのか、その理由を聞くようにしましょう。

・物件の選定はプロに任せてしまえばいいのです。プロの目で見て、そのフィルターを通った物件の中から、よさそうな物件を選べばいい。その仕組をつくればいいのです。

・「なぜこの物件が自分に紹介されたか?」

・業者が勧める理由からも、本当に自分のことを考えてくれる業者かどうかが判断できます。

■STEP7 物件を購入する
・業者から物件情報をもらったら、すぐ見に行きましょう。

・よい物件はとにかく売れるのが早い。結果として意思決定が早い人が、いち早くいい物件を取得できるのです。

・物件情報が来たら、買うか買わないかにかかわらず、必ず返事をするということです。
・意外にこれ(返事をする)をおろそかにして業者が離れて行ってしまう人も多いのです。
■STEP8 信頼できる管理会社に任せる
・不動産投資は取得してからが本当のスタートです。

※以下管理会社選びの条件
(1)空室期間短縮化の努力をしてくれるか

(2)入居者との交渉力はあるか

(3)家賃滞納時の督促管理は十分か
・滞納に対しては、迅速かつ断固たる姿勢で臨まなければなりません。

(4)入居者からのクレーム対応は迅速か

(5)退去後のリフォームやハウスクリーニングのチェックは入念か

(6)建物管理は行き届いているか
・同じ費用でも業者によってクオリティにはかなり差があります。

(7)管理会社によってオーナーの利益は大きく変わる
・しっかりした管理会社に任せると、オーナーの収益は維持されつつ、ほったらかし運営が可能となります。

※以下管理会社を選ぶポイント
(1)管理物件全体の入居率はどれぐらいか?
・地方都市でも90%以上、大都市圏で95%以上は確保している会社を選びたい。

(2)入居率アップのための具体的な取り組みをしてくれるか?

(3)コストパフォーマンスはいいか?
・管理内容と管理コストのバランスも重要です。

・入居者の満足度につながる管理の品質、そしてコストを考慮したトータルとしての収益性、そのバランスを考えて管理会社や管理メニューを考える必要があります。

■STEP9 ほったらかし管理のための仕組みをつくる
(1)家賃設定の自動化
・家賃と管理費を分けて、見た目の家賃が低めになるようにしておきます。

・最初から相場より少し安めにしておくことで、短期間で入居が決まりやすくなります。
(2)募集図面の自動化
・必ず自分でもチェックし、賃貸仲介業者が案内しやすくなるアピールポイント満載の図面をつくってもらうようにしましょう。

(3)家賃交渉の自動化
・客付け業者に交渉権限を与えておきます。

(4)クレーム対応の自動化
・水回り(シャワーなど)やエアコンなど、快適に住む上で軽視できないクレームには、オーナーの承諾がなくても迅速に対応してもらい、事後報告でよい、と伝えておきます。

(5)原状回復・募集開始の自動化
・事前に部屋の内部の写真を撮っておくようにしましょう。

・退去の立ち会い時にも、必ずリフォーム業者を同行させ、次の日にはルームクリーニング、もしくはリフォーム作業に入れるように手配してもらいます。

・管理会社に手順や条件を伝え、彼らが働きやすい環境をつくっておくと、よりほったらかし度が高くなります。

(6)管理会社をうまくマネジメントする
・(インセンティブを提示する)インセンティブ報酬を揚げるようにしておくと、早く動いてくれます。

・(ねぎらいの言葉をかける)お中元やお歳暮を贈ったり、年賀状を出したり、メールで近状報告をしたり、年に一度は手土産を持って挨拶に行ったり、というレベルで十分でしょう。

・(ときには緊張感を持たせる)「ただのよい人」になってしまうと、ナメられてカモにされてしまいます。


◆『ほったらかし不動産投資で月50万円稼ぐ!』の参考文献 一覧
『金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法』ロバート・キヨサキ著(2003)

『33歳で資産3億円つくった私の方法』午堂登紀雄著(2006)

