ほんからり  ~本からいろいろリンク~
主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

teru

Author:teru
teruと申します。

主に読んだ本に記載してあった参考文献、掲載店、掲載商品などのリンク集(リスト、一覧)です。またビジネス書、(小説以外の)べストセラー本などのメモ書きなども。あと書評とまでは行きませんが(汗)、コメントや内容などに関してもちょろっと。

本ブログに関しての詳しい紹介は「はじめに」を参照してください。

取り扱ってほしい本のリクエストがあれば、コメントとして記入、または以下のメールフォームを使用してメールを下さい。

本ブログでは、各エントリーでアフィリエイトを行っています。現時点で収入はほとんどありませんが(汗)、利益が出れば新しい本の購入代にあてたいと考えております。

ツイッターのアカウントは以下の通り。
http://twitter.com/yokohamateru

別ブログで「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」って言うのをやっています。本のリンク集以外のネタはそちらで。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2011年06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

『ライフネット生命社長の常識破りの思考法』の"出口流"「旅」術&「読書」術まとめおよび脳に効く「旅」、と「読書」おすすめガイドリンク集
今回は『ライフネット生命社長の常識破りの思考法 ビジネスマンは「旅」と「読書」で学びなさい!』出口治明著(日本能率協会マネジメントセンター、2010)です。


結局、本気でビジネスを成功させたいなら、人間を理解することに尽きる!、ってこと?

本書には、第3章「「タテヨコ」思考を鍛える"出口流"旅行術&読書術」にて、"出口流"「旅」術のまとめと"出口流"「読書」術のまとめが記載されているので、これをメモ書きとして。

またPART2にて「脳に効く「旅」、と「読書」おすすめガイド」というオススメ観光地とオススメ本が明記されているので、これをメモ書きとして。


ということで、『ライフネット生命社長の常識破りの思考法 ビジネスマンは「旅」と「読書」で学びなさい!』の"出口流"「旅」術&「読書」術まとめおよび脳に効く「旅」、と「読書」おすすめガイドリンク集(リスト)を。以下のとおりです。


◆『ライフネット生命社長の常識破りの思考法 ビジネスマンは「旅」と「読書」で学びなさい!』の"出口流"「旅」術・まとめ
・海外旅行に語学はそれほど必要ない。固有名詞がはっきり言えて、スペルが書きさえすればほとんど困ることはない。

・ガイドには、私の場合はミシュラン(グリーン・レッド)を活用する。地図の縮小や位置が正確でよい。

・レストランはミシュランのレッドで探し、「この店で一番人気のあるメニュー」「ティピカル・ローカル」なものを尋ねる。

・ホテルやレストランを選ぶときは、たとえば10日のうちに2日は豪華なホテル、残りは駅前の安いホテル、というように、メリハリをつける。

・町を歩こう。生の情報に接すると、メディアを通じて見聞きした情報やイメージがいかに誤りだったかに気づく。

・海外旅行はそれほど贅沢なレジャーではない。むしろ国内旅行のほうが高い場合もある。ロンドン、パリ、などの人気のある町は費用が高くなりがちなので、予算がない場合は人気のない場所を選ぶのもひとつの考え方。

・あらかじめ休みをスケジューリングしておこう。まとまった休みをとることは罪悪ではない。

・旅慣れない人は、詐欺まがいの人間に注意。観光客の少ないところにはそういう人も少なく、おすすめである。

・写真を撮るよりも自分の目で景色をしっかり眺めよう。

・団体ツアーと個人旅行は、併用してその長所を生かそう。


◆『ライフネット生命社長の常識破りの思考法 ビジネスマンは「旅」と「読書」で学びなさい!』の"出口流"「読書」術・まとめ
・古典を読む。

・新聞の書評は、書評委員が責任をもって選んだ本が掲載されるのでハズレが少ない。

・新聞の書評で興味を持った本を書店で手に取り、本文の最初の5ページを真剣に読む。そこが面白ければ間違いなく最後まで読み通せる。ふらっと書店に立ち寄り興味を引いた本についても同じやり方で選ぶ。

・優れた本は、読み終わった後に必ず毒のようなものが残る。「ああ面白かった」とすっきりしてすぐにその内容を忘れるのではなく、その読破いつまでも自分のなかに残っている。