『お金がいままでの10倍速く貯まる法』午堂登紀雄著(2010)

『お金の才能』午堂登紀雄著(2009)


※本書の詳しい解説・感想は以下のブログをどうぞ!
はだかの大翔~不労所得50万円の道~「ほったらかし不動産投資で月50万円稼ぐ!」

人生のたまご。「ほったらかし不動産投資で月50万円稼ぐ!」


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます

スポンサーサイト

テーマ:住宅ローン - ジャンル:ファイナンス

資産運用 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/01/25(水) 23:16 ]

『TOEICテスト 実力アップのテクニック』のTOEIC実力アップのためのチェックリストおよびTOEIC対策本リンク集
今回は『TOEICテスト 実力アップのテクニック―絶対間違えない勉強法と参考書選び』中川徹著(スリーエーネットワーク、2007)です。


結局、自分に必要なのは「テクニック本」なのか「実力UP本」なのか見極めて使いなさいね!、ってこと?


本書には、巻末に本書内で説明された内容を「TOEIC実力アップのためのチェックリスト」としてまとめてあるので、これをメモ書きとして。また第7章 TOEIC対策本 「使い方」レビューにてTOEIC対策本がいろいろと掲載されているので、これもメモ書きとして。


ということで、『TOEICテスト 実力アップのテクニック―絶対間違えない勉強法と参考書選び』のTTOEIC実力アップのためのチェックリストおよびOEIC対策本(リスト)を。以下のとおりです。

なお、ひとことレビューと対象も追記しておきます。


◆『TOEICテスト 実力アップのテクニック―絶対間違えない勉強法と参考書選び』のTOEIC実力アップのためのチェックリスト
□勉強の「質」をアップするために、自分にあった「参考書」を選ぼう!
 英語の基礎はある
 TOEICの出題傾向に慣れていない → テクニック本

 時間がある
 知識面に不安がある
 TOEICの出題形式は知っている → 実力UP本

□『司法試験 現役合格』の勉強テクニック
・グルグル勉強法 → 何度も「回す」勉強法
 × 問題演習をひたすら繰り返す
 ○ 間違った問題だけ何度も繰り返して解く

□英語をグルグル「回す」テクニック
1 自分にあった「単語帳」を選ぶ

2 覚えようとせずに、「音声」を一気に聞く
  マーカー 「聞いて、すぐわからない単語」
   ↓
  チェック 「マーカーをつけた単語の例文」の意味
   ↓
  別色マーカー重ね塗り  わからない見出し語

3 グルグル「回す」
  重ねぬりされた単語だけをグルグル「回す」

□完璧主義にはならない
    自分にとっての重要事項をABCランク分け
           ↓
時間の短縮 → アウトプットの時間UP!


□学習者にとって、「時間」は最大の課題

電子辞書・インターネットで効率的な勉強を!

□模試の本 使い方の秘訣
・選び方
 (1)解説が詳しい
 (2)スコア換算表が付いている
 (3)音声スクリプトがついている

・使い方
 (1)制限時間内に解く
 (2)問題を解くときに「しるし」をつける
  ◎-自信がある  ○-普通  △-わからない
 (3)解説は全て読んではいけない
  △と間違えた問題だけを集中して読む

□試験直前のカンニングペーパー
自分にとっての「弱点」
   +
試験に出たら嫌な知識 → B5用紙1枚の「カンニングペーパー」にまとめる
   +
「グルグル勉強法」で
 「間違えた問題

→試験前日、会場に行く電車の中で確認

□カンニング シャドウイングのすすめ
・用意するもの
「TOEICリスニング問題集」「模試のPart1~4」のCD、スクリプト

・方法
 スクリプトページを聞きながら「シャドウイング」
 →聞きとれれないなら、スクリプトでカンニング

・効果
 短期間の繰り返し
 →リスニング点数 大幅UP!