・速読や斜め読みはせず、一文一文納得できるようにていねいに読んでいく。傍線を引いたり付箋を立てたりということは私はしない。

・図書館を活用すると蔵書が増えなくてよい。人気のある本はすぐには入手できず順番まちになるが、予約しておく。

・読書とは、著者との「対話」「対決」である。

・読書にビジネスの気づきは求めない。人間とその社会の本質を知ることが大切。

・読書で人間とその社会の本質と世界の構造を知ったら、新聞を読んでみる。


◆『ライフネット生命社長の常識破りの思考法 ビジネスマンは「旅」と「読書」で学びなさい!』の脳に効く「旅」のおすすめガイド 一覧
・観光地にも「市場原理」が働いている ローマ(イタリア)

・「土地は人の生活の産物」を実感 ワーラーナシー(ベナレス)(インド)

・治安がよく、勤勉、英語も堪能 エスファハーン(イラン)

・徹底的な入国審査で国の情勢を感じる エルサレム(イスラエル)

・「観光客ずれ」していない町の姿 バガン(ミャンマー)

※以下は巻末の参考資料1 「いろいろな気づきを与えてくれる」歴史の十都市 より
アテネ(ギリシャ)

アーグラー(インド)

イスタンブール(トルコ)

カイロ(エジプト)

コルドバ(スペイン)

大同(中国)

ペルセポリス(イラン)

マラッカ(マレーシア)

メキシコシティ(メキシコ)

ラサ(中国)

※以下は巻末の参考資料2 「人間の旅を楽しむ」十冊 より
『イタリア紀行<上>』ゲーテ著(1960)
『イタリア紀行<下>』ゲーテ著()

『イブン・ジュバイルの旅行記』イブン・ジュバイ著(2009)

『インド日記―牛とコンピュータの国から』小熊英二著(2000)

『グレートジャーニー 人類5万キロの旅(全5巻)』関野吉晴著

『三大陸周遊記抄』イブン・バットゥータ著(2004)

『深夜特急(全6巻)』沢木耕太郎著

『スペイン旅行記』カレル・チャペック著(2007)

『大唐西域記〈1〉』玄奘著(1999)
『大唐西域記〈2〉』玄奘著(1999)

『中国奥地紀行〈1〉』イザベラ・L・バー著(2002)
『中国奥地紀行〈2〉』イザベラ・L・バー著(2002)

『何でも見てやろう』小田実著(1979)

◆『ライフネット生命社長の常識破りの思考法 ビジネスマンは「旅」と「読書」で学びなさい!』の脳に効く「読書」のおすすめガイド 一覧
・人間を知る上で最も役立つ書 『ハドリアヌス帝の回想』マルグリット・ユルスナール著(2008)

・日常レベルの人間を鋭く観察 『いじわるばあさん』長谷川町子著

『よりぬきサザエさん』長谷川町子著

・現在の日本を理解するにはまず昭和という時代を知る必要がある 『昭和史 1926-1945』半藤一利著(2004)

『昭和史〈戦後篇〉1945-1989』半藤一利著(2006)

『落日燃ゆ』城山三郎著(1986)

『幕末史』半藤一利著(2008)

『1940年体制―さらば戦時経済』野口悠紀雄著(2010)

『敗北を抱きしめて 上 ―第二次大戦後の日本人』ジョン・ダワー著(2004)
『敗北を抱きしめて 下 ―第二次大戦後の日本人』ジョン・ダワー著(2004)

『〈民主〉と〈愛国〉―戦後日本のナショナリズムと公共性』小熊英二著(2002)

・日本人の素晴らしさを改めて教えてくれる一冊 『クアトロ・ラガッツィ (上) 天正少年使節と世界帝国』若桑みどり著(2008)『クアトロ・ラガッツィ (下) 天正少年使節と世界帝国(2)』若桑みどり著(2008)

・この先十年は誰も超えられない金融の入門書 『現代の金融入門』池尻和人著(2010)

『反哲学入門』木田元著(2010)

『生命保険入門』出口治明著(2009)

『通貨を読む』滝田洋一著(2010)

『デフレの正体 経済は「人口の波」で動く』藻谷浩介著(2010)

・全ページにわたって驚きの解説が続く 『単純な脳、複雑な「私」』池谷裕二著(2009)

『宇宙137億年解読―コンピューターで探る歴史と進化』吉田直紀著(2009)

『責任という虚構』小坂井敏晶著(2008)

『ソロモンの指環―動物行動学入門』コンラート・ローレンツ著(2006)

※以下は巻末の参考資料3 人間とその社会を深く知るための毒をもった古典十冊 より
『アメリカのデモクラシー(全4巻)』トクヴィル著

『オイディプス王』ソホクレス著(1967)

『韓非子(全4巻)』韓非著

『コーラン(上中下)』<

『曽根崎心中・冥途の飛脚 他五編』近松門左衛門著(1984)

『ニコマコス論理学(上下)』アリストテレス著

『ハーフィズ詩集』ハーフィズ著(1976)

『ブッデンブローク家の人びと(上中下)』トーマス・マン著

『ヘンリー6世(1~3巻)』ウィリアム・シェイクスピア著

『預言者 The Prophet』カリール・ジブラン著(2009)


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます

スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

ビジネス一般 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/06/28(火) 00:05 ]

『しがみつかない生き方』の参考文献リンク集
今回は『しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール』香山リカ著(幻冬舎、2009)です。


結局、「ふつうにがんばって、しがみつかずにこだわらずに自分のペースで生きていけば、誰でもそれなりに幸せを感じながら人生を送れる。それで十分、というよりそれ以外の何が必要であろうか。」、ってこと?

本書には、本文中にいろいろと参考文献が明記されているので、これをメモ書きとして。


ということで、『しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール』の参考文献リンク集(リスト)を。以下のとおりです。


◆しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール』の参考文献 一覧
■序章 ほしいのは「ふつうの幸せ」
『結婚しなくていいですか。すーちゃんの明日』益田ミリ著(2008)

■第1章 恋愛にすべてを捧げない

■第2章 自慢・自己PRをしない
『ヨーロピアン・ハイライフ』斎藤澪奈子著(1990)

『王女の涙』大庭みな子著(1998)

『資本主義はなぜ自壊したのか 「日本」再生への提言』中谷巌著(2011)

■第3章 すぐに白黒つけない
『愛より速く』斉藤綾子著(1998)

『ラブ&ポップ―トパーズ〈2〉』村上龍著(1997)

『密教の可能性―チベット・オウム・神秘体験 超能力・霊と業』正木晃著(1997)

・[映画]『バッシング』(2007)

■第4章 老・病・死で落ち込まない
『がん緩和ケア最前線』坂井かをり著(2007)

『達者でポックリ。』帯津良一著(2008)

■第5章 すぐに水に流さない
『ラカンの精神分析』新宮一成著(1995)

『私があなたを選びました』鮫島浩二著、植野ゆかりイラスト(2003)

『資本主義はなぜ自壊したのか 「日本」再生への提言』中谷巌著(2011)

■第6章 仕事に夢をもとめない
『14歳からの哲学 考えるための教科書』池田晶子著(2003)

『働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。』戸田智弘著(2007)

■第7章 子どもにしがみつかない
『子どもの世話にならずに死ぬ方法』俵萠子著(2009)

■第8章 お金にしがみつかない
『経済ってそういうことだったのか会議』佐藤雅彦、竹中平蔵著(2002)

■第9章 生まれた意味を問わない
『幸福論』アラン著(1998)岩波書店

『ラカンの精神分析』新宮一成著(1995)

■第10章 <勝間和代>を目指さない
『成功を呼ぶ7つの法則』勝間和代著(2008)

『断る力』勝間和代著(2009)

『絶望の精神史』金子光晴、伊藤信吉著(1996)


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

ノンフィクション | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/06/23(木) 23:56 ]

『決算書でよむ企業と業界力』の本文メモ書きおよび参考文献リンク集
今回は『決算書でよむ企業と業界力』國貞克則著(KKベストセラーズ、2010)です。


結局、いろいろ日本の企業や業界を決算書から分析したけど、日本の一流企業でも海外と比較すると中小企業レベルなのよ、ってこと?


本書には、本文中に「会計の初心者のための財務分析のポイント」や「会社にとって大切な4つの数字」などが記載されているので、これをメモ書きとして。また、巻末に参考文献が明記されているので、これをメモ書きとして。


ということで、『決算書でよむ企業と業界力』の本文メモ書きおよび参考文献リンク集(リスト)を。以下のとおりです。


◆『決算書でよむ企業と業界力』の会計の初心者のための財務分析のポイント
(1)どのようにお金を集めてきているか

(2)それを何に投資しているか

(3)その投資した資産をいかに効率よく活用し売上高を作っているか

(4)その売上高をどのように利益に変えているか

(5)以上の事業全体のプロセスの中で現金がどのように動いているか
※上記を分析するうえで大事なのが下記の「大切な4つの数字」

◆『決算書でよむ企業と業界力』の会社にとって大切な4つの数字
・一番大切な財務分析指標:ROE(Return on Equity)
 ROE = 当期純利益 ÷ 純資産合計 × 100[%]
 ROE(2) = 当期純利益 ÷ 自己資本 × 100[%]

※以下、ROEを事業全体のプロセスに分解して説明。

・第一段階:資産を取得するための資金を調達する
 レバレッジ比率 = 有利子負債 ÷ 純資産合計 × 100[%]
 レバレッジ比率(2) = 長期他人資本 ÷ 自己資本 × 100[%]