□500~700点レベル 特効薬は「英作文」!
・用意するもの
 「問題集」、「模試(Part5)」、「単熟語帳」

・方法
 解答解説ペ^ジの「日本語訳」を1文 45秒~60秒でテンポよく英作
 →問題文の英文と比較して、自分で添削する

・効果
 「ひと粒で3度おいしい
 (1)英語特有の表現の体感 (2)文法事項の復習 (3)重要単語が学べる

□オリジナル「速読ドリル」を作ろう!
・用意するもの
 「模試」「問題集(Part7) 10回分以上の問題」

・作り方
 問題文だけを切り取る
 →パターン別に編集
  (広告、記事、手紙、メール、メモ、メニュー、料金表、、統計図表、フォーム)

・方法
 制限時間を設定して、速く読む

・効果
 TOEICの問題は定型化している
 →内容の予想力 大幅UP!

□英語の勉強が楽しくなるコツ
 1 小さな目標を1つずつクリアする
 2 ブログで勉強結果を記録する
 3 自分の好きなものと関連づける

□勉強継続のコツ
 1 本を買ったら、その日に読む
 2 日常習慣に英語を組み込む
 3 奇数月はTOEICを受ける

□300点からできる!英文記事で英語力を磨く!!
・方法
 (1)日本語版と英語版の記事があるサイト(例:新聞社)を利用
 (2)毎日、少しずつ読む
 (3)頻繁に出会う単語・表現は辞書を引く

・効果
 (1)TOEICリーディングに役立つ
 (2)頻出語彙・表現が何度でも出てくるので、自然と覚えてしまう

□多読のすすめ ペーパーバック 読み方の6ヶ条
1 薄いペーパーバックから始める
2 「買った日:に読む
3 まとめ買いはしない
4 辞書を使わないで読む
5 読んで飽きたら捨てる
6 日本語で読んでから読む

□3ステップ単語学習法
ステップ1 重要な単語の暗記 「グルグル勉強法」・語源
ステップ1.5 単語力増強 「文章型単語帳」を使う
ステップ2 問題集・模試を解きながら覚える わからない単語のチェック
ステップ3 試験前に同じ単語帳で確認

□自然と正解にたどり着けるような文法力をつけよう!
(1)「文型」をしっかり学ぶ
(2)「TOEICの出題範囲」を理解する
(3)「予想能力」を養う→「選択肢を見ないで」Part5,6の問題を解く
(4)「語法」に注意→「動詞の語法」に注意して覚える

□情報を素早く抽出し発見する速読力をつけよう!
(1)「タイトル」と「設問」を読む→文章のテーマと質問の把握
(2)「返り読み」そいない
(3)「予想力」をつける→「パターン分析」:広告、メール、表、記事等
(4)「要約力」をつける意→「トピックセンテンス」

□リスニングが苦手な理由を知る!
(1)「語彙力」  (2)「発音力」  (3)「文法力」
(4)「文脈力」  (5)「精神的な問題」

□990点は全問正解ではない!
 2~10問位間違えても、990点は取ることができる
 難しい問題は間違ってもよい

□900点レベルの人がわからない問題は、他の人もわからない
 全ての問題をパーフェクトに解かない

□990点取るためのリスニング学習
Part1,2 最後の選択肢は聞かないで解答する
Part3,4 「設問」「選択肢」は英文が流れる前に読む
     「設問」を「あえて」読まない
模試を解くとき 「模試」を解きながら「解答解説」も読む

□990点取るためのリーディング学習
・本番でどれだけ「時間を余らせるか」が重要!
 模試を時間管理で
 制限時間(解答時間の8掛け)を設ける

◆『TOEICテスト 実力アップのテクニック―絶対間違えない勉強法と参考書選び』のTOEIC対策本 一覧
■1 総合対策、勉強法の本
『新TOEIC TEST総合スピードマスター―New Version対応 (入門編)』(2006)
[ひとこと]TOEICを初めて受ける人向けのテクニック本
[対象]TOEICを受けたことがない人が始める本として最適です。TOEICを受けたことがある人でもテクニックがわからない人にはおすすめできます。