・第ニ段階:資産を売上に変える
 総資本回転率 = 売上高 ÷ 総資本

・第三段階:売上を利益に変える
 当期純利益率 = 当期純利益 ÷ 売上高 × 100[%]

◆『決算書でよむ企業と業界力』の参考文献 一覧
『産業別財務データハンドブック』

『会社四季報』

『会社四季報業界地図』

『稲盛和夫の実学―経営と会計』』稲盛和夫著(2000)

『財務マネジメントの基礎と原則』デイビッド・メッキン著(2008)

『財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方』國貞克則著(2009)

『決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法』國貞克則著(2007)
※本ブログでも紹介しています

『CD-ROMでスラスラわかる 財務3表一体分析法ソフト『図解の達人』』國貞克則著(2009)
※試用版はこちら


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

会計 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/06/17(金) 23:57 ]

『経済とお金儲けの真実』の参考文献リンク集

今回は『経済とお金儲けの真実』飯田泰之、坂口孝則著(徳間書店、2011)です。


結局、「確実に儲かる投資」って唯一有効なのは海外インデックス投資です、ってこと?それと、日本人の労働者って本当はダラダラするのが好きなんじゃない?ってこと?

本書には、本文中にいろいろと参考文献が記載されているので、これをメモ書きとして。

ということで、『経済とお金儲けの真実』の参考文献リンク集(リスト)を。以下のとおりです。


◆『経済とお金儲けの真実』の参考文献 一覧
『ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する』W・チャン・キム、レネ・モボルニュ著(2005)

『偽装農家―たちまちわかる最新時事解説』神門善久著(2009)

『下流社会 新たな階層集団の出現』三浦展著(2005)

『下流志向〈学ばない子どもたち 働かない若者たち〉』内田樹著(2009)

・[映画]『バブルでGO!!』

『すべての経済はバブルに通じる』小幡績著(2008)

『資本論』マルクス著

『営業と詐欺の間』坂口孝則著(2008)

『第三の波』アルビン・トフラー著(1982)

『女子大生会計士の事件簿』山田真哉著(2002)

『奪取(上)』真保裕一著(1999)
『奪取(下)』真保裕一著(1999)


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます

テーマ:お金の研究♪ - ジャンル:ファイナンス

資産運用 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/06/14(火) 23:59 ]

『BRUTUS 2010/2/1号 世界で走ろう!』の読んで、観て、走る!目的別ランニングMOVIE&BOOKSリンク集
今回は『BRUTUS 2010/2/1号 世界で走ろう!』(マガジンハウス、2010)です。


結局、走る前に読んで・観て、モチベーション上げとけよ!ってこと?

本書には、「古今東西、数々のドラマを盛り上げたあの「ランニングシーン」を一挙に振り返る。」として、読んで、観て、走る!目的別ランニングMOVIE&BOOKSというのが記載されているので、これをメモ書きとして。


ということで、『BRUTUS 2010/2/1号 世界で走ろう!』の読んで、観て、走る!目的別ランニングMOVIE&BOOKSリンク集(リスト)を。以下のとおりです。


◆読んで、観て、走る!目的別ランニングMOVIE&BOOKS 一覧
■ただ勝つために 勝つことがすべて。走るからには、栄光をつかめ!
『スプリンター』全14巻

・[映画]『炎のランナー』

『遥かなるセントラルパーク〈上〉』飯島宏、トム・マクナブ、Tom MacNab著(1986)
『遥かなるセントラルパーク〈下〉』飯島宏、トム・マクナブ、Tom MacNab著(1986)

『奈緒子』全25巻

『冬の喝采』黒木亮著(2008)

・[映画]『ロッキー 特別編』


■逃げる、追う! 逃げれば追い、追われて逃走。華麗でタフな競争劇。
・[映画]『弾丸ランナー』

・[映画]『キートンのセブン・チャンス』

・[映画]『北北西に進路を取れ』

『アドルフに告ぐ』全4巻

・[映画]『マラソン・マン』

・[映画]『フレンチ・コネクション』

・[映画]『初恋のきた道』

■夢に向かって 一歩一歩踏みしめて向かう、新たな人生への入り口。
・[映画]『運動靴と赤い金魚』

・[映画]『卒業』

『マラソンマン』全19巻

・[映画]『まらそん侍』

『ニューヨーク・シティ・マラソン』村上龍著(1989)

■あの人を救うために 大切な人の命を助けるために、限られた時間をひた走る。
・[映画]『リトル・ランナー』

・[映画]『ラン・ローラ・ラン』

・[映画]『クレイマー・クレイマー』

『走れメロス』太宰治著(2005)