『TOEIC Test 「正解」が見える【増補改訂第2版】』(2007)
[ひとこと]元祖テクニック本が改訂されて新TOEICテストに対応!
[対象]TOEICを受けたことがない人、TOEICを受けたが、実力通りの点数が取れない人には本書が爆発的な効果を持つはずです。

『受験英語からのTOEIC Test―新テスト対応版』(2006)
[ひとこと]忘れていた受験英語を思い出し、TOEICに対応できるようになるための一冊
[対象]受験英語を頑張った記憶のある人が、忘れていた受験英語を思い出し、TOEIC型の勉強への道筋をつけるためには最適の教材です。解説も詳しいので、TOEIC総合点400点位からでも大丈夫です。

『新TOEICテスト 直前の技術スコアが上がりやすい順に学ぶ』(2006)
[ひとこと]直前期に限らず、有効なテクニック本
[対象]総合点400点~700点辺りの人がメインのターゲットになります。

『新TOEICテスト730点突破のルール20―はじめてでも越えられる』(2007)
[ひとこと]直感的に問題の「解き方」を理解できる総合演習書
[対象]総合点400点以上の人が対象です。手っ取り早くTOEICの「解き方」を直感的に知りたい人には特におすすめできます。

『新TOEICテスト730点攻略本』(2006)
[ひとこと]テクニック本と実力UP本の両方の要素を入れようとしている本
[対象]総合点400点~600点台位の人

『新TOEICテスト700点突破パーフェクト攻略』(2006)
[ひとこと]頻出事項を定着させることで、点数アップを図るという面白い観点からのテクニック本
[対象]500~600点で、「出題範囲が広くてどこから勉強を始めればいいかわからない」「解法テクニック(狭義)は既に学んだが短期間で得点アップできる方法はないか」「リズムをつかめない」といった悩みを持っている人

『TOEICテスト900点を突破する集中トレーニング』(2003)
[ひとこと]中級から上級への「壁」が超えられる方法本
[対象]600~800点くらいまでの「中級者と上級者の間の壁」を感じている人が対象です。

■2 ボキャブラリーの本
『1日1分レッスン!TOEIC Test 英単語、これだけ』(2006)
[ひとこと]気軽に英単語を学べるが、掲載単語数は少ない
[対象]TOEIC学習の主軸にすえないのであれば、どの点数の人にもおすすめできます。

『TOEIC テスト550点レベルの基本800語 CDを聞くだけで英単語が覚えられる本』(2010)
[ひとこと]TOEIC600点を目指す上での重要単語帳+プチ英英辞典
[対象]総合点400点台~500点台位の人が、総合600点を目指すボキャビルに使える本です。

『文脈でどんどん覚えるTOEICテストの英単語』(2006)
[ひとこと]パート4と7の対応に適している本 ついでに単語の意味も確認できて一石二鳥
[対象]パート4、パート7で単語が聞き取れない、意味がわからないといった理由でひっかかっている、総合点400点~600点台位の人にとって適しています。

『DUO[デュオ] 3.0』(2000)
[ひとこと]効率よく「単語を覚える本」というより、効率よく「例文で単語の使い方を覚えることができる本
[対象]まず、総合点730点以上の、1例文当たり1つの単語しか知らない単語がないというレベルの人がDUOを使えば、例文を覚えやすいでしょう。
 単語力に不安がある400点~600点程度の人にとってのおすすめの方法は、「DUOを始める前に、他の単語帳である程度の単語について記憶する」という方法です。
 例文暗記を中心に学習することで、DUOを「既に覚えた単語の活用法を体得し」「例文に出た他の重要単語もついでに覚える」というように利用するのが、最も効率のよい勉強法でしょう。

『新TOEIC TEST英単語出るとこだけ! 』(2008)
[ひとこと]単語の並べ方が非常に実践的な英単語帳
[対象]総合点400点~600点台位の人が「TOEICでよく使われる語彙を短期間で覚えたい」という場合に効果的です。

『徹底分析シリーズ TOEICテスト 新・必修単語』(2006)
[ひとこと]そのパートで使われる英単語を、そのパートの形式の例文で学ぶ単語帳
[対象]400~700点台位までの英単語対策として有効です。

『これだけ覚えれば860点突破! TOEICテストに でる順英単語』(2008)
[ひとこと]対象者と使い方を誤らなければ活用できる単語帳

『TOEICテストぶんせき英単語』(2006)
[ひとこと]受験英語は大丈夫なのに、TOEICの点数が取れないという人に最適な英単語帳
[対象]センターレベルの単語、高校教科書に出る単語はわかっているが、TOEICの単語は知らない単語が多いという人にとっておすすめです。

『必ず出る 新TOEIC Test 英単語・熟語』(2006)
[ひとこと]かつてTOEICに出た基本語以外の単語を集めた本
[対象]本書の1つの有効な使い方は、上級者が、「めったに出ないけど、いつかは出ることが確実な語」を勉強するという使い方です。
 中級者も、巻末の単語帳を利用して、通勤時間に「グルグル勉強法」で何度も確認するという方法を取れば、相当実力はつくと思われます。

■3 文法の本
『TOEIC TEST文法完全攻略―必須単語も同時に身につく』(1998)
[ひとこと]中学文法とTOEIC700点レベルの間の文法力を架橋する文法実力UP本
[対象]基本的には中学英語レベルから、TOEIC総合600点台位の、文法に不安がある人全てに応用できます。

『新TOEICテスト 英文法をはじめからていねいに』(2006)
[ひとこと]カリスマ大学受験予備校講師による、TOEICに出る中学・高校英文法のわかりやすい解説
[対象]300~500点の人に最もおすすめです。


『5日間で攻略するTOEICテストの英文法―クイズ感覚で実戦力アップ』(2001)
[ひとこと]ポケットに入る手軽なサイズなのに、様々な難易度のパート5の問題が600問も掲載
[対象]400点前後以上の人、特に通勤時間が長い人の通勤時間中の勉強におすすめです。

『新TOEIC TEST 英文法 出るとこだけ!―直前5日間で100点差がつく鉄則27』(2006)
[ひとこと]パート5の短期対策に特化したテクニック本
[対象]400~600点位の、一応高校英語は学んだけどパート5の成績が悪い人が、直前期に文法を学ぶ際におすすめです。

『1日1分レッスン!TOEIC Test―時間のないあなたに!即効250点up 』(2005)
[ひとこと]通勤中の学習に最適な文法問題集
[対象]400~600点位の方にとって適切な本です。

『TOEICテストぶんせき英文法』(2007)
[ひとこと]初・中級者に必要な文法事項を暗唱して身につけることができる本
[対象]400~700点ないし、文法セクション7割以下といった辺りレベルの人が最適読者層です。

『TOEICテストで高得点を約束する急所38ポイント 新テスト―「ルール」を知っていれば文意がつかめなくても正解が出せる! 』(2007)
[ひとこと]単語や文構造でわからない問題でも、鍵になる言葉を見ぬくことで正解を目指す文法の問題集』
[対象]500点台位の人が覚悟を持って本書を勉強すれば、パート5は730点位の人と同じくらいとれるようになるでしょう。

『TOEIC TEST英文法問題集集中攻略―ひと目でわかる頻出パターン730点をめざす! 』(2002)
[ひとこと]忘れた大学入試英文法を1週間で思い出すのに最適な本
[対象]基本的にはリーディング250点以上の、学校等で文法を一応学んだことがある人が、直前期に使うのが効率的です。

『TOEIC TEST 英文法スピードマスター ― 1問30秒・驚異のスピード解法で900点をめざす』(2001)
[ひとこと]約350問の分野別文法練習問題でレベルアップを図る本
[対象]ある程度の文法知識を知っているけれど「時間がかかる」「悩んでしまう」という人であればおすすめです。500点台後半から600点台位が目安になります。