・[映画]『時をかける少女』

・[映画]『天狗飛脚』

・[映画]『YAMAKASI』

■健やかに生きる 美容、健康、体力作り、趣味、自分が自分らしくあるために。
・[映画]『イエスマン』

『走ることについて語るときに僕の語ること』村上春樹著(2007)

『ラン』森絵都(2008)

『長距離走者の孤独』アラン・シリトー著(1973)

『ムーンライト・シャドウ』よしもとばなな著(2003)

『初秋』ロバート・B・パーカー著(1988)

■走らずにいられない 走りだすのに理由は不要。ただ走りたいから走るのだ。
・[映画]『トレインスポッティング』

・[映画]『汚れた血』

・[映画]『崖の上のポニョ』

・[映画]『リトル・ダンサー』

『ボーイズ・オン・ザ・ラン』全10巻

・[映画]『フォレスト・ガンプ 一期一会』

『SPEEDBOY!』舞城王太郎著(2006)

『はしるチンチン』しりあがり寿著(2009)

◆ランニング気分が高まる5冊 一覧
『パーフェクトマイル』ニール・バスコム著(2008)

『ムネオ流マラソン術』鈴木宗男著(2008)

『42.19GO!!―運痴女のフルマラソン挑戦記』國廣幸亜著(2009)

『リディアードのランニング・バイブル』アーサー・リディアード著(1993)

『一瞬の風になれ』


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

スポーツ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/06/06(月) 23:42 ]

『メジャーリーグで覚えた僕の英語学習法』の長谷川式英語上達10か条および長谷川滋利が愛用した役立つ英語教材リンク集
今回は『メジャーリーグで覚えた僕の英語学習法』長谷川滋利著(幻冬舎 、2001)です。


結局、挨拶程度の英語は相手のしゃべりに対して無意識のうちに言葉が出るようフレーズを丸暗記すること!、ってこと?それに、後は一にも二にも度胸、ってこと?

2001年発刊という古めの本かつすでに絶版本ですが、結構メリケン生活開始時に苦労することなどが書かれているので、英語以外でも役に立ちそうですけど。

本書には、長谷川式英語上達10か条というのが掲載されているので、これをメモ書きとして。また巻末に実際に使用して役立ったという英語教材が記載されているので、これもメモ書きとして。


ということで、『メジャーリーグで覚えた僕の英語学習法』の長谷川式英語上達10か条および長谷川滋利が愛用した役立つ英語教材リンク集(リスト)を。以下のとおりです。


◆『メジャーリーグで覚えた僕の英語学習法』の長谷川式英語上達10か条
・1 覚えた単語をその日に使う

・2 しゃべれない人は格好をつけない

・3 とにかく恥を書いてみよう

・4 胸を張って話してみよう

・5 つまらない教材は捨てる勇気を持て

・6 聞き取りは最初が肝心

・7 ヒアリング・単語の勉強は「発音」の勉強だと思え

・8 助動詞ができれば怖くない

・9 完了形をマスターしよう

・10 自分の英語を「疑うこと」


◆『メジャーリーグで覚えた僕の英語学習法』の長谷川滋利が愛用した役立つ英語教材 一覧

『スーパーソニック実戦英単記憶術―たった10分で300語が覚えられる!』池田和弘著(1996)

『必ずものになる話すための英文法』

『アメリカ口語教本』

『イングリッシュ・ジャーナル』

『アクティブ・イングリッシュ』※2005/8に廃刊…。

※以下は巻末に記載はないのですが、本文中に出てくる英語教材として。
『ヒアリングマラソン』

・NHKラジオ『英会話』『ビジネス英語』

・[新聞]USA TODAY

・[新聞]オレンジ・カウンティ・レジスター

・[雑誌]Sports Illustrated(スポーツ専門誌)

・[雑誌]The Sporting News(スポーツ専門誌)

・[雑誌]Golf Digest(ゴルフ)

・[雑誌]Golf Magazine(ゴルフ)

・[雑誌]PC World(コンピュータ)

・[雑誌]Home Theater(オーディオ)

・[映画]フライド・グリーン・トマト

・[映画]ザ・ファーム 法律事務所

・[映画]フィールド・オブ・ドリームス

・[映画]ノッティングヒルの恋人

・[映画]エリン・ブロコビッチ

・[ドラマ]ER

・[ドラマ]アリー・myラブ


※本ブログの全ての記事はこちらで表示できます

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

英語 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2011/06/03(金) 00:01 ]

copyright © 2017 ほんからり  ~本からいろいろリンク~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。