■4 リスニングの本
『ココを聴け!TOEIC Testリスニング―新テスト対応版』(2006)
[ひとこと]リスニングの「聞き取りポイント」を50ピックアップし、問題を解きながらトレーニングする本
[対象]リスニング300点台後半以上のレベルの人であれば、直前対策としてポイントを復讐するのに使うのが効果的です。

『TOEIC TEST 攻略の王道 リスニング編―邪道よ、退け! 』(2005)
[ひとこと]面白いトレーニングでビジネス英語の能力をアップし、それによりTOEICの点数アップを目指す本
[対象]400~700点台位の、テクニックは磨いたが、点数が上がらない停滞期に入った人におすすめです。

『新TOEICテスト リスニング基礎強化編』(2006)
[ひとこと]リスニングの中級者が実力をアップさせるための本
[対象]リスニング200~300点の中級者におすすめです。

『闘耳 発音でTOEICテストのリスニングを攻略する』(2006)
[ひとこと]「リスニングが全然聞き取れない。スクリプトを読んで『こんな簡単な内容だったんだ!』とがっかりしてばかり。」という悩みを持つ人への特効薬
[対象]「スクリプトを読めば理解できる」のにリスニングの音が聞き取れない人です。

『新TOEICテスト米・英・豪・加比較リスニング』(2007)
[ひとこと]国別の発音・アクセントの違いを極める本
[対象]各国の発音が違っているためにリスニングが聞き取りづらいという理由でリスニングの点が伸びない人が主な対象です。

■5 リーディングの本
『高校入試実戦!英語長文はこう読む!!』(2010)
[ひとこと]初級・中級者が英語の語順で長文を読めるようになるための練習に最適な本
[対象]リーディング100点台~200点前後の人が英文を英語の順番通りに読むトレーニングのために使うとよいでしょう。

『わかりやすい新TOEICテストリーディング (CD付)』(2006)
[ひとこと]リーディングパートのモヤモヤを解消してくれる実力UP本
[対象]基本的な文法は勉強しているが、時間がないという、400~700点台位の人が対象です。

『目と脳で感じるダイナミック英語速読 分速1,000wordsマスター』(2006)
[ひとこと]多種多様なトレーニングにより、英語を早く読める力を養成する本
[対象]パート7が早く終わらないことに悩むTOEIC総合400点台以上の方が対象になります。
 なお、速読法を本格的にやらない人であっても、「指差し読み」、つまり指で文章を追いかけながら読む方法は有効です。

■6 模試の本
『模誌×模試×模試 受験英語からのTOEIC Test―新テスト対応版』(2006)
[ひとこと]中級者~上級者にとって非常に使いやすい新TOEIC対応模試試験問題集
[対象]TOEIC総合400点以上の人におすすめできます。』

『TOEICテスト新公式問題集』
[ひとこと]最も質の高い模試の本
[対象]本試験を受ける代わりに使うというのであれば、費用対効果以上の意味があると思われます。

『新TOEICテストスーパー模試600問』(2006)
[ひとこと]ベストセラー模試シリーズがついに新TOEICに対応
[対象]600点以上の人にとっては、難しい問題が集まっている本書は苦手分野を知る、自分の知らない知識を知る、直前に腕試しと言った目的で有効活用できると思われます。
 400~500点台の人は、直前期にこれを解くことで、「速さに慣れる」ことができます。

『TOEIC(R)テスト新・最強トリプル模試1[改訂新版] 』(2010)
[ひとこと]分析に基づく出題と詳しい解説の模試本
[対象]パート2以降は解説が丁寧なので、500点以上あれば大体大丈夫だと思われます。

『新TOEICTEST キム・デギュンの究極厳選400問』(2006)
[ひとこと]少し難しめだが、非常に「本物」に近い模試
[対象]600点以上の中、上級者にとって、自分の実力、及び自分が「今後身につけなければいけない力が何か」を知るという意味で、非常に優れた模試です。


◆上記以外で、本文中に取り上げられているTOEIC対策本。
『TOEICテスト出まくりキーフレーズ 【CD付】』(2005)

『TOEICテストいっきにスコア・アップ 新テスト対応版』(2005)

『新TOEIC TESTリーディングスピードマスター』(2006)

『TOEIC TEST英単語スピードマスター』(2004)

『語源とイラストで一気に覚える英単語』(2003)

『速読速聴・英単語シリーズ』

『英単語・熟語ダイアローグシリーズ』

『新TOEICテスト まるごと模試600問』(2007)

『英単語センター1500―体で覚えるデータベース』(1999)


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

英語 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/01/18(水) 23:27 ]

『僕は君たちに武器を配りたい』の参考文献リンク集&手に入れた武器(本文まとめ)
今回は『僕は君たちに武器を配りたい』瀧本哲史著(講談社、2011)です。


結局、「語学や会計知識、ITスキルの習得と、収入の増加には、実際には因果関係がない」と言いつつ英語は必須だから!、ってこと?

ちなみに「TTP(徹底的にパクる)」って、本書では明記されていませんが、吉越浩一郎さんの十八番なんじゃ…。
※2012/01/19追記:作者の瀧本哲史さんからツイート頂きました。草稿時にはTPPの出どこを明記されていたそうですが、ページの関係でカットされたようです。

本書には、本文中に参考文献が明記されているので、これをメモ書きとして。それと、途中途中に「ここまでに手に入れた武器」として、本文まとめが明記されているので、これをメモ書きとして。


ということで、『僕は君たちに武器を配りたい』の参考文献リンク集(リスト)および手に入れた武器(本文まとめ)を。以下のとおりです。


◆『僕は君たちに武器を配りたい』の参考文献 一覧
『金持ち父さん貧乏父さん』ロバート・キヨサキ著(2000)
※本ブログでも紹介しています

『学問のすゝめ』福沢諭吉著(1978)

『多元化する「能力」と日本社会 ―ハイパー・メリトクラシー化のなかで』本田由紀著(2005)

『俺は、中小企業のおやじ』鈴木修著(2009)

『任天堂 "驚き"を生む方程式』井上理著(2009)

『天才!成功する人々の法則』マルコム・グラッドウェル著(2009)

『1984年』ジョージ・オーウェル著(1972)

『スリッパの法則 - プロの投資家が教える「伸びる会社・ダメな会社」の見分け方』藤野英人著(2004)

『権力と人間』H・D・ラスウェル著(1954)

『ヴェニスの商人』シェイクスピア著(1967)

『ヴィジョナリー・カンパニー 時代を超える生存の法則』ジェームズ・C・コリンズ、ジェリー・I・ポラス著(1995)

『君たちはどう生きるか』吉野源三郎著(1982)


◆『僕は君たちに武器を配りたい』の手に入れた武器(本文まとめ) 一覧
・勉強ブームの陰には「不安解消マーケティング」がある。勉強すれば大丈夫と安易に思うな!

・インターネットによて、知識獲得コスト、教育コストが激減し、世界的な競争にさらされるなど、急激な社会変化に注視せよ!

・全産業で「コモディティ化」が進んでいる。賃金を下げないためにはコモディティになるな!

・生き残るためには「スペシャリティ」な人間になること。「唯一の人」になれ!

・日本にやってきている「本物の資本主義」の姿を見極めよ!

・一部の「頭のいい人」ではなく、「より安く、よりいい商品」を作る人間が、社会を進歩させるシステムが資本主義。

・資本主義には3つのモデルチェンジ、「略奪」「交易」「生産性革命」があった。

・日本を支えてきた「擦り合わせ産業」はもはや通用しない。

・「ものずくり」にはこだわるな!国に頼るな!

・現役学生が起業するのは「高学歴ワーキングプア」への道。コモディティ企業を作るな!

・専業主婦はハイリスク。「婚活」ブームに踊らされずに、女性もキャリアを目指せ。

・金融企業などが高給で知られる会社ほど、変化が激しく、短命な商品の寿命がそのままビジネスの寿命になる。

・現役人気の企業でも40年後は消滅している可能性が大。就職ランキングに騙されるな!

・日本の国内市場は先細り間違いなし。海外で働くことも考えよ!

・大量のコマーシャルを打っている会社、「今流行っている」商品・サービスを売る会社には気をつけろ!

・生産性の低い40代、50代社員が幸せそうにしている会社には入るな!

・企業を見極めるポイントは「お客さんを大切にしているか」。顧客を大事にする会社は従業員も大切にする。

・資本主義の世界で、稼ぐことができるのは6タイプ。

※儲かる漁師を分類すると、次の6つにそのタイプを説明することができるだろう。

1、商品を遠くに運んで売ることができる人(トレーダー)

2、自分の専門性を高めて、高いスキルによって仕事をする人(エキスパート)

3、商品に付加価値をつけて、市場に合わせて売ることができる人(マーケター)

4、まったく新しい仕組みをイノベーションできる人(イノベーター)

5、自分が起業家となり、みんなをマネージ(管理)してリーダーとして行動する人(リーダー)

6、投資家として市場に参加している人(インベスター=投資家)

・しかしそのうちの「トレーダー」と「エキスパート」は価値を失いつつある。

・マーケターとは新しくない要素の組み合わせで「差異」を作り出せる人のこと。これからのビジネスは「差異」が左右する。

・企業や商品で差をつけることは難しい。差をつけるには、ターゲットとなった顧客が共感できるストーリーを作ること。

・自分自身も「商品」。売る「場所」を変えることでまったく結果が違ってくる。

・「自分の頭で物事を考えない人」は、DQNビジネスのカモにされる。

・自分の働く業界について、ヒト、モノ、カネの流れを徹底的に研究しろ!

・イノベーションのチャンスは「今しょぼい業界」にある。

・「TTP(徹底的にパクる)」と「逆の発想」がイノベーションを生む。

・「駄馬」を使いこなすのが本当のマネジメント。

・クレイジーなヒトはコンプレックスを原動力とせよ!

・クレイジーでないヒトはリーダーびサポート役になれ!

・ローリスクより、リスクがとれる範囲のハイリスク・ハイリターンの選択肢をたくさん選べ。

・サラリーマンとは知らないうちにリスクを他人に丸投げするハイリスクな生き方。リスクは自分自身でコントロールせよ!

・投資は、長期的な視点で富を生み出し続けるか、人が信頼できるか、の2点で判断する。

・日経新聞を読んでもけっして鵜呑みにするな。

・機関投資家は個人投資家をカモにしている。株式投資は「損して学ぶ」つもりで挑め。

・トレンドとサイクルを見極めることができればリターンが得られる。

・投資家として働くことで、世の中の見方が一変する。

・公開されている情報からでも、普通の人がやらない「一手間」をかけることで、大きな果実を手に入れられる。

・大学では「奴隷の勉強」に時間をかけず、自由人になるための「リベラル・アーツ(教養)」を学べ。

・本当の資本主義の時代に、「ほんとうに人間らしい関係」を探っていこう。


※本書の詳しい解説・感想は以下のブログをどうぞ!
活かす読書 「僕は君たちに武器を配りたい」

HONZ 「付加価値をクリエイトする『僕は君たちに武器を配りたい』」

Namuraya Thinking Space 「0994 『僕は君たちに武器を配りたい』」

ライフハックブログKo's Style 「会社に使い捨てられないために必要な「武器」となる考え方 ~本『僕は君たちに武器を配りたい』」

opitziuの読書メモ 「『僕は君たちに武器を配りたい』 瀧本哲史」


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

会社経営・起業・副業 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2012/01/05(木) 22:51 ]

copyright © 2017 ほんからり  ~本からいろいろリンク~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